FINANCE Stock THOUGHT

IPOが多すぎて持株が上がらない現象が続く…!

投稿日:

 

本日の日経平均株価は、薄商いの中、▲11円と小幅安。

しかしながら、東証1部全体で見ると、6割強の銘柄が上昇しており、まずまずの相場となったようだ。

 

マザーズは、▲5.37とこちらも小幅安となり反落。

なかなか、上昇のきっかけを掴めないでいる。

 

そんななか、持株勢は、依然としてパッとしない展開が続いている。

期待のデジタル銘柄なのだが、高値から4割安に沈んだまま、なかなか浮上する兆しがない。

 

何故ゆえ、ここまで停滞してしまったのかと考えてみると、やはり、IPOが多すぎることが原因ではないだろうか。

初値好調のIPO銘柄が多いことから分かるように、ほとんどの資金が新規IPO銘柄に向かってしまい、他の銘柄に手が回らないのだ。

 

となると、今しばらくは我慢の展開が続きそうだ。

このIPOラッシュが一段落しない限り、期待できないだろう。

 

地合いが良いので、上場が増えるのは致し方ない。

みんな、考えることは一緒なのだ。

 

 

コロナ変異種、日本に上陸

 

コロナの変異種が、ついに日本に上陸してしまった。

イギリスから帰国し、東京都内に住んでいる2人から、変異した新型コロナウイルスへの感染が確認されたようだ。

 

速やかに鎖国しなければいけないと、言っていた矢先なのだが、あまりに早かった。

これは、強毒性を持っている可能性があるので、完全に封じ込める必要があるのだが、この対策は徹底されているのだろうか。

 

濃厚接触者も強制的に隔離するぐらいでないと、大変なことになってしまうかもしれない。

自主隔離なんて、甘い対策をしている場合ではないのだ。

 

 

そもそも、日本政府は、対策という対策を全く打てていない。

自粛要請をするだけで、これは、対策ではない。

 

結局、責任を取りたくないので、強制的なことはできないのだ。

しかし、強制力を持たないと、解決しない問題もある。

 

いつまでも、甘っちょろいことばかりをやっていては、問題が長引くだけで、根本的な解決には至らない。

 

とにもかくにも、マスクは義務化しなければいけないだろう。

義務化すれば、別に飲食を問題視する必要もなく、飲食時以外はマスクを着用するだけのことで、リスクは回避できるはずだ。

 

不要不急の外出を控えろとか、仕事が終わったらまっすぐ帰れとか、医師会の言いなりばかりになっていないで、本質的な政治をして欲しいものだ。

この国にリーダーはいないのか…。

 

 

 

 

 

-FINANCE, Stock, THOUGHT
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【コロナ5類への引き下げ】 「現時点では現実的でない」、はっ?

    本日の日本市場は、全面高の展開。 ドル円は141円台まで急騰していますが、株式市場は堅調な動きを見せています。   世界市場も、好調さを取り戻してきました。 本日は、アジア、アセアン、BRIC …

自動車業界がV字回復し、トレンドはバリュー株へシフトするのか?

  米大統領選の混沌を傍目に、日経平均株価は、29年ぶりの高値を付けた。 ドル円が1円近く上がり、103円台前半になったにも関わらず、全く無反応で値を飛ばしている。   大統領選の混乱の長期化を見越し …

【13年ぶりの8日続落】 岸田ショックにエネルギー価格上昇が重なり、日本マーケットは底無し沼状態

    今日も、ダメでしたね。 これで、日経平均株価は、2009年以来の8日続落となりました。   何をやっても、どう期待しても、上がらないですね。 相当根深い何かを感じます。     その何かとは、 …

お一人様 GoToイートキャンペーンの実施を!【孤独のグルメが飲食店を救う】

    非常事態宣言の対象エリアが拡大された。 都道府県から要請があれば発動するという、主体性のない決定で、なんとも心許ない。   この後も、五月雨式にエリアが拡大されそうで、これで肝心の効果が期待で …

【未だに2類を変えられない日本】 東京のコロナ重症者ゼロの矛盾!

    本日の日本市場は、日経平均は続落となりましたが、マザーズは切り返しました。 流石に下げ過ぎということから、買いが入った模様です。   世界市場を見てみますと、アジア・ASEAN市場は反発。 欧 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー