FINANCE Stock

アルケゴスショックは、リーマンショック級に発展するのか?

投稿日:

 

 

本日のマーケットは、前日のNY市場の長期金利上昇に伴う下落の影響を受け、日経平均株価は終始弱含み、終値は253円の下落となった。

スエズ運河の大渋滞は解消されたようだが、まだ様々なリスク要因があり、予断を許さない展開が今後も続きそうだ。

 

大きなところで言うと、半導体不足による自動車を中心とした生産減は、日本経済にとっては重しとなりそうだ。

ルネサス一社の問題が、ここまで大きな影響をもたらしてしまうのかと不安になるが、こういったリスクは、おそらく他の様々なところに潜んでいるのだろう。

 

リスクテイクをするということは、余分なコストを負担するということにもなるので、ギリギリのところで企業経営している大多数の企業としては、そんなことをしている余裕はない。

うまくいっている平時であれば全く問題ないのだが、いざこのように事態に陥ると、脆さを露呈することになる。

 

一刻も早いリカバリーを期待したいところだ。

 

 

あと他に気になるところといえば、やはり、「アルケゴスショック」だろうか。

野村証券やクレディスイスが巨額損失を被っているようで、この問題が、一過性のものなのか、他にも波及していくものなのかの見極めが難しいところだ。

 

いかにレバレッジをかけていようと、何千億もの損失を出すことがあり得るのか、少々理解をしかねるところがあるので、この問題がどこまで深いのかの判断がつかない。

ヘタをすると、リーマンショックのようなことにもなりかねず、心配している。

 

 

 

 

本日の保有株の動向

 

今日は、日経平均は下げとなったものの、マザーズは2%弱の上昇となり、個人的にはホクホクの展開となった。

新興株は、出遅れ感が大きくあるので、ここから挽回していってもらいたいものだ。

 

そんでもって、保有株全体では、60万円強のプラスとなった。

今週は、3月最終週となるので、月間成績をこのままプラスで終えたいと思う。

 

あとは、どこで一旦利確をするのか、どこを買い増しするのかの戦略が必要だ。

いつも、売り時を逸し、みすみす含み益を消失させてしまうので、今回は同じヘマは繰り返せない。

 

さあ、いつ実行しようか…。

 

-FINANCE, Stock
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【予想外の反発】 今は逃げ場なのか、買い場なのか?

    本日の日本市場は、前日のNY市場の下落を受け、再び大きく崩れてしまうのではないかと危惧していましたが、なんとかかんとか持ち堪えてくれました。 ダウ先物が持ち直したことが安心感となったのかもしれ …

『チェンジ』ショックよりも恐ろしい中国リスク!

  本日は、日経平均株価は、300円を超える上昇となったが、マザーズ指数は△1.62%と撃沈してしまった。 何が起こったのか…、ここのところの上昇分の調整ではあるが、チェンジのS安は気になることろだ。 …

【日経平均寄与度】 ユニクロ弾炸裂したが、個人的興味はゼロ!

    本日の日本市場は、日経平均上げの、マザーズ下げの展開。 良いの悪いのか、わかりにくい相場になりました。   良くわからないのも当然です。 なぜならば、特定銘柄が上がっただけだからです。   そ …

【エアトリ爆上げ】 早くも買い戻しが入り、ここから上昇モードに突入か!

    本日の日本市場は、まずまず堅調な展開。 日経平均株価は、ほんの僅かに下落しましたが、マザーズ指数は大きく上昇し750ポイントを回復しました。   絶対値としましては、まだまだ低いポジションでは …

住宅ローン控除の期間延長に騙されるな!【控除額減額で実質増税が目的?】

  本日の株式市場は、日経平均株価は下落したものの、マザーズはやっと反発。 終値は、2.5%の上昇となり、やっと一息といなった状況となった。   ここのところの下げは、原因がさっぱり分からないのだが、 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー