FINANCE Stock

【今後の投資戦略】 ウクライナ危機は日本有事、全力回避を!

投稿日:

 

 

昨日のNY市場は、ウクライナ情勢への懸念から続落。

情報戦が繰り広がれている中、株市場は翻弄され続けています

 

米国側は、ロシアのウクライナ侵攻は確実となったと報道。

一方のロシアは、侵攻するつもりはないと反論。

 

どちらも、ブラフであり、またアリバイづくりのようで、信用がならないのは周知の事実。

こんな茶番で、個人資産が増減されるのは、たまったものではありませんが、このような一種の虚構の世界に身をおいている以上は、これも受け入れなければならないのでしょう。

 

 

このような極めて不安定な環境下にありますので、2月は、まだノートレです。

1月には、かなり買い込み、ポートフォリオはある程度構築できていますので、機動的に動ける体制にはあります。

 

ですので、今は、堅陣を敷き、戦況を見守っているところであります。

 

 

しかしながら、いつまでも陣を敷いたままでは、勝利を掴めませんので、どこかで動かなければなりません。

これが、どのタイミングになるのかが難しいところですが、早ければ、来週にも動きが出てくるかもしれません。

 

北京オリンピックが閉幕しますので、これを機に、ロシアが動くかどうかです。

動くならこのタイミングですが、誰もが同じように考えているだけに、動きにくいという反面もあります。

 

まあでも、まずはここがポイントになりますので、注視が必要になります。

 

 

仮に、ロシアが侵攻するとどうなるか。

一時的には、株式市場は大きく下げることになりそうです。

 

日経平均株価は、1日で1,000円超の暴落、25,000円近辺まで落ち込むかもしれません。

マザーズはもっと酷くなり、コロナショック時の500ポイントあたりまでの下げはあるかもしれません。

 

 

しかし、短期的には下げるものの、下げ続けることはないのではないかと考えています。

戦線を拡大しない限り、局地戦にと止まりますので、徐々に落ち着きを取り戻すことになるでしょう。

 

 

問題は、中国です。

中国がこの機を利用して、台湾侵攻を企てるようなことがあれば、止まることがなくなります。

 

この場合、最も大きな影響を受けるのは、日本市場でしょう。

いや、株の世界にとどまらず、安全保障上の最大の脅威になりますので、日本存亡の危機に発展することにもなりかねません。

 

このような最悪のシナリオにならないように、その発端となる初動は、なんとしても回避しないといけません。

ウクライナ情勢は、決して対岸の火事ではなく、日本有事に発展する可能性の高い問題ですので、日本国は、回避に向けて全力を尽くさなければなりません。

 

岸田さん、頼みますよ!

 

 


トレード日記ランキング

-FINANCE, Stock
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【成功の定義】 どの生き方を選択するかで、成功の定義は変わる!

    本日の日本市場は、日経平均上げの、マザーズ下げの展開。 引き続き、グロース株の下落が目立つ環境に陥っています。   昨日は、ナスダックは上昇したのですが、マザーズは残念ながらダメでした。 今日 …

【会社四季報発売】 Kindleで本日16日まで50%ポイント還元キャンペーン実施!

    本日の日本市場は、日経平均株価が600円を超える大幅高の展開。 まさかの上昇に驚いているところです。   昨日のFOMCが、想定内のサプライズなしで終わったことが好感され、NY市場が上昇したこ …

エーアイの音声合成技術が世界を変える!

  決算発表が増えてきているが、傾向としては、上方修正が増えてきているような気がする。 コロナの影響を過大視し、当初目標が低すぎたという面もあると思うが、赤字予想の企業も、赤字幅が縮小してきているよう …

【エアトリ決算発表】 減益の見出しインパクトで、月曜日は下げの展開か!

    昨日は、主力株「エアトリ」の決算発表がありました。 この会社の決算は、毎回期待してしまいますので、今回も過大な期待をしてしまっていましたが、残念ながらサプライズはありませんでした。   6月に …

【エクサウィザーズ下方修正】 市場が過剰反応するならば、買い出動するつもり!

    本日の日本市場は、依然として日経平均上げのマザーズ下げの展開。 昨日のナスダックが下げた影響も加わり、グロース株にとっては受難の日々が続いています。   どこまで続くのか。 線路は続くよどこま …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー