FINANCE Stock THOUGHT

【悲報】 日経平均は爆上げも、マザーズは蚊帳の外

投稿日:

 

 

本日のマーケットは、日経平均が600円の大幅高となったことは良しとしても、個人的に肝心なマザーズ市場はまさかの反落となってしまい、がっくりと肩を落としています。

日経平均がここまで強いと、大型株に資金が流れるのは仕方がないにしても、下落することはないでしょうに。

 

この地合いの悪さもあり、ポートフォリオは、6勝9敗と負け越してしまいました。

たまたま、主力も「エアトリ」と「グッドパッチ」が上昇してくれたおかげで、全体では微増に終わったため、これも良しとすべきなのかもしれませんが、スッキリしない週末を迎えそうで、残念です。

 

 

それにしても、「サンアスタリスク」や、「エーアイ」、「オプティム」といった主力のデジタル銘柄が、なかなか回復してきません。

いずれも、一時は、200万円を超える含み益があった銘柄だったことを思うと、悔恨しかありません。

 

「含み益は利益にあらず」、という格言を、身をもって体験していることになりますが、初めての経験であるならまだしも、もう何度も経験していることですので、学習が出来ていないということでしょう。

これらの要因は、全て「欲」が邪魔をしているわけで、上昇してくると、まだまだ上がると欲が出てしまうのです。

 

 

人間の性とも言える欲が絡むとなると、なかなか改善するのは難しいということになりますので、タチが悪いですよね。

そして、たまにこの格言を守り、利確を断行すると、その後にさらに急騰するということも往々にしてありますので、これがまた事をややこしくしているわけです。

 

ここを、どう割り切って方針を出していけるかが、専業投資家になれるかどうかの境目なのかもしれません。

何とかせんと、いけませんね。

 

 

ワクチンを12歳以上に接種?

 

ところで、ワクチン接種を12歳以上に対象拡大するとの事ですが、完全にイカれてますね。

治験期間が短く、安全性の担保がないワクチンを、未来ある子供達に接種させるなど、言語道断といえます。

 

このコロナが、命の危険を脅かす程のものであるならば、やむを得ないとは思いますが、20歳未満の死亡者はゼロなんですよ。

死亡する危険がないにも関わらず、将来的に副反応のリスクのあるワクチンを接種する道理はありません。

 

 

いやあ、恐ろしい時代になってしまったものです。

テレビばかり見ていると、ワクチンを接種することは当たり前だと刷り込まれてしまいますが、これは、相当危険な事だと思います。

 

是非とも、自分でしっかりと調べ、考えた上で、判断してもらいたいと思います。

私は、自分の子供には、絶対に接種させません。

 

親ですので、子供を守らなければなりません。

将来に禍根を残さないためにも、毅然とした態度で臨みたいと思います。

-FINANCE, Stock, THOUGHT
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【岸田禍の悲劇】 「岸り人」が続出し、日本は焦土と化す!

    先週、下げに下げた日本市場、今週はどうなるでしょうか。 日経平均株価は26,000〜27,000円、マザーズは680〜780ポイントあたりの、ボックス相場となるかなと考えています。   問題は …

【日本市場暴落】 だが明日はきっと上がるはず!

    本日の日本市場は、大方の予想通り暴落し、日経平均株価の終値は、ほぼ安値引けの660円安となりました。 しかしながら、昨日のNYダウが、一時1,000ドル近く下げたことを考えますと、この程度で収 …

【ゲームチェンジャー現る】 これで日常生活を取り戻せる!

    紅葉の秋、お出かけ日和、秋の味覚など、この季節は1年を通して最も気候が良く、まさに楽しみの多い季節なのですが、依然としてコロナ禍により行動が制約されており、身動きが取れません。   感染者が劇 …

真のコロナ問題解決のためには、徹底したロックダウンと特別定額給付金の支給しかない!

    寒波襲来で、寒い日が続く。 日本全国が記録的な大雪に見舞われ、様々な交通障害が発生している。   大雪や寒波は、命の危険もある大変な事象であり注意が必要なのだが、このコロナ禍においては、外出自 …

【マザーズ一人勝ち】 エアトリも8連敗を逃れ、ポートフォリオは大きく上昇!

    本日の日本市場は、マザーズ以外は全面安の展開。 今朝方は、日経平均先物が上昇していたこともあり、アゲアゲ相場になるのかとも思いましたが、そうは簡単にはいきませんでしたね。   まあ、配当落ち日 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー