FINANCE Stock

【エアトリ】上方修正後、株価下落をどう見るか!

投稿日:

 

 

本日のマーケットは、日経平均・マザーズともに、小休止となりました。

6月に入りましたので、この停滞した流れを一変して欲しいと思っていますが、昨日のNY市場が球場だったこともあり、グズついた展開となってしまいました。

 

マーケット全体が小幅な下落でありましたので、ポートフォリオも、大きな動きはないとタカを括っていましたが、こちらは予想に反して、30万円超の下落を食らってしまいました。

最近は、このような逆サプライズが多くて困ってしまいますが、やはり、新興株の勢いが冴えないことが要因となっており、この見極めが必要になっています。

 

 

ここのところは、以前より十分に認識をしておりますので、今週は、何らかの手立てを講じないといけないと考えておりました。

そこで取った戦略は、ナンピン買いをしてみようと言う事です。

 

本日も、エーアイ、サンアスタリスク、アイティメディアなどの買い増しを行いましたが、これが吉と出るか凶と出るか。

基本的には、ナンピン買いは、良策とは言えないと思いますが、ここはあえてそれを行い、これでもダメだったならば、潔く撤退しようということで、いわば最後の抵抗といったところです。

 

さて、どうなることか、討ち死にしないように頑張りたいと思います。

 

 

エアトリ株の行方

 

さて、ここのところ好調な推移をしているエアトリですが、今日は売りに押された展開となりました。

昨日、上方修正を発表したのですが、材料出尽くしといったところの反応だったかと思います。

 

この上方修正は、サプライズ感はなく、織込み済みであった事なのですが、利益がコンセンサスに届かなかったことも、嫌気されたのかもしれません。

しかしながら、この修正された利益で換算しますと、2Qの進捗率が77%となり、まだまだ上振れの余力があるように見えますので、またどこかのタイミングで修正されるものだと考えています。

 

 

そこで、今後、どのような株価の動きをしていくのかが気になるところになってきます。

ここで一旦揉み合うのか、更なる上昇があるのか。

 

揉み合うと見れば、利益確定売り、もしくはホールドとなりますし、上昇と見れば、思い切った買い増しという戦術となってきます。

今日の株価の動きを見る限りでが、方向感が定まっていないようでしたので、難しいところです。

 

ここで、判断を下してしまいますと、今後の動きに制約が課せられてしまいますので、明日以降、状況を見ながら、臨機応変に対処していきたいと思います。

-FINANCE, Stock
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【日本市場全面高】 VIX指数急上昇も、日本株強し?!

    本日の日本市場は、8割の銘柄が上昇するという全面高の展開。 SWIFTの影響で軟調な展開が予想されていましたが、日経平均はなんとかプラス引け、マザーズにいたっては、3%超の上昇となりました。 …

今週の投資成績は+2.7%!【逆境下エアトリが奮闘】

  本日は、今年初めてとなる雨模様。 元旦2日から始めている、朝のジョギングも中止となったが、3週間ほど続けており、若干疲労感があったので、良い休養日となったと思う。   やはり、雨降りの日は、室内の …

【ファーマフーズ3日続伸】 全体相場暴落も、久々に会心の一撃!

    本日の日本市場は、昨日の大暴騰から一転して、大暴落。 昨日と今日で、ここまで変わるのかと、思わず首を傾げたくなるような相場展開です。   ここのところは、上下動の激しい状況が続いていますので、 …

【日本株まさかの堅調】 円安のおかげで、崖っぷちに踏みとどまった!

    本日の日本市場は、小幅に下げる展開。 全くもって、予想外の展開となり驚きでいっぱいです。   先週末、米国市場が大幅安になったことから、本日はいよいよ相場崩壊となるのではないかと考えていました …

【注意 セルインメイ】 今週の投資戦略!

    ここ最近、昼食は、スムージーと決めこんでいます。 健康面を考慮してということが大きいですが、味もボリュームも満足感が高いので、これは長続きしそうな予感がしています。       愛用しているの …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー