FINANCE Stock

【グロース株危機】 臨戦態勢でピンチをチャンスに変える!

投稿日:

 

 

今週の日本市場は、引き続き波乱の展開となりましたね。

新年早々、試練の時を迎えています。

 

もともと、今年の相場は厳しくなるだろうと言われています。

米国は利上げ、中国は景気低迷が顕在化するなど、マイナス材料が多く存在します。

 

 

企業業績については、どうでしょうか。

2021年度は、20年度のコロナ禍業績からの反動があり、最高益を更新する銘柄も多く存在しますが、これは実力値ではないでしょう。

 

20年度と21年度を足して2で割ったくらいが、現状の実力値と言えますので、22年度業績がどうなるかで、その企業の優劣が浮き彫りになってくると思います。

 

こうなると、22年度の業績予想が出る4月〜5月が、相場の転換点となる可能性も高まります。

厳し目の予想が出ると、再び「セルインメイ」となるのでしょうね。

 

 

 

それにしても、グロース株が売られ過ぎています。

利上げ=グロース株不利というものであったり、バリュー株が見直されているなどと言われていますが、ちょっと行き過ぎ感があります。

 

グロース株は、昨年後半から、既にかなり売り込まれていますので、有望銘柄を含め、かなり割安になってきています。

 

しかしながら、いかに割安になろうとも、買い手がいないと株価は上がりません。

この辺りが、データだけでは勝てない、株の難しさです。

 

 

では、なぜ買われないのかというと、機関投資家が売り姿勢なことと、空気感だと思っています。

特に、空気感はなかなか侮れないところがあります。

 

グロース株が売られるという情報が大勢を占めるようになると、日本人の性向として、一斉にその方向に流れがちになりますので、余計に拍車がかかります。

 

現在は、この真っ只中にありますので、グロース株の売りに歯止めがかからないわけです。

 

 

マザーズ指数は、今週5%の下げ。

今年に入って、14%の下げです。

 

まさに、暴落相場ですよね。

 

でも、まだまだ下がります。

オミクロン株の陽性者拡大に比例して、下がり続けるのだと思います。

 

 

となると、オミクロン株がいつピークをつけるかがポイントになります。

先行した南アなどの傾向を見ますと、1月末か2月初旬ではないかと推測されますので、その辺りではないかと。

 

もうしばらくは、耐える相場が続きますが、今が正念場です。

新年早々、正念場を迎えてしまいましたので、まだ心構えが出来ていないかと思いますが、すぐに臨戦態勢にシフトした方が良さそうです。

 

 

ここで迎撃し、反転攻勢をとることができれば、3月頃には、大きな戦果を上げることが出来ると思います。

 

頑張るぞー!

 

 


トレード日記ランキング

-FINANCE, Stock
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

エアトリ1銘柄でポートフォリオは凹みましたが、ご機嫌に買い向かうべし!

    本日のマーケットは、日経平均・マザーズともに上昇はしましたが、その上昇幅はともに記録的な小ささとなりました。 日経平均は0.34円高、マザーズは0.75ポイント高と、こんな低ボラ相場は珍しいで …

【エアトリ株失速中】 チャート的には暫く調整がありそうな模様!

    本日の日本市場は、後半盛り返したものの、弱含みの展開に。 マザーズも、あかんかったですね。   ポートフォリオについても、全滅しまして、40万円のマイナスとなってしまいました。     いやあ …

専業投資家への道! 【今週の投資成績はマイナス45万円と後退⤵️】

    いよいよ、ラグビーのトップリーグが始まる。 今年は、世界のスタープレイヤーが、日本の集結しているので、楽しみがいっぱいだ。   NZのボーデン・バレットをはじめ、もう日本人にはお馴染みのスコッ …

投資の世界で生き残るには、鋼のメンタルが必要?

    本日のマーケットは、引き続き堅調に推移しました。 特にマザーズが好調で、1,100ポイントの奪還も目前となりました。   ポートフォリオの方も、サンアスタリスクが復調気配を見せており、大分と復 …

【ジェットコースター相場】 連日100万円単位で上下動、メンタル崩壊に注意!

    本日の日本市場は、大きく反発。 さすがに下げ過ぎ感が半端なかったですので、ここらで上がってくれないと困りますよね。   これが、反騰相場の幕開けになるかといえば、まだ気が早いということになるで …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー