FINANCE Stock

【主力3銘柄の決算発表】 「エアトリ」を中心に好決算、明日の株価はどうなるか!?

投稿日:

 

 

本日の日本市場は、大方の予想通り、大きく下落しました。

日経平均株価もそうですが、マザーズの下げが相変わらずきついです。

 

もう最近では、平気で4%以上、下げますからね。

4%って、日経平均で言うと1,000円以上の暴落ですから、その激しさのほどが分かると思います。

 

しかし、慣れとは恐ろしいもので、何度も同じ経験をしていると、不感症になってきます。

まさに、茹でガエル状態ですので、好ましい状態ではありませんが、劣悪な精神状態から身を守るには、やむを得ないところはあります。

 

 

さて、本日はポートフォリオも全面安ということで、仕方なしと割り切るしかありませんが、注目の決算発表がありましたので、そちらの方が個人的には関心度が高かったです。

 

まずは、「エアトリ」です。

こちらは、PCR検査事業が好調なことや、旅行事業も回復傾向にあり、22年9月期第1四半期(10-12月)の連結最終利益は、前年同期比66.0%増の7.1億円に拡大しました。

 

もうこの四半期で、通期の利益計画7億円を超えてしまうという、超絶な結果でありました。

上方修正は出されませんでしたが、これも時間の問題でしょう。

 

 

次に「エクサウィザーズ」です。

こちらは、22年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常損益が、3.5億円の赤字となったものの、通期計画は据え置き。

 

四半期での営業黒字化まではあと一歩でしたが、売上は倍増しており、概ね計画通りに進捗しているようです。

明日の株価がどうなるかは予断を許しませんが、中期的に見れば、全く問題ないと言えるでしょう。

 

 

最後は、「ダイレクトマーケティングミックス」です。

 

こちらは、21年12月期の連結最終利益は前期比32.7%増の32.1億円に拡大。

22年12月期も、前期比6.6%増の34.3億円に伸びを見込み、5期連続で過去最高益を更新する見込みです。

 

利益の伸びが鈍化しているのは気になるところですが、前期の伸びが大きかったことを考慮すると、こちらも順調に推移していることが分かります。

まずは、問題ないでしょう。

 

 

このように、主力3銘柄ともに、決算の内容は良いものでしたので、まずは安堵しているところです。

しかしながら、これが株価にそのまま反映されるかどうかは分かりませんので、気が抜けないところではありますが、大きく崩れることはないでしょう。

 

それもこれも、本日のNY市場がどうなるかの影響が大きくなるますので、こちらを注視していきたいと思います!

 

 


トレード日記ランキング

-FINANCE, Stock
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【損益通算完了】 泣いて、懸案の「RIZAPグループ」を斬る!

    本日は、2021年の株取引(権利)最終日。 相場動向は、全面高の展開となりました。   マザーズは、途中、弱い場面もありましたが、最後はプラスで引けてくれました。   結局、年末最後の大きな下 …

思いやりの心でコロナを撃退!【頑張ろう!観光業界】

  寒い日が続いているので、コロナ感染もなかなか減らないだろう。 ただでさえ風邪を引きやすい季節なので、病院は患者で溢れかえるし、体調の悪い人もコロナを疑わねばならず不安感は増すばかりだろう。   不 …

【悲報】 日経平均は爆上げも、マザーズは蚊帳の外

    本日のマーケットは、日経平均が600円の大幅高となったことは良しとしても、個人的に肝心なマザーズ市場はまさかの反落となってしまい、がっくりと肩を落としています。 日経平均がここまで強いと、大型 …

投資家からトレーダーへ! 【投資スタイルを変更し、短期的に利益を積み上げる】

      明日から3月相場が始まる。 3月期決算の企業が多いので、配当や優待狙いの買いが入ることが予想される。   例年だと、3月は環境的には良好なのだが、今年は、上昇相場のトレンド転換があるかが、 …

【脱炭素政策の撤廃】 待望、共和党政権の誕生!

    本日の日本市場は、久々の反発。 世界市場においては、欧州を含め下落しているところが多いようです。   日本市場は、上昇したとはいえ、テクニカル的な反発に過ぎないのでしょう。 米国の金融政策が引 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー