FINANCE Stock

【4月の投資考察】 エネルギー価格の高騰が最大の懸念材料!

投稿日:

 

 

米国市場が、崩壊しかけています。

ダウもそうですが、特にナスダックの下げが激しくなっています。

 

昨日の下げは、Amazonの決算がダメダメだったことが主導していますが、もちろんこれだけではありません。

昨日だけでなく4月の下落率は、なんと13%で、リーマン・ショック直後の2008年10月以来の大きさとなっています。

 

長期金利の上昇が、重石になっていることは明らかです。

 

 

では、なぜ長期金利が急上昇しているのでしょうか。

それは、もちろんインフレが急加速しているからです。

 

特に、エネルギー価格の上昇率が飛び抜けており、前年同月比で3割を超える暴騰となっています。

 

ここまでエネルギー価格が上昇してしまいますと、家庭の負担が増すばかりでなく、物流コストも費用増となりますので、企業の負担も増してしまいます。

この物流の混乱は、エネ価格が落ち着かない限り続いてしまいますので、今期の波乱要因になりそうです。

 

 

 

一方、長期金利についても、ここから一段高になるのか注視が必要です。

 

米国10年国債金利は、現在、2.938%まで上昇していますが、辛うじて3%以内に留まっています。

この3%を突破してしまうのかどうかが、ポイントになってきそうです。

 

過去10年を見てみましても、最高は、2018年10月の3.261%です。

これを超えてしまうのかどうか、本格的な景気後退に陥るかどうかの瀬戸際ですね。

 

 

日本におきましては、緩和継続が決定されていますので、金利は低位安定しています。

よって、グロース株についても、米国ほど影響を受けないはずなのですが、現時点でもかなりダメージを受けてしまっています。

 

しかし、当然に世界経済の影響を受けますので、日本だけを見ていてはいけません。

経済大国1位の米国が景気後退、そして、2位の中国がロックダウンでこちらも景気減速となってしまいますと、もういけません。

 

そして、今は、ロシア・ウクライナ問題も継続していますので、余計に混沌としてしまっています。

インフレの主要因であるこの騒動がいつ収まるのかが、最大の焦点なのかもしれません。

 

 

本日で4月も終わりになりますが、相場は、かなり酷い状況に陥ってしまいました。

ここから、さらにセルインメイになってしまいますと、被害が拡大してしまいます。

 

こうなると、耐えきれなくなる投資家も増加しますので、追証、投げ売りが続出することが予想されます。

そうなると、下げ圧力がさらに高まってしまい、ここから2割〜3割程度下げる可能性もあります。

 

日経平均20,000円割れというところまで、覚悟が必要になるということになります。

ゾッとしますね。

 

願わくば、4月の下げは、セルインメイの先取りであってほしいのですが、どうでしょうか。

甘い願望なのでしょうね。

 

 


トレード日記ランキング

-FINANCE, Stock
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

損益度外視の投資もある【旅行業界を全力応援!】

  昨日で、概ね、怒涛の決算発表が終了した。 コロナ禍で、総じて良くない内容ではあるものの、今後に期待が持てるものや、意外に健闘している銘柄もあり、今後の投資戦略を練るうえで参考になった。   持ち株 …

【マザーズ暴落中】 下落局面の中、「サンアスタリスク」と復縁!

    本日の日本市場は、全面安の展開。 再び、下げモードに突入してきました。   特に、マザーズ指数は、3%近くも下げ、ついに1,000ポイント割れとなりました。 年初来安値の更新です。     先 …

【全部岸田のせい】 現政権が続く限り、日本市場が回復する可能性は永遠のゼロ!

    NYダウが、90年ぶりに8週連続下落ということで、弱気相場入りに突入かと言われています。 90年ぶりというのが、インパクトがありますが、途中、反発がないというのは、異常とも思えます。   この …

NTT再編への期待感ゼロ!【企業体質は簡単には変わらない】

  NTTが、NTTドコモを完全子会社にするようだ。 現在NTTは、ドコモ株を66.2%保有しているが、残りの33.8%の株式をTOBで取得する模様。   この報を受け、本日のNTTドコモ株は、ストッ …

早期退職募集を好機と捉えよう!

    企業の冬のボーナスが、減少傾向にある。 JR東日本が3割減になるとの報道があったが、大手・中小関係なく、今年の冬は懐事情が厳しくなりそうだ。   日本の商習慣では、ボーナスは生活給の一部になっ …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー