FINANCE Stock THOUGHT

【核融合発電】 日本のエネルギー政策の転換点!

投稿日:

 

 

INPEXが、核融合発電分野に参入するようです。

国内外の新興数社と資本提携するとのことで、日本のエネルギー政策が転換点を迎えるのではないかと思っています。

 

日本は、エネルギ自給率が10%ちょっとしかなく、いつ何時、エネルギー危機が起こってもおかしくない状況です。

今回のウクライナ情勢によって、国際秩序が大きく変わってしまいましたので、どのようにエネルギーを確保していくのかが、最大の課題となっています。

 

 

世界的な脱炭素への動きで、化石燃料の使用を増やすことは難しくなっています。

この茶番的な潮流も、どうなるか分かりませんが、現時点では、まだ軌道修正されるところまではいっていません。

 

そうなると、日本が選択できるエネルギーは、原発しかないのですが、これも東日本大震災のトラウマから、大体的に稼働させるのは難しい状態。

ここで、核融合発電というものが、脚光を浴びているというわけです。

 

まだ、当然に、技術上の問題が大きいとは思いますが、ここは、国をあげて資金援助を行い、一刻も早く実現してもらいたいものです。

日本は、集中投資が苦手な国ですが、株と同じで勝負どころでは、大きな動きが必要です。

 

ぜひ、勝負してもらいたいものです。

 

 

 

エネルギー政策でいうと、最近、サハリン油田の権益を放棄しろという論調が、メディアも含めて強くなっています。

ロシアへの制裁で、欧米諸国と足並みを揃えろというものですが、これは、国益を損なうもので、愚策と言えるでしょう。

 

その点、日本国の方針は、権益維持ですので、珍しく、まともな判断をしているなと思っているところです。

 

 

今回のウクライナ情勢は、きな臭いものが漂っています。

スイスもフィンランドも、早くも制裁から中立に戻っているようです。

 

欧米のプロパガンダが、歴史をつくる世界ですので、何が正しいのかは分かったものではありません。

 

現に、世界の人口の85%は、ロシアに制裁をかしていません。

 

一方的な考えは、判断を誤ります。

 

ここは、日本の国益、安全保障を第一に、政治決断をしていってもらいたいものです。

 

 

-FINANCE, Stock, THOUGHT
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏枯れ相場も個別銘柄で勝負!

  今日も連日の猛暑日。 流石にこうも酷暑が続くと、身体がおかしくなってくる。   頭は重いし、怠いし、いつ熱中症にかかってもおかしくない状況だ。 こんな日は、ゆったりと、安らかにゴロンと寝転がって休 …

体験のためにお金を払う時代【アフターコロナの新常態】

  世界中の企業において、このコロナ禍で大きく変わったのは、会議や打ち合わせ、またセミナーの方法であろう。 対面での方法が、強制的にできなくなったことにより、オンライン会議の利用が爆発的に広がった。 …

【ファーマフーズが安い】 「下がれば買い」の戦略継続中!

    本日の日本市場は、軟調な展開の中、マザーズだけがプラスの展開。 真っ逆さまに、800ポイントまでダダ下がるかと思っていましたが、小休止のようです。   流石に、グロース株は売り込まれ過ぎていま …

【選挙に行こう!】 今、大きなうねりが、日本を変えようとしている!

    本日は、参議院選挙です。 今後の日本国のあり方を問われる重要な選挙になりますので、投票に行きましょう!   期日前投票の数も、前回を上回っているようですので、注目が高まっています。   今回は …

この上昇相場は複雑怪奇!【勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし】

  米大統領選は、本格的に長期化しそうな雰囲気となってきた。 このままトランプが引き下がるとは思えないので、しばらく膠着した状態が続き、グダグダした展開が繰り広げられるのであろう。   郵便投票が導入 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー