FINANCE Stock

私達は「買値へのこだわり」を克服することはできるのだろうか?【株式投資・成功への秘訣】

投稿日:

 

昨日は、NYダウ、NASDAQともに上昇した。

特に、NASDAQは、111ポイントの上昇となり、再びハイテク・ネット関連企業に関心が移ってきているようだ。

 

この影響で、日経平均先物も上昇し、27,000円に迫る勢いとなってきている。

果たして、この勢いのまま、年末相場へと突入していくのだろうか。

 

年末といえば、税金還付の売りが出やすくなる。

損が出ている持株を売却し、利益を出した分の税金を還付する動きだ。

 

私も、毎年この動きをしているのだが、今年は少し早めに対応し出している。

 

これにより売却したのが、日本エマージェンシーアシスタント(6063)。

この株は大失敗した銘柄で、2000円以上の時に集めたのだが、そこから暴落し、今では900円台。

 

コロナの影響をまともに受ける業界であり、足元も厳しいのだが、実はコロナ以前から株価は軟調となっていた。

途中、1,500円前後まで何度か上昇したので、売却するチャンスはあったのだが、結局、ここまで持ち続けてしまった。

 

なぜ、傷が浅いうちに売却することが出来なかったのか。

その要因を探ってみると、それはやはり、「買値へのこだわり」が強いことだろう。

 

相場を客観的にみると、個人が買った買値などなんら関係がなく、あるのはただ「現在の価格」であり、それ以上でも以下でもなく、それがすべてだ。

よって、この現在の価格が、高いと思のか、安いと思うのかで判断しなければならないのだが、残念ながら、凡人は、なかなかこの思考法がとれない。

 

どうしても、損得勘定が先にきて、買値からみて、儲かっているのか、損をしているかの判断基準になってしまい、結果、客観的で正確な判断ができず、適切な売買タイミングを逃してしまうのだ。

今まで、何度もこの過ちを犯しているのだが、なかなか改められないでいる。

 

 

このように、過ちを繰り返す愚かな凡人なのであるが、そうした過ちを反省する意味もあり、この年末は、税金還付という錦の御旗のもと、処分売りを強行している。

 

これを行うことにより、新年を新たな気持ちで、また整理された新たなポートフォリオで挑むことができるようになる。

 

まだ他にも、対処しなければならない銘柄があるので、鋭意取り組んでいきたい。

 

-FINANCE, Stock
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

銘柄研究『オプティム』【〇〇×ITのリーディングカンパニー】

  投資銘柄を選ぶ基準には、いろいろなアプローチがある。 割安株、成長株、高配当株、株主優待株…。 テクニカル面でも、順張り、逆張り、ゴールデンクロスなど様々だ。   基本的には、自分に適した(好きな …

【日本市場全面高】 VIX指数急上昇も、日本株強し?!

    本日の日本市場は、8割の銘柄が上昇するという全面高の展開。 SWIFTの影響で軟調な展開が予想されていましたが、日経平均はなんとかプラス引け、マザーズにいたっては、3%超の上昇となりました。 …

【後悔=不幸せ】 自作シナリオで先手を打って相場を負かす!

    昨夜のNY市場も、好調を持続しているようですので、今週も相場お疲れ様でしたというところでしょうか。 8月以降、上下動の激しい相場が続いていますので、息つく暇がないほど、慌ただしい毎日でした。 …

「交換できるくん」が8連騰で高値更新!

    本日のマーケットは、暴落となってしまいました。 日経平均株価は、584円安と大安売りの展開に。   新型コロナウイルスの感染が、大阪を中心に拡大しており、再び非常事態宣言が発令されるとの見通し …

GDP 27.8%減も株価に影響なし【安くなったところをコツコツと拾う】

  GDPが、戦後最大の下げとなったようだ。 2020年4~6月期のGDP速報値は、1~3月期から年率換算で27.8%減少し、リーマンショック後の09年1~3月期の年率17.8%減を超える戦後最大の落 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー