LIFE

脱サラまでのカウントダウン!【2022年3月31日まで残り481日】

投稿日:

 

 

NYダウが、終値で30,000ドルを突破した。

ワクチン接種がいよいよ開始されるとのことで、期待感が継続している模様。

 

大統領選の行方は、いぜんとして混沌といているが、バイデン氏も着々と組閣を進めており、こちらも大勢は決してきたような感じだろうか。

 

あとは、ワクチン後の材料が何かあるかということになる。

ワクチン期待はいつまでも続くわけではないので、新たな材料がないと、さすがにこの好調相場も維持できない。

 

仮に、ワクチン接種の結果が失敗に終わった場合は、期待感が剥がれ落ち、暴落するリスクが高い。

また、成功した場合でも、これは織り込み済みであり、上昇余地は限られており、むしろ利益確定売りで下落する可能性の方が高いかもしれない。

 

となると、いずれにしても、この先は厳しい相場展開が予想されるので、注意が必要となるだろう。

 

 

コロナ禍で人生を考える

 

大阪は、非常事態宣言の一歩手前のところまで追いつめられており、このまま増加が続くようなことがあれば、年末年始はステイホームになるのかもしれない。

帰省できていない人が多くいると思うので、ストレスが溜まる状況が続いてしまい、精神面のケアが必要となる。

 

高齢者の重症化が多いとなると、いかに症状がなく健康と思っていても、帰省は躊躇われる。

周囲の目というのも、気にせざるを得ず、身動きがとれない。

 

 

ところで、この高齢者の定義は65歳以上とされることが多いが、冷静に考えてみると、あと17年で、自分も高齢者になるということを、さきほど確認した…。

おそらく、10数年などあっという間だろう。

 

しみじみと考えていると、漠然とした不安がたちこめてくる。

自由な生き方を求めているが、いつまで我慢していればよいのか。

 

我慢している間に、すぐに高齢者になってしまう。

 

いつかは、なんて漠然と考えていては、自由な人生なんて、この先ずっとつかみ取ることはできないだろう。

ここは、具体的に、目標設定しないといけない。

 

 

今、48歳。

もう48歳なのか、まだ48歳なのか…。

 

普通であれば、「まだ」ととらえて、まだ48歳だから、これから何でもできるとポジティブに行こうとなるのだが、今回の場合は、「もう」と考えねばなるまい。

もう48歳だから、早く行動に移さなければ後がないと。

 

 

ここは、決断するしかない。

2022年3月までに、自由人になる。

 

期限を決めたので、この日までに、新たな生活基盤を築かねばならない。

 

カウントダウンは始まった。

記念すべき日まで、あと481日

 

 

-LIFE
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

真のコロナ問題解決のためには、徹底したロックダウンと特別定額給付金の支給しかない!

    寒波襲来で、寒い日が続く。 日本全国が記録的な大雪に見舞われ、様々な交通障害が発生している。   大雪や寒波は、命の危険もある大変な事象であり注意が必要なのだが、このコロナ禍においては、外出自 …

【COP26開幕】 脱炭素で日本は貧困国に陥落

    本日の日本市場は、日経平均安の、マザーズ高となりました。 昨日、暴騰しましたので、本日の調整は想定内と言えるでしょう。   個人的には、マザーズが上昇してくれましたので、ポートフォリオは60万 …

脱炭素化を妄信するのは危険! 【CO2は本当に悪者なのか?】

    脱炭素化への動きが加速化しようとしている。 経団連の中西宏明会長は、「カーボンニュートラルは最優先」と強調しており、日本の経済界は、この脱炭素化に一斉に舵を切りそうで、空恐ろしく感じる。   …

【涙】バドミントン、フクヒロペア敗退

    バドミントン、女子ダブルス準決勝で、フクヒロペアが負けてしまいました。 喪失感が半端ないです。   このオリンピックで、最も応援していた選手でしたので、残念でなりません。 それでも、広田選手は …

前途多難な菅内閣の船出!【このメンツで国際社会で渡り合えるのか】

  菅新内閣の閣僚人事が発表されているが、目新しさもなくがっかりしている。 改革意欲のある人、国民のために働ける人を基準に選ぶと言っていたが、果たしてそんな人事になっているのだろうか。   注目されて …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー