FINANCE Stock

コロナウイルスと株式相場の関連性【第2波リスクを考える】

投稿日:

 

 

本日の株式市場は、予想外の暴落となった。

日経平均株価は、前日比774円安となる21,530円の安値引け。

売りが売りを呼び、最後は投げ売り状態に。

 

確かに、先週末のダウの戻しが、思いのほか弱かったので、危うさはあったのだが、前場があまり崩れなかったので、意表を突かれた状態になった。

一部のメディアで、利益確定売りに押されたとの見出しがあったが、そんなことはないだろう。

売り方の仕掛けが功を奏し、狼狽売りとなり、一瞬のことで買い方も手がだせなかったのかと思われる。

いずれにしても、暴落したことが現実であるため、しっかりとこれを受け止め、対策を講じていく必要がある。

 

コロナ第2波を警戒

 

最も警戒すべきは、コロナウイルスの第2波であろう。

アメリカは、経済優先に舵を切ったはいいものの、感染者数が減っているわけではない。

先週末も、フロリダ州で過去最高の感染者数を記録するなど、第2波どころか、第1波が未だ継続中の状態だ。

 

そこへきてのデモだ。

平和的なものから、暴動にいたるものまで、今までの自粛が何だったのかといわんばかりの、超密状態になっている。

これは、誰がどう見ても、今後、感染爆発が起こるだろう。

トランプ大統領は、どういった対策を打ち、これを鎮めることができるか、とても難しい局面に立たされているといえよう。

 

日本への影響は

 

日本でも、人種差別に抗議するデモが、拡がりだしている。

先週末は、東京や大阪で、数千人規模のデモとなっている。

 

何か、政治的な意図を持つ過激派に扇動されている感もあるが、これも、コロナの観点からはリスクでしかない。

日本国民みなで、あれだけ頑張って自粛したのに、何だったの?ということになりかねないので、これ以上拡大しないことを祈りたい。

 

本日の、東京の新型コロナウイルス新規感染は48人で、2日連続で40人超えとなった。

しかし、この程度の感染者数では、国や都も対策は変えないだろう。

既に、経済復興モードに転換しており、小池都知事も「これまでは自粛ばかりお願いしてきたが、これからは自らを守る自衛の時代。自粛から自衛への局面ではないか」と話している。

要するに、コロナは、自己責任となったのだ。

言い換えれば、危険性は低いとされたのだ。

 

 

結局第2波とは…

 

アメリカは、引き続き感染爆発の危険性はあるものの、まだ第2波とは言えず、第1波の継続だ。

日本は、ほぼ収束しており、危険性はないと判断している。

では、どこで第2波が起ころうとしているのか?

 

まだ、何とも分からないが、中国でまた感染が拡大しつつあるようだ。

北京で、週末に100人近い感染が確認されたのだ。

孫春蘭副首相が、14日の国務院会合で「感染拡大のリスクは非常に高く、さらなる感染の広がりを阻止するためには断固たる決定的な措置が必要だ」と訴えているように、中国は今試練に直面している。

 

そして、最大の懸念は、このウイルスが、今までより強力な新型かどうかということだ。

もし、不幸にも、変異した強毒性の新型であるとしたら…。

これが、第2波が脅威といわれる所以だ。

今後は、正確な情報公開を願いたい。

-FINANCE, Stock
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【世界同時株高】 沈没中の香港ハンセン市場も爆上げで、アゲアゲ相場に突入か!

    本日の日本市場は、久々に全面高の展開。 マザーズも上がってくれましたので、やれやれと言ったところです。   また、この株高は、日本だけのものでなく、世界市場が上昇する展開になっています。 中国 …

【日本市場爆上げ】 エアトリなど旅行関連株が復調傾向も、コロナ陽性者激増の影響や如何に?

    本日の日本市場は、久々の爆上げモード。 こういう日もあっていいですね。   世界市場については、アジア市場はアゲアゲでしたが、欧州市場が下落気味です。 最後の砦の米国市場がどうなるか、やはり肝 …

マザーズ銘柄は試練の時! 【今は黙って動かざること山の如し】

    本日は、ひな祭りということで、家族で手巻き寿司を食した。 皆、食欲旺盛で、ネタの奪い合いとなり、あっという間にネタが尽きてしまった。   このように、食費がかかる一方になってきているが、食べた …

【プーチン暴挙に為す術なし】 金銭欲 VS 倫理観!

  遂に、プーチンが一線を超えました。 全面戦争という暴挙、ここにどんな合理性があるのか。   もう、やけっぱちなのでしょうか。   ウクライナ東部の2州だけにとどめておけば良いものを、ここまでやると …

【日本株に見直し買い?】 「資産所得倍増プラン」なんて、信じている人いるのかな?

  本日の日本市場は、日経平均は小幅高だったものの、マザーズは、3%弱も上昇。 マザーズは、やっとこさ、700ポイント目前のところまできました。   世界市場を見てみますと、今日はどこも下落しています …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー