FINANCE Stock

専業投資家への道! 【2月の投資成績は80万円のプラス⤴️】

投稿日:

 

 

昨日の大暴落から一夜明け、やや冷静さを取り戻しつつある。

注目のNY市場は、ナスダックは反転したものの、ダウは469ドル安と安値基調が継続した。

 

問題となっている米国の長期金利は、一旦は下げに転じたので、更なる大暴落にはならなかったようだが、未だ油断できない状況にある。

 

昨日の日本市場では、日銀が久々に動いたようで、500億円の買い入れを行なったが、流石に焼け石に水の状態だった。

ここまでは、各国の中央銀行が、市場を牽引してきたのだが、今後も主導していけるのだろうか。

 

金融相場から業績相場に移行する端境期である今、トレンドは大きく変わっていくことになるだろう。

3月相場を迎えるにあたり、戦略を練り直していきたいと思う。

 

 

 

 

今週の投資戦績

 

今週は、昨日暴落に見舞われてしまったため、利益が吹っ飛んでしまい、マイナスで終わった。

ただ、マイナス幅は40万円と、比較的軽微となり、まだ巻き返し可能な範囲で良かったと思う。

 

昨日、大量に持株を処分したので、現金比率が60%に増加した。

残した銘柄の中では、エアトリ、グッドパッチ、KaizenPlatformなどは、あの悪環境の中、上昇してくれているので、ありがたい限りだ。

 

上昇したとなると、持分を減らさなくても良かったのではと、結果だけ見るとそう思ってしまうのだが、やはり、昨日の決断は、としたい。

危機管理の上では、あの時点では、キャッシュを増やすのが定石だ。

 

思考停止して、傍観者にならなかったことは、成長分と自画自賛したい。

 

 

 

 

今月の投資戦績

 

今月トータルでは、前半プラスの後半マイナスで、差し引き80万円のプラスとなった。

プラスになったことは良しとしたいが、月間目標である200万円の利益には、遠く及ばず、これで2ヶ月連続の目標未達となってしまった。

 

目標未達の要因としては、含み益は得られているものの、確実にものにできていない点にある。

「欲」にまみれて、まだまだ上がると思い妄想し、利益確定出来ないのだ。

 

このあたりを、徹底して対処していきたい。

 

その為には、保有銘柄数を絞ることが必要になる。

保有数が多いと、ついつい管理が甘くなり、対処が雑になってしまう。

 

現在の保有数は7銘柄だが、これでもまだ多いように感じるので、5銘柄くらいに絞りたい。

集中投資して、徹底管理し、利益を積み上げて行きたいと思う!

 

 

-FINANCE, Stock
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【日本市場は下げ放題】 エクサウィザーズは500円割れで、遂にワンコイン銘柄に成り下がる!

    本日の日本市場は、全面安の展開。 今週は、これで3連敗。   いつになったら下げ止まるのでしょうか。   世界市場は、ASEAN市場も全面安。 ロシアと中国は上昇するという、また奇妙な展開とな …

株投資は、理屈では推し量れない一面を持っている!

  トランプ大統領が、筋書き通りに退院し、コロナウイルスに打ち勝った姿を全面的にアピールした。 入院中は、臨床試験中の抗体カクテル療法をはじめ、抗ウイルス薬のレムデジブルやステロイド系抗炎症薬のデキサ …

【IPOラッシュ】 「エクサウィザーズ」のIPO当選しますように!

    本日の日本市場は、日経平均上げの、マザーズ下げの展開。 日経平均も、200円高となったものの、ジリ下げでのプラス引けでしたので、力強さは欠けていた模様です。   つまりは、NY市場の上昇に釣ら …

【投資人生、山あり谷あり】 ちっちゃいことは気にするな、それワカチコワカチコ!

    本日の日本市場は、全面高の展開。 世界市場も、昨日から一変して全面高の展開になっています。   米国市場に、かき乱されている感じになっていますが、世界は、米国中心に回っていますので、致し方のな …

【マザーズ850P割れ】 政府のオミクロン株対策次第で、750Pまでの下落を覚悟!

    ゆったりとした気持ちでお茶を飲み、ホッと一息つけたと思ったのに…。 本日も、日本市場は暴落が続いています。   とりわけ、グロース株売りが加速化しており、マザーズ指数は、ついに850ポイント割 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー