FINANCE Stock

グッドパッチの業績予想をどう評価するか?

投稿日:

 

PR TIMES(3922)が、連日のストップ高を演じた。

昨日は、買われすぎの反動を懸念していたのだが、なんのなんの、ストップ高とは凄いの一言。

 

終値こそ若干売り込まれたものの、出来高は、前日比8倍の187万株となり、まさに大盛況となった。

このまま勢いに乗りたいところだが、マーケットの地合いが良くないだけにどうだろうか。

 

それでも、まずは地道に4,000円台を地固めしてほしいところだ。

そして、当面の目標株価としては、5,000円を目指していきたい。

 

 

グッドパッチの業績予想

 

本日は、グッドパッチの2020年度本決算と、2021年度の業績予想が発表された。

2020年度については、大方の予想通りの決着となり、四季報予想と狂いもなかった。

 

まさに、順調さを裏付ける決算となったわけだが、既にこれは株価に織り込まれている。

市場の興味としては、2021年度がどうなるのかということなのだが、こちらがちと微妙な数字となっていた。

 

売上は、20.9%増の2,591百万円と予想。

四季報予想は、2,800百万円と10%弱少ない。

 

営業利益は、36.7%増の296百万円と気を吐いたが、当期純利益は、繰延税金資産の影響もあり、5.2%増と微増予想となった。

 

このように、業績予想が期待ほどではなかった要因としては、上半期の数字をコロナの影響を加味し、保守的に計画を策定したことによるようではある。

特に、保守的要因は、ドイツ子会社関連であるとのことだが、ここへきて欧州では、コロナ感染者が再び急増している状況なので、心配ではある。

 

この業績予想を受けて、PTSは、一時、8%安まで売り込まれてしまった。

現在(22:00)は、4%安まで戻してきているが、全体の地合いも悪いだけに明日は厳しいかもしれない。

 

それでも、中期的に見れば、成長期待は高いわけで、短期的な下落は拾っていきたいところだ。

押し目を探していた状況なので、下がれば、買い増しを実行していきたい。

 

しかし、如何せん、資金が足りない。

今月は、含み損銘柄を処分すると公言していたにも関わらず、ズルズルとここまで来てしまっている。

 

優柔不断、意志薄弱で困る。

 

ここまできても、決断できないでいる残念な自分。

 

明日もこうやってぼやいていそうで、怖い。

-FINANCE, Stock
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【岸田ショックで暴落止まらず】 この先、悲観シナリオしか描けません!

    本日の日本マーケットは、大方の予想に反し、続落してしまいました。 先週末のNY市場が急騰しましたので、流石に今日はその恩恵を被るだろうと、たかを括っていたのですが、その勢は寄り付きのみで終了し …

グッドパッチ株は持ち堪え反騰相場へ!

    本日は、何と言っても、グッドパッチの検証をしないといけない。 昨日のブログにも記載したが、MSワラントのインパクトがどうだったのか。   個人的な見解では、一過性のもので、悲観する内容ではない …

【四苦八苦】 人生のカウントダウン、49歳のこれからの生き方とは?!

    四苦八苦。 生・老・病・死、愛別離苦・ 怨憎会苦・求不得苦・五陰盛苦。   このうち、老いの苦しみを感じつつあります。   今年で齢49歳、49ersの仲間入りをして、焦りを感じています。 い …

オリンピックの日本勢は絶好調も、相場は絶不調!

  本日のオリンピックも、日本勢は絶好調です。   男子に続き女子のスケボーも金と銅。 しかも、金メダルは13歳という快挙です。   また、柔道も金と銅。 アーチェリーは銅、しかも最終が10点というミ …

枕の向きが逆だった衝撃! 【反対で寝ていたのは私だけ??】

  本日の日本市場も、方向感に欠ける展開となった。 前日は、ナスダックが久々に上昇したので、日本においてもマザーズを中心としたグロース株には、追い風になるかと思っていたのだが、期待外れとなってしまった …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー