LIFE TRAVEL

コロナ禍での家庭円満の秘訣【答えは、飲むしかない?】

投稿日:

制限されていた出入国が、ビジネス目的に限定して緩められるらしい。

出入国時のPCR検査が条件になるとのことだが、まずベトナム、タイを対象に7月にも実施されるようだ。

 

やっとこさの第一歩になるのだが、海外旅行に行けるのはいつになることやら。

秋には、第2波も警戒されるところなので、年内は難しいだろうか。

 

 

今年は、8月のお盆の時期に、ダナン旅行を計画していた。

ダナンには、一昨年も昨年も計画していたのだが、結局行くことができず、今年は3度目の正直で、フラマリゾートのプール付きヴィラが取れ、楽しみにしていたのだが残念だ。

とことん、縁がないのだろうか。

 

ベトナムは、コロナウイルスを完全に封じ込め、死者ゼロの奇跡の国だ。

よって、安全この上ないのだが、受け入れは簡単ではないだろう。

 

こうなると、何を機に全面解禁になるのかということだ。

はいっ、もう大丈夫ですよ、と誰かがアナウンスしないと、永遠に続くことになってしまう。

 

Go To Travel キャンペーン

 

日本では、今日19日から、県境またぐ移動制限が解除となった。

これで、他県ナンバー狩りもなくなるだろうか。

それはさておき、もう移動しても大丈夫だと、国が言っているので、これがきっかけになるのだろうか。

 

いやでも、そんな簡単にはいかないだろう。

心理的にもまだ恐怖心があるし、まだ不謹慎だという世間の目もある。

現に、「Go To Travel キャンペーン」は、まだ調整中となったままだ。

 

そもそも、Go To Travel キャンペーンとは何かというと、旅行会社や旅行予約サイト等を通じてキャンペーン期間内に旅行予約をした場合に、その代金の2分の1に相当する金額が支援されるというものだ。

支援額の上限は、1泊1人あたり最大2万円分で、日帰りは最大1万円分が予定されている。

そして、支援額の7割は旅行代金の割引、残りの3割は旅行先での飲食や観光施設、地域産のお土産を購入する場合に使える「地域共通クーポン」として付与されるらしい。

 

また、このキャンペーンの対象となるのは、旅行代理店や旅行予約サイト等を通じて予約するパッケージツアー(日帰り含む)であり、宿泊と交通機関がセットなのが条件となる。

交通機関・宿泊を個別手配する場合は、宿泊料金のみ対象となり、交通機関は割引の対象にはならない。

つまり、交通、宿泊、飲食店等、あらゆる観光産業に配慮されたキャンペーンなのだ。


また、このキャンペーンの利用回数に制限がないのは、ありがたい。

かなりお得なキャンペーンなので、爆発的に利用されるのではないかと思う。

 

自粛派はいつまで自粛するのか

 

個人的には、もうそうそろ、オープンにしていっても良いのではないかと思うが、こればかりは価値観の問題。

嫌な人は嫌だし、これをどうすることもできない。

この価値観の違いが、家族内にあると、これがなかなか厄介になる。

 

もう外に出たいと思っても、出られない。

これは、相当なストレスになる。

それを振り切って、外に行こうものなら、完全にばい菌扱いされ、家庭崩壊しかねない。

 

よって、これからの日常は、コロナの感染リスクよりも、家庭内の価値観の違いリスクの方が大きくなるだろう。

先の見えない、血みどろの戦いにならないよう、気を付けないといけない。

 

だが、せめて、いつまで?という目安くらいは、持ちたいのだが。

残念ながら、こればかりは、お上がいくら大丈夫と言ったところで効き目がないようで…。

 

こうなると、長期戦の体力勝負。

もう、飲まなきゃやってられねえや。

というわけで、飲みましょう。

家飲みだけど…🍺🍺

-LIFE, TRAVEL
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

Go to トラベルキャンペーンは実は安全?

  Go to トラベルの利用者が、少なくとも延べ200万人に上ったようだ。 これを多いとみるか、少ないとみるか。   全然少なく失敗だとする意見もあるようだが、東京都が除外される中、まずまず多くの人 …

FIREを達成し、ラグビーW杯フランス大会を見に行こう!

    ラグビーのトップリーグが終了しました。 決勝は、サントリー vs パナソニック、パナソニックが接戦を制し、見事優勝しました。   福岡選手の引退試合ということでも注目を集めていましたが、私は、 …

【人生100年時代の人生設計】 一度生を得て何を成し得たいか!

    FIRE後の暮らしを思い描く時、冒頭の写真にあるような生活ができれば良いなと思いました。 海が見えるところに住み、相場と向き合いながら暮らすというのは、何と素晴らしいものかと。   平日は、海 …

コロナ禍での企業の社会的責任とは【結論:選択肢はテレワークの一択】

  東京で、再びコロナ感染者が増加しだした。 この期に及んで、少しばかりの増加に一喜一憂してもしょうがないと思うが、世間が騒ぎ出すと、経済にも影響が出る。   今は出来ること、すなわちマスク着用と、ソ …

【怒り心頭】ここが変だよ、コロナ対策

    どこのメディアも、新型コロナ関連のニュースで盛り上がっています。 メディアにとっては、コロナのような非常時が続けば、視聴率が取れるので、大歓迎なのでしょうね。   なんなら、収束することなく、 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー