FINANCE Stock

【暴落相場が本格化】 予想通りの展開も「RIZAPグループ」の下げが痛い!

投稿日:

 

 

本日の日本市場は、予想通りの暴落相場。

日経平均株価は、時間の経過とともに下げ幅を拡大する展開となり、改めて売り圧力の強さを実感しました。

 

これで、日経平均は28,000円となりましたので、下げどまりのポイントとなる27,000円が射程に入ってきました。

 

一方、マザーズの方は、下げ率は1.6%とやや小幅ながらも、950ポイント割れとなりましたので、こちらも、節目となる900ポイントが見えてきました。

しかし、こちらは、2018年の年末には、750ポイントまで暴落した前例がありますので、更なる下げも覚悟しておく必要があります。

 

いずれにしましても、今週は、手加減なしの容赦ない売りが予想されますので、覚悟だけはしっかりと持っていた方が良さそうです。

 

 

展開としましては、できれば、一気に下げてもらった方が良いように思います。

ダラダラと下げてしまいますと、下げ相場が長引く危険性もありますので、一思いに行ってもらえないかと思うのです。

 

この下げを乗り切ることが出来れば、次は、上げ相場が待っているはずです。

何とかこの難局を乗り切って、利益を得られるよう踏ん張りましょう。

 

 

 

さて、下げ相場を予想していつつも、ポートフォリオは組成していますので、私も少なからず損失を被っています。

大きいところの含み損銘柄は、あらかた処分しましたが、まだ残っているものもあります。

 

その中で、ここのところ下げがきついので、「RIZAP」です。

ズルズルと、ダラダラと下がり続けて、今では142円です。

 

200円オーバーで購入していますので、3割超も下落していることになります。

 

この銘柄は、どん底は抜けたと判断し、価格も200円ということで、これ以上下げても高が知れていると思い購入したのですが、考えが甘かったです。

 

損益通算で、処分するかどうか、悩みどころです。

 

 

今年は、なかなか、失敗も多い年となりました。

成功よりも失敗の方が多いと思いますので、まだまだダメですね。

 

しかし、失敗の方が多いということは、まだ改善の余地があるということでもありますので、来年は、儲けるチャンスも大きくなるかもしれません。

 

プラス思考で、出来るだけイージーに、暮らしていきたいと思います!

 

 


トレード日記ランキング

-FINANCE, Stock
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【日本市場も世界市場も全面高】 旅行関連銘柄は不調も、久々に買い増し実行!

    本日の日本市場は、予想通りの全面高。 世界市場を見渡しても、ほぼ上昇していますので、反発局面になっています。   そして、月曜日のNY市場は休場ですので、大きなトレンド転換はなさそうです。 明 …

【絶好調銘柄】 「エアトリ」3,000円奪還なるか?!

    本日のマーケットは、予想外の強い動きを見せましたね。 前日のNYダウが下げましたので、再び停滞する展開かと思っていましたが、朝から上昇するなど、久々に力強さを感じることができました。   なお …

株式投資は好きか嫌いかで判断!【すかいらーくの株主優待制度改悪にどう対処する?】

  投資先の動向は、常にチェックする必要がある。 時代の変化は激しく、企業のコアコンピタンスや運営方針は、むしろ変化していくことが正常なので、変化すること自体は歓迎すべきことだ。   しかし、当然にそ …

含み益が一瞬にして含み損に!【奢れる平家もなんとやら…】

  今日の下げは、非常に厳しい。 ここまで、NY市場の下げに連動せず、ずっと耐えてきたはずなのに、遂に崩れてしまった。   コロナの感染拡大の影響もあるとは思うが、やはり、大統領選が混沌としていること …

【マザーズ6%安と轟沈】 絶望の淵を彷徨いながら、セリングクライマックスを静かに待つ!

    大クラッシュが発生しました。 日経平均もそうですが、マザーズ指数は、なんと6%安。   壊れましたね。 これで、600ポイント割れも見えてきてしまいました。   グロース株は、壊滅的なダメージ …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー