THOUGHT

ガラパゴス化する新聞メディア

投稿日:

 

新聞のデジタル化が進んでいる。

 

米ニューヨーク・タイムズの電子版読者は、6月末時点で439万人と前年比で約5割増えている。

コロナ禍の影響もあるとは思うが、5割増とは驚異的な増え方だ。

 

収益面においても、購読料を15ドルから17ドルに値上げしたが、読者増の鈍化は起きず、4~6月期には電子版の購読料収入やデジタル広告を含めた「デジタル収入」が四半期ベースで初めて紙関連の収入を逆転したようだ。

ニューヨーク・タイムズは、20年後の紙全廃を目指しているようで、今後、デジタル化は更に加速化していくだろう。

 

日本において、新聞のデジタル化はどれくらい進んでいるだろうか。

最も力を入れている日本経済新聞を見てみると、2020年1月1日時点の電子版会員数は、無料登録会員を含む電子版会員数こそ466万人だが、有料会員数は69万人に留まっている。

 

日経新聞の紙版をあわせた全体の購読数は、293万人なので、電子版の利用者は3割弱だ。

この利用数を見る限りでは、電子版の利用はまだ少ないと感じるが、その原因の一つは料金設定にあるのではないかと思う。

 

ニューヨーク・タイムズの電子版の購読料は、17ドル(1,800円)。

【日本の電子版購読料】

・日本経済新聞 … 4,277円
・読売新聞 … 電子版の料金設定なし(紙版の購読者へのサービス扱い)
・朝日新聞 … 3,800円(シンプルコース980円あり)
・毎日新聞 … 3,200円(スタンダード版980円あり)
・産経新聞 … 1,800円

 

この比較を見てみると、日経新聞は圧倒的に高い。

紙版が4,000円(全日版)なので、電子版の方が割高になっている。

 

この料金設定では、電子版は伸びないだろうと思われるが、これには新聞社の狡猾な戦略があるようだ。

普通に考えれば、電子版にすれば、作成費用も配達費用も削減できるので、当然安くなるのだが、それでは新聞社は規模が縮小してしまう。

 

そうならないように、まずは紙版重視を軸においた戦略をとっているのだ。

電子版は、紙版と比べて情報量を多くして(記事数が、紙版は1日300本、電子版は900本)、差別化を図っている。

 

また、Wプランという料金体系があり、紙版に+1,000円で電子版を利用できるようにしている。

つまり、紙版をベースとして、+アルファの情報量については、電子版を併用してもらおうという戦略だ。

 

まあ、これはこれで考え方であるとは思うが、やはりデジタル化のメリットは、低価格化にあるので、消費者としては、紙版よりも安価な料金設定をしてもらいたいものだ。

 

新聞のガラパゴス化

 

紙へのこだわりについても、時代に合致しているかといえば、残念ながら時代遅れの発想といえる。

それは、購買層であるサラリーマンの行動変容を見れば明らかだ。

 

かつて、朝の電車内では、多くのサラリーマンが狭いスペースで新聞を広げて読んでいた。

新聞を何層にも折りたたむその方法は、芸術的ともいえた。

 

しかし、今では、そんな風景はほとんど見られず、完全に消滅したといえよう。

みな、スマホいじっており、新聞に限らず、スマホが現在の社会インフラとなったのだ。

 

このような時代の変化に対応せず、自社の立場にこだわり続けていくと、いかに日経新聞といえど消費者に見限られ、ガラパゴス化していくだろう。

そうなる前に、デジタル化を徹底推進する戦略に舵を切っていただきたいと思う。

 

ちなみに私自身は、今、日経電子版と産経新聞電子版を購読している。

読売新聞は、電子版のみの設定がなく、朝日・毎日はそもそも読むに堪えない。

 

しばらくは、この二紙の電子版を継続するが、日経新聞についてはこのまま割高な状態が続くようであれば、解約も検討する。

投資に関しては、必ずしも日経新聞が必要という訳ではなさそうなので、今までのように盲目的に購読する必要はないと思われる。

 

新聞とテレビは、もはや情報収集の必須手段ではなくなっていることを、新聞社側も消費者側も、十分認識する必要があるだろう。

-THOUGHT
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【市場崩壊】 「選挙に売りなし」の格言は何処へ?

    本日の日本市場は、日経平均弱上げの、マザーズ弱下げという、方向感の乏しい展開となりました。 弱上げした日経平均にしましても、勢いを欠いた、いつもの失速パターンでしたので、あまり芳しくない状態で …

【含み益課税という暴挙】 これはご祝儀相場どころではないぞ!

  明日4日、いよいよ岸田内閣が誕生しますが、マーケットとしては、今のところ歓迎していない様子が伺えます。 先週の日経平均株価は、5日続落となり、1週間で1,500円も下落する大暴落となっています。 …

携帯料金値下げで通信業界は大パニック?!

    スマホの値下げが、やっと実現していきそうだ。 今までは、新たなプランや格安ブランドでの料金設定などで矛先がかわされ、既存契約者にとって全くメリットがない議論がなされていたのだが、くしくも業界最 …

【サプライズ選挙で市場暴騰】 このウキウキ相場はいつまで続くか?

    本日の日本市場は、全面高の展開。 衆議院選挙の結果が、予想外に良いように作用したようです。   今回の選挙は、自民党が単独で過半数を確保することができるかが焦点となっていました。   233議 …

テクニカル分析の基本を紹介!【売買のタイミングを移動平均線で分析】

    新たな変異種が発見されたとのこと。 ブラジルから羽田空港に2日に到着した10~40代の男女4人が、変異種に感染していたことがわかり、これで国内での変異種への感染確認は計34人になったようだ。 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー