FINANCE Stock

IPO銘柄を見極め勝負に出る!

投稿日:

 

本日の日経平均株価は、前日比△156円と下落してしまい、残念ながら菅政権発足のご祝儀相場とはならなかった。

毎日新聞によると、内閣支持率は64%で、第2次安倍内閣発足時の52%を上回ったようだが、マーケットは冷たい反応だった。

 

結果的には、米国の緩和強化期待が後退したことや、ドル円が104円台に突入したことが重荷になったようだが、サプライズ的な要素がないことから、熱狂的な相場にはならないのかもしれない。

この相場の足を引っ張る一因は、旧態依然としたマスコミの存在なのかもしれない。

 

新首相初の記者会見で、記者たちの質問には唖然とした。

森友・加計問題、桜を見る会などについて、追加的検証を…」

 

えっ、こんな国難の時に、まだモリカケ桜をやるつもりなのか。

コロナでガタガタになった経済をどうするのか、失業・廃業した人たちへの対処はどうするのか、緊迫した国際情勢への対処は、香港・ウイグル問題は、朝鮮半島情勢は、そして拉致問題は…。

 

問題は山積みなのに、これらには全く興味はないのだろうか。

もはやどうでもいいモリカケ桜を続けることで、問題解決を遅らせたいのだろうか。

 

こんな状態を見ると、投資家はみな逃げてしまうだろう。

マスコミと野党が足を引っ張り、改革など到底できないだろうと。

 

菅首相は、こんなアゲインストな国内環境で大変だと思うが、安倍総理をずっと支えてきているので、慣れておられるだろうか。

慣れたくもないとは思うが、ここは総理の手腕に期待するしかない。

 

アベノミクスの継承はよいと思うし、デジタル庁の創設など具体的な施策も出てきているが、ここは不得意な分野と捉えられており、まだ旗幟を鮮明にしていない外交安保のビジョンを示してほしい。

中国とどう対峙するのか、経済への影響も大きく、世界からも注目されているので、はっきりと方針を示してもらいたい思う。

 

IPOラッシュが始まる

 

来週から10月中旬にかけて、13銘柄の上場が予定されている。

コロナ禍でしばらくIPOが中断されたが、再開後は、すべてのIPO銘柄の上場初値が公開価格を上回るなど、まさに絶好調で期待ができる。

 

しかし、本日上場の「雪国まいたけ」が公開価格を下回り、残念ながら連勝記録が途絶えてしまった。

勢いが止まったのは残念だが、この雪国まいたけは再上場の大型株なので、度外視してもよいと思う。

 

特にデジタル銘柄は、今後も買いが先行するだろう。

ここで気を付けないといけないのが、直近IPO銘柄からの乗り換えだ。

 

乗り換えが発生すると、一時的にも値は下がってしまうので注意が必要だ。

そして、銘柄によっては下がったまま浮上しないことも考えられるので、やはりIPOならすべてよしではなく、銘柄を選考することが大切だ。

 

現に、8月末に上場したニューラルポケットインターファクトリーも、勢いが陰ってきている。

特にニューラルポケットは、PERが800倍超となっているので、もう少し調整してもおかしくない。

 

しかし裏を返せば、この銘柄に魅力を感じていれば、この調整段階は絶好の買い場となる。

ここはしっかりと銘柄研究をしていきたいところだ。

 

 

 

 

 

-FINANCE, Stock
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

目指せ金融資産1億円!【2021年の目標設定】

  新年おめでとうございます。 今年は、このブログも2年目に突入するので、少しは気の利いた内容を記していきたいと思う。   それにしても、なんとなく、まだ新年を迎えたという実感がない。 年末からステイ …

年末年始は株三昧!【本日は損益通算のため調整日】

  本日は、年末年始休みに突入していることもあり、寄り付きから相場と睨めっこをしている。 12月の権利最終日ということもあり、損益通算も考慮に入れる必要がある。   日経平均株価は、11時現在、100 …

【コロナ5類へ検討使が検討】 エアトリなど旅行関連銘柄に思惑買い!

    本日の日本市場は、全面高の展開。 日経平均株価は、あと一息で28,000円回復でしたが、堅調な動きを見せていました。   世界市場においても、全面高となっており、一時の悲観相場からは脱却したよ …

【旅行関連株の覇権」 「エアトリ」 vs 「アドベンチャー」、軍配はどっち?

    本日の日本市場は、昨日に引き続き、日経平均下げのマザーズ上げの展開。 グロース株の見直し買いが入っている状況となりますが、これが、どこまで続くのかはまだ定かではありません。   ただ、上昇して …

銘柄研究 「Chatwork」 ~働き方改革を推進するリーディングカンパニーとなれるか~

    日本企業の生産性が、非常に低いと言われて久しい。 日本生産性本部から「労働生産性の国際比較」という調査研究が発表されており、2017年は、日本の就業者1人当たり労働生産性がOECD加盟36カ国 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー