FINANCE Stock

【マザーズ4日続落】 「AI Inside」ショックが足を引っ張るも総悲観ではない!

投稿日:

 

 

とうもろこし相場が高騰しています。

近いうちに盛り上がるとは思っていましたが、残念ながら、しばらく前に処分してしまいました。

 

売った時からしますと、倍近くになっており、まさに痛恨の極みであります。

損切りの必要性からしますと、あの時点では売りで正解であったとは思いますが、ここまで上昇してしまうと、やはり我慢も必要だと再認識もしているところです。

 

どちらが正解なのかという明確な答えはないと思いますので、迷わないためには、どちらかを徹底する方針が必要になってきます。

となりますと、この方針がまだ決めきれていないところに、弱点があると自戒しています。

 

日々、色々な課題が持ち上がり、悩ましいところです。

 

 

本日の相場動向

 

本日のマーケットは、日経平均は小幅に続伸したものの、マザーズは、4日続落となってしまいました。

下げ幅も、マイナス1.83%と、なかなか大きな下げとなっており、お財布に厳しい相場が続いています。

 

なぜに、ここまでマザーズは弱いのでしょうか。

昨日は、ナスダックも反発したので、今日は流石に上昇すると思っていたのですが、見事に期待が裏切られました。

 

 

では、その原因が何かと探ってみますと、一部の銘柄が足を引っ張っていることが分かります。

そして、その代表格が、AI Inside(4488)です。

 

AI Insideは、この3日間連続で、ほぼストップ安付近まで下げ、トータルでマイナス21,000円となり、半値以下になってしまっています。

今まで、市場を牽引してきた銘柄だけに、この大急落は、インパクトが大きくなります。

 

この影響による市場心理の冷え込みが、他の銘柄に波及しているものと思われます。

 

 

マイナス寄与度で言いますと、このAI Insideと、メルカリ、フリー、JIG-SAW、マネーフォワード、ウェルスナビの6銘柄で、21ポイントも下がってしまっています。

本日のマザーズ指数の下げは、マイナス21.68ポイントですので、この6銘柄の影響がいかに大きいかが分かります。

 

マザーズ全体で言いますと、値上がり数222銘柄、値下がり数131銘柄となっており、全体の6割強は上昇していますので、必ずしも、総悲観ではないということが分かります。

まあ、これも気休めにしかならないのかもしれませんが、来週の浮上の兆しを感じる次第です。

 

もうそろそろ、本当になんとかして欲しいですね。

死んだふり作戦も、そろそろ限界ですので…。

-FINANCE, Stock
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【日本製鋼所株上昇】 相場環境が劣悪な中、期待通りの動き!

    本日の日本市場は、全面安の展開。 上場銘柄の8割が下落するという、まさに全面安でしたので、なす術がありませんね。   特に、マザーズの下げが激しく、マザーズ指数は再び700ポイントを割り込む展 …

【週間投資戦績】 ポートフォリオ公開!

    今週のマーケットは、調整の1週間となりました。 先週、激上げしましたので、然るべき調整であったと思いますので、更なる上昇と通過点、儀式として前向きに捉えていくべきかと考えています。   具体的 …

【4月の投資考察】 エネルギー価格の高騰が最大の懸念材料!

    米国市場が、崩壊しかけています。 ダウもそうですが、特にナスダックの下げが激しくなっています。   昨日の下げは、Amazonの決算がダメダメだったことが主導していますが、もちろんこれだけでは …

【オミクロン株の行方】 「エアトリ」を始め旅行関連株が大打撃!

    本日は、年内最終売買日。 日経平均もマザーズも下げ、低調のうちに終了しました。   サラリーマン投資家の参戦で、少しは盛り上がるかと思ったのですが、売買高も乏しく、閑散とした相場となりました。 …

【市場暴落は想定内】 ここは慌てず捲土重来を期す!

    本日の日本市場は、予定通りの下落となりました。 場中では、日経平均・マザーズともにプラ転する奇怪な現象も発生しましたが、最後は完全に沈みました。   この場中でのプラ転は、完全にブラフでしたね …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー