Home building HOUSING

住宅アドバイザーの必要性【誰に相談して住宅を購入すべきか?】

投稿日:

 

 

ブログを開始して早や半年が経過した。

すっかり日常化したので、この作業をやらないと、逆に落ち着かなくなった。

 

ひと昔前は、職業柄、住宅に関するブログを書いていたのだが、住宅業界を引退してからは、ものを書くということから、すっかり疎遠になっていた。

今回、ブログを再開しようと思ったのは、住宅業界は離れたけれど、離れたからこそ客観的に伝えられることもあるかと思ったからだ。

 

住宅は、人生最大の買い物なので、ここをしくじると、後々影響が大きくなる。

住宅ローンが35年も続くということは、実際、想像以上に重荷なのだ。

 

 

住宅をつくる側にいると、良い住宅をつくることを第一に置くことになる。

断熱や気密など住宅の性能を左右する部分は、見た目には関係のないところなので、手を抜く業者も多くある。

 

結局そうなると、「住み心地」が悪くなるわけなのだが、ここがなかなか評価することが難しいのだ。

なぜなら、これは見た目では分からないので、引き渡しのときには評価できない。

 

それは、暮らしの中で、不自由さを感じることになるのだが、残念ながら、比較対象がないので、結局のところ、良し悪しを評価できないのだ。

 

個人的には、こんな理不尽で曖昧なことはないと思うのだが、これが実態なのだ。

住宅業者の、家づくりに対する向き合い方に左右されてしまうので、契約する前にここの確認作業が必須となる。

 

当然、確認するには、このあたりの知識が必要になるのだが、初めて住宅を購入する人には、難しいところだと思う。

なので、ここをアドバイスできる人が必要になってくるのだが、現在、業界を見まわしてみても、このようなことが出来る人は、ほぼいないのではないだろうか。

 

 

多くの人は、分からないことを、住宅会社の営業マンや設計者に聞いてしまう。

他に聞く人がいないのでこうなるのだが、住宅会社は当事者なので、客観的な答えが返ってくるとは思えない。

 

住宅会社は、それぞれ方針があるので、当然、その主観にたった返答が返ってくるだろう。

これでは、根本的な解決には繋がらない。

 

こんな時に、客観的なアドバイザーがいれば、ほんとに重宝すると思う。

しかし、現状そのような人はほとんどいないので、その草分け的な存在になれたらと思っている。

 

 

-Home building, HOUSING
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

住宅ローンを退職金で完済する場合の注意点

  住宅ローンを、退職金で完済する人も多いと思う。 正確にいうと、退職金をあてにして住宅ローンを組んでいるのである。   さらにいうと、退職金をあてにしないと住宅ローンを組めないので、家を買えなくなっ …

在宅勤務に最適な空調とは

    全国の緊急事態宣言が解除され、6月以降、企業の勤務形態がどうなっていくのかに注目している。 何事もなかったかのごとく、以前の勤務形態に戻すという愚だけは、断じて避けたいところだ。   会社に行 …

大手ハウスメーカーの家は買っても大丈夫なの?

      いわゆる「GAFA」が、ここのところ、住宅の建設に乗り出しているようだ。 ついに、住宅にまで進出してきたのかと、空恐ろしくなるが、大きなムーヴメントになっていくのだろうか。   ・アマゾン …

ハザードマップによる説明が義務化【不動産購入時の注意点】

  ここのところ、毎年、大水害が発生している。 異常気象が原因だと言われているが、ここまで毎年発生するとなると、もはや異常ではなく常態化していると考えた方がよい。   日本は、古より水害との戦いをして …

住宅ローンについて考えるヒント

  「今は、家の買い時ですか?」と聞かれることが多い。 そんな時はいつも、「家を買いたくなった時が買い時です!」と答えるようにしている。 これは真理だと真面目に確信しているのだが、あまりに主観的すぎる …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー