HORSE

エリザベス女王杯を徹底予想!【芦毛のあの馬で勝負したい】

投稿日:

 

アーモンドアイがジャパンカップ参戦を決めた。

これで、デアリングタクト&コントレイルという無敗の三冠馬と、現役最強馬で8冠のアーモンドアイの激突がみられるという、競馬ファンには、願ってもないイベントになった。

 

デアリングタクトが早々とジャパンカップ参戦を決め、他馬の動向が気になっていたが、コントレイルを管理する矢作調教師は、競馬界を盛り上げるために、また競馬ファンのために、参戦を決めた。

 

そして、アーモンドアイ。

現役最後のレースに、無敗の3冠馬との対決を決めた。

 

今年は、コロナウイルスによって、陰鬱な年になってしまったが、年の最後に、このように関係者が意気な計らいをしてくれたことに感謝したい。

今から2週間後のレースが待ち遠しいのだが、その間の調教など各馬の状態なども、じっくり楽しみたいと思う。

 

また、3強だけではなく、サートゥルナーリアやワールドプレミアも参戦を予定している。

いやあ、何十年に一度の名勝負になること必至なので、各馬、順調にレースに臨んでくれることを願うばかりだ。

 

 

エリザベス女王杯展望

 

本日は、エリザベス女王杯。

私が、最初にエリ女を生観戦したのは、1993年。

 

当時は、まだ牝馬クラシックの最後のレースで、ベガの三冠がかかっていた。

結果は、ベガはベガでもホクトベガ。

2着は、ノースフライト。

 

懐かしい思い出だ。

 

そういえば、この年の牡馬は、3強対決だった。

日本ダービーは、ナリタタイシン、ビワハヤヒデ、ウイニングチケットの3強がデッドヒートを繰り広げ、結果は、ウイニングチケットがダービー馬に。

 

3強対決といっても、実レースは3強の戦いにならないことが多いのだが、この時のダービーは、まさに3強の名勝負となった。

ジャパンカップも、このような3強対決を見てみたいと思う。

 

 

話は脱線してしまったが、今年のエリザベス女王杯は、本命不在のうように見える。

ラッキーライラックが1番人気となっているが、春以降は成績もパッとしないのでつけ入る隙は十分あるし、また、1番人気はもう長いこと勝っていない。

 

そんななか、本命にしたいのが、ノームコアだ。

切れ味はメンバー随一で、瞬発力勝負であれば、この馬が抜けている。

 

マイルG1を勝っているように、距離への不安が指摘されてもいるが、前走の札幌記念を完勝しているし、半妹はあのクロノジェネシスだから問題ない。

また、府中巧者ともみられているが、右回りは4勝しており、連帯率は右回りの方が良いので、こちらも問題ない。

 

さらに、鞍上は、大好きなノリちゃん。

もう応援するしかないだろう。

 

 

対抗は、センテリュオ

こちらは、2,200mへの適正(2・2・0・1)がメンバー随一なこと。

 

前走のオールカマーを完勝しており、唯一連対を外した昨年のエリザベス女王杯も、3着のラヴズオンリーユーとクビ差の4着と健闘している。

となると、絶好調の今年は、昨年以上の着順が期待できると読んでいる。

 

懸念材料は、鞍上だろうか。

戸崎君が、阪神で好走する姿をなかなかイメージできないのだが、走るのは馬なので、馬の力を信じたい。

 

 

3番手候補は、ソフトフルート

こちらは、前走・秋華賞3着と好走しており、勢いのある3歳で斤量も▲2kgと有利なのが理由となる。

 

距離も、2,000mを中心とした中距離を得意としており、ディープインパクト産駒なのも好材料。

そして、鞍上も絶好調の福永とくれば、評価せざるを得ないだろう。

 

 

押さえ候補は、前哨戦の相性が良い府中牝馬S組のラヴズオンリーユーサラキアサムシングジャストシャドウディーヴァ

こちらは、薄く幅広く抑えていきたい。

 

 

ラッキーライラックの評価が難しい。

実績は断然で、春に大阪杯を制しており、また鞍上は名手ルメールとくれば切ることはできまい。

 

ただ、やはり、好調さを欠いていることと、大外枠なのがマイナス材料なので、こちらも軽く抑えまで。

 

 

最後に気になるのが、ウインマリリン

前走・秋華賞大敗の原因はよく分からないが、なにせオークス2着馬で、中距離適正があるので、一発があってもおかしくない。

3歳馬で斤量優位なので、可能性はある。

 

 

ということで、馬券は、馬連で、ノームコアからセンテリュオとソフトフルートへ。

3連複2頭軸(ノームコア&センテリュオ)で、上記に上げた馬(ソフトフルート厚め)に流していきたい。

 

-HORSE
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【世界の潮流】 ウクライナ情勢長期化で、得をするのは誰か?

    ドバイワールドカップデー、日本馬が大活躍してくれました!   最高峰のドバイワールドカップこそ、チューワウィザードが2着と、昨年の雪辱を果たせませんでしたが、パンサラッサ、シャフリヤール、ステ …

競馬エプソムカップを予想してみた【データ分析で勝率を上げる】

    春のG1戦線が幕を閉じ、前半戦は、あと宝塚記念を残すのみとなり、競馬界はどこか寂しげな様相を呈している。 いつか馬主になる夢を抱きながら、いち競馬ファンとしては、可能な限り参戦していきたいと思 …

グランアレグリアはここを勝って最優秀短距離へ!【マイルチャンピオンシップ予想】

    本日は、G1.マイルチャンピオンシップ。 馬券はなかなか調子悪いのだが、性懲りもなく、予想してみたい。   マイルチャンピオンシップといえば、初めて京都競馬場で観戦したのが、1993年。 黒の …

【週間投資成績】 選挙の投票率次第で、明日以降の相場動向が決まる?!

    今日は、選挙投票日。 あいにくの雨模様となってしまいましたが、皆さん、投票には行きましょうね。     投資家にとっても、今日は運命の日となりそうです。   自民党が過半数割れの大敗となれば、 …

ジャパンカップで3強激突!【世紀の大決戦でビッグサプライズが起こるか?!】

  本日は、世紀の大決戦が行われる。 第40回 ジャパンカップで、歴史的名馬3頭が激突する。     アーモンドアイ 言わずと知れた現役最強馬にして、史上初のG1・8勝馬。 東京2400mは、2戦2勝 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー