HORSE

宝塚記念を徹底予想【前半戦最後の戦いは牝馬で決まり?】

投稿日:

 

いよいよ、前半戦のクライマックス、宝塚記念。

ここ最近は、馬券の調子を落としているので、よい締めくくりをしたいところだ。

 

今年の宝塚記念は、珍しく、18頭フルゲート。

GⅠ馬も8頭出走するので、核的にも問題ない。

 

最近は、安田記念もそうだったが、GⅠ馬の出走やフルゲートが増えているような気がする。

コロナ禍で調整や輸送等大変だと思うが、こうした停滞した環境だからこそ、何とか競馬で盛り上げようとしているのではないだろうか。

一競馬ファンとして、関係者には頭が下がる思いだ。

 

やはり、ここは、馬券で貢献するしかないだろう。

 

本命は牝馬

 

今年は、牝馬の活躍が目覚ましい。

まず高松宮記念は、モズスーパーフレアとグランアレグリアのワンツーフィニッシュ。

 

続く大阪杯は、ラッキーライラックとクロノジェネシスのこれまたワンツー。

 

NHKマイルカップは、1着はラウダシオンであったが、2・3着は、レシステンシアとギルデッドミラー。

 

そして、安田記念も、グランアレグリアとアーモンドアイのワンツー。

 

こうなると、宝塚記念も牝馬に注目せざるを得なくなる。

出走馬を見てみると、牝馬は、ラッキーライラックとクロノジェネシスに2頭。

そう、大阪杯の1・2着馬だ。

 

その大阪杯は、阪神内回り2,000m戦。

今回の宝塚記念は、同じ阪神の内回り2,200戦。

これは、また、この2頭で決まる可能性が高いと思わざるを得ない。

 

夏競馬の留意点

 

注意すべきは、体調面と馬場だ。

 

この時期、体調を管理するのは難しい。

牝馬となると、なおさらだ。

今日の場体重が、マイナスになっているようだと、割引が必要になる。

ここは必ずチェックしておきたい。

 

馬場は、今のところ、稍重。

天気も曇なので、これ以上悪くなることはなさそうだ。

 

ラッキーライラックは、稍重0-0-1-0と、あまり経験はないが、500kg超の馬体なので、問題ないのではないだろうか。

一方のクロノジェネシスは、重・稍重3-0-0-0とパーフェクト。

馬場を考えると、狙いはこちらだろうか。

 

人気薄を一頭

 

順当に行くならば、あとはサートゥルナーリアだろが、それでは面白くない。

ここは、人気薄の実力馬をピックアップしたいところだ。

 

そうなると、やはり、スティッフェリオではないだろうか。

前走の天皇賞(春)は、勝ったフィエールマンとタイム差なしの2着。

和田ドラゴンの好騎乗もあったが、かなり強い内容だった。

 

血統的にも、ステイゴールド産駒は4勝と相性が良い。

鞍上は乗り替わりとなるが、イケメン幸。

牝馬3冠(スティルインラブ)ジョッキーなので、申し分ないであろう。

 

予想印

 

◎ クロノジェネシス (3番人気)

〇 ラッキーライラック(2番人気)

▲ スティッフェリオ(8番人気)

以下、グローリーヴェイズ、サートゥルナーリア、ワグネリアン、レッドジェニアル、カデナ、ブラストワンピースまで。

 

馬券は、ドリームレースということもあり、3連単で勝負したい。

クロノジェネシスの1着固定、3連単フォーメーション!

 

 

 

-HORSE
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【世界の潮流】 ウクライナ情勢長期化で、得をするのは誰か?

    ドバイワールドカップデー、日本馬が大活躍してくれました!   最高峰のドバイワールドカップこそ、チューワウィザードが2着と、昨年の雪辱を果たせませんでしたが、パンサラッサ、シャフリヤール、ステ …

【週間投資成績】 選挙の投票率次第で、明日以降の相場動向が決まる?!

    今日は、選挙投票日。 あいにくの雨模様となってしまいましたが、皆さん、投票には行きましょうね。     投資家にとっても、今日は運命の日となりそうです。   自民党が過半数割れの大敗となれば、 …

競馬エプソムカップを予想してみた【データ分析で勝率を上げる】

    春のG1戦線が幕を閉じ、前半戦は、あと宝塚記念を残すのみとなり、競馬界はどこか寂しげな様相を呈している。 いつか馬主になる夢を抱きながら、いち競馬ファンとしては、可能な限り参戦していきたいと思 …

一年の総決算、有馬記念を徹底予想!

    本日は、一年の総決算、有馬記念。 やはり、このイベントがないと、一年が締まらない。   今年は、競馬界も記録づくめの一年で、無敗の三冠馬が2頭排出されたり、史上初の9冠馬が誕生したりと、このコ …

菊花賞展望『無冠の3冠馬誕生へ!』

    直前になってしまったが、本日はクラシック最後を飾る菊花賞。 今週も無冠の3冠馬が誕生するか注目が集まっている。   コントレイルは、とても賢く落ち着いた馬なので、菊花賞も全く問題ないだろう。 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー