FINANCE Stock

セレスの上昇が止まらない! 【売った後の急上昇は止めて欲しい…】

投稿日:

 

 

東日本大震災から、早や10年。

あっという間の、10年だった。

 

当時、私は、住宅会社の社長をしており、あの日は、ちょうど住宅展示場にある自社のモデルハウスの中にいた。

幸い、最新の耐震工法の住宅であったため、大きな被害は受けなかったが、その後のニュース映像を見て愕然としたのを今でも鮮明に覚えている。

 

10年一昔と言われるが、この記憶ばかりは、一昔では片付けられない。

まだ、復興途中だと思うので、何らかの貢献をしていければと思っている。

 

 

日本市場は落ち着いたか

 

さて、マーケットに目を転じると、本日は、昨日のNYダウの上昇もあり、堅調に推移した。

なんとなく、そろそろ落ち着きを取り戻してきたのではないかと、感じている。

 

問題の発端となった、米国の長期金利も、下落基調となってきているので、これも後押し材料となる。

 

いずれにしても、今回の調整は、急上昇の後だったこともあり、もともと必要であったものなので、来るべくしてきたものだ。

それが、長期金利の上昇がトリガーとなっただけなので、大きな問題ではない。

 

 

が、しかし、大きな問題ではないとはいえ、新興市場は、まだ心配な面がある。

ナスダックが急落しているように、マザーズも大きく落ち込んでしまったので、ここに資金がまた戻ってくるのだろうか。

 

アフターコロナと相まって、地合いがよろしくないので、どうなることやらだ…。

 

「洗える快適マスク」大手量販店でも大好評!20万個突破!

 

 

セレスの上昇が止まらない

 

株をやっていて後悔することの一つが、売った後に、その株が上がることだろう。

まあ、これは致し方ないことなので、気を揉んでも仕方ないのだが、そこは人間なので、悔やんでしまう。

 

それも、少しばかり上昇するのであれば、受け流せるのだが、大幅に上がってしまうと、後悔を引きずってしまう。

 

今、その後悔に苛まれているのが、セレス(3696)だ。

 

この株は、つい1ヶ月前までは持っていたのだが、保有株が多くなってしまったこともあり、ポートフォリオの整理のために処分してしまった。

その時の価格が、2,580円。

 

その時までは、2,500円前後を揉み合った状態だったのが、売った後から動意づいて、あれよあれよという間に上昇し、今では4,500円に到達してしまった。

なんと、1ヶ月足らずで、8割上昇だ。

 

これは流石に悔やまれるでしょ。

 

しかも、売った理由は、単なる持株調整だし。

 

あ〜、早く下がってくれないかな。

こんなことを言っている間は、上達しないのだろうなと思いつつ…。

 

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

-FINANCE, Stock
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【株価暴落】 気分は「Tomorrow never knows」

    『止まることを知らない暴落の中で、いくつもの移り行く株価を眺めていた。  幼すぎて消えた帰らぬ高値の面影を、暴騰する海運株に重ねたりして…。』   今日の株価を見ていたら、自然と「Tomorr …

【今週の投資戦略】 下値不安が小さく、割安度の大きい「ファーマフーズ」で勝負!

    今週の日本市場は、軟調な展開となるでしょうか。 イカれたプーチンを抑えることができない以上、混沌とした情勢が続いてしまう可能性が高いです。   それでも、ロシアへの経済制裁は、急速に効いてくる …

【1月の投資戦略】 勝負どころで「ゴン攻め」するぞ!

    正月三が日も、既に二日目。 時の過ぎるのは早いものです。   新年2日目に、このような事を言ってはどうかとも思いますが、年を重ねると共に、時が過ぎるのは加速度的に早くなるものです。 ましてや、 …

2021年の大発会は底堅い展開となるか?!

    関東エリアの知事が、政府に緊急事態宣言の発令を要請しているが、どうなるだろうか。 この宣言が発令したところで、何が変わるのかという気がしないでもないが、国民の意識は今よりは若干引き締まることは …

【株初心者必見】 暴落相場を乗り切る方法!

    昨夜のNYダウは、反発したようですね。 ナスダックも上昇し、日経平均先物も200円以上の上昇となっています。   通常であれば、このような株価の上下に一喜一憂しないのですが、今のような非常時に …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー