FINANCE Stock

【ウクライナ情勢の影響大】 株価の行方はプーチン次第!

投稿日:

 

 

本日の日本市場は、壊滅的な打撃を受けることが懸念されていましたが、小幅安まで盛り返しました。

原因は、もちろんウクライナ情勢で、過度な警戒感が薄れたとのことでした。

 

警戒感が、強まったり弱まったりと、いつまで振り回されるのか困ったものですが、一つの大きなタイミングとしては、やはり北京オリンピックが終わった時点でしょうね。

オリンピック期間中は、いかにロシアといえど、事を起こすことは躊躇われると思いますので、これをクリアした時点でどうなるか。

 

となると、来週が運命の分かれ目。

個人的な考えとしては、自重すると思いますが、どうなるでしょうか。

 

それでも、局地戦はあるやも知れずですので、なんともいえませんね。

 

 

さて、ポートフォリオについては、こちらも予想よりも軽症に終わり、10万円弱のマイナスに止まりました。

特に、主力の「エアトリ」は、切り返してくれましたので、安堵しているところです。

 

どうやら、オミクロンも、2月上旬がピークだったようですので、ここからは、旅行需要も再び回復してくることでしょう。

2類から5類への叫びも、至る所で沸き起こってきていますので、明らかに世論は変化してきています。

 

もうこれ以上、無用な慎重論は、許されるものではないでしょう。

聞く人の岸田さんも、この辺りの大きな変化を、感じ取ってもらいたいものです。

 

 

他には、依然として低調な動きをしている「エクサウィザーズ」が少々気掛かりです。

今週、1日だけ高騰した時は、やっと来たかと万歳していたのですが、一瞬で霧散しました。

 

今日も大きく値を下げ、再び660円。

どうも、この600円台が居心地が良いようで困り物です。

 

来週も、まだ掘りそうな感じがしますので、安値で拾っていこうと考えています。

 

 

まあ仕方ないですね。

少し長い目で見るしかないようです。

 

でも、そんなに長くは待てないですよ。

今年はこの銘柄で勝負だと思い決めたものの、あまり固執してしまっては火傷を負ってしまいますので、常に柔軟性が持っていたいと思います。

 

 

まあこれも、ウクライナ情勢次第でしょうか。

プーチン、頼むでホンマに!

 

 


トレード日記ランキング

-FINANCE, Stock
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【株式市場は別世界】 ウクライナ情勢を尻目に、日経平均は28,000円回復!

本日の日本市場は、全面高の展開。 日経平均株価は、まさかの800円超高となり、28,000円を回復しました。   懸念していたマザーズ市場も、本日は無事上昇してれましたので、安堵しているところです。 …

好調な 「Buy Sell Technologies」 の見極めをどうすべきか!

    本日のマーケットは、概ね堅調な動きを見せ、我がマザーズ市場も2%高となり、昨日の下げを無事、取り戻しました。 昨日は必要な調整と思っていましたので、本日の上げは予想通りではありましたが、それで …

【サンアスタリスクが動意】 相場には、時に必要な下げもある!

    本日の日本市場は、引き続き絶好調。 日経平均株価は、バブル後最高値を更新し、勢いは止まるところを知りません。   つい1ヶ月ほど前までは、今年はもう3万円を超えることはないだろうと諦めていまし …

お一人様 GoToイートキャンペーンの実施を!【孤独のグルメが飲食店を救う】

    非常事態宣言の対象エリアが拡大された。 都道府県から要請があれば発動するという、主体性のない決定で、なんとも心許ない。   この後も、五月雨式にエリアが拡大されそうで、これで肝心の効果が期待で …

【サル痘って何?】 また新手のビジネスが始まりますか? 

        本日の日本市場は、全面安の展開。 先週末の米国市場を引きずった形ですが、ここのところ急ピッチに上昇していましたので、調整が入るタイミングではあります。   日経平均も、このまま28,0 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー