FINANCE Stock THOUGHT

【御伽の国の日本】 コロナ対策も安全保障も、まるでダメ男!

投稿日:

 

 

昨日の米国市場は、続落。

雇用統計で雇用者数の伸びが市場予想を大幅に上回ったものの、プーチンが原発攻撃したことが重荷となった格好です。

 

外部要因で下落したものの、オミクロン型の感染収束で消費が回復する流れが続くいているようです。

 

欧米は、コロナ規制を緩和する方向に進んでいます。

 

英国は、イングランドでの、感染者の隔離義務を解除。

フランスは、飲食店などでの、ワクチン接種証明義務を解除。

 

イタリアでは、2年超にわたる非常事態を3月末に解除。

米国は、西部各州の学校のマスク着用義務を撤廃。

 

このように、欧米は、コロナに見切りをつけ、日常を取り戻しています。

 

 

それに引き換え、日本の対応はどうでしょうか。

蔓延防止の延長です。

 

いつまで経っても、効果のない、意味のない政策を繰り返しているばかりです。

 

分科会の中でも、この政策に合理性がないという専門家も出てきているようですが、医療系の専門家が、リバウンドする可能性が高いと、主張しているようです。

 

一度始めたら、やめられない。

やめる決断を誰もしない。

 

まさに、日本社会の悪いところです。

日本企業でも、このようなことが多く起こっています。

 

基本的には、誰も責任を取りたくないということですが、今回は、利権が絡んでいるので、さらに厄介です。

コロナが続いた方が得をする人が、いますからね。

 

情けない限りです。

 

 

 

話を、ロシア問題に戻します。

プーチンの暴挙に対して、どんな対策が打てるのかがポイントになっているのですが、日本政府は、相変わらず、「最も強い言葉で非難する」といった遺憾砲に終始しています。

 

こんな言葉だけの非難、何の意味があるのでしょうか。

 

ウクライナが遠い国であるから、こんな対応かと言えば、そうではありません。

北朝鮮のミサイル発射に対しても、同様の対処ですので、これが一貫した対策なのです。

 

平和ボケも、ここまでくると、滑稽で哀れです。

 

 

いや、日本は、平和憲法があるから、憲法9条があるから、戦争は起こらないだという妄想を抱いている人もいるでしょう。

「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼する」という、日本国憲法は崇高ですが、隣国はどうでしょう。

 

中国、ロシア、北朝鮮といった他国への侵略を辞さない国に、日本は囲まれているのです。

いかに、日本国民が平和を願っていても、隣国が争いを好んでいる以上、それは叶わない願いなのです。

 

日本だけが、いつまでも御伽の国で安寧としていられるはずがありません。

 

今回のプーチンの暴挙は、許されざる蛮行ですが、これによって、日本国が正常な国になることを願います。

 

 


トレード日記ランキング

-FINANCE, Stock, THOUGHT
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【世界同時株安】 ウクライナ情勢が終息しないと、世界恐慌にもなりかねない!

    今日も嵐が吹き荒れました。 日本市場は、日経平均・マザーズともに、大幅に下落してしまいました。   これで、日経平均は26,000円、マザーズは650ポイントまで下落してしまいました。 今週中 …

【年間投資戦績は16%プラス】 課題は損切りのスピード感!

    本日は大晦日。 東海地方は、昨年に続き、雪に見舞われています。   昨日、大掃除を終わらせておいて良かったと安堵しているのですが、車の洗車が出来なくて困っています。 もう、車も要らないってこと …

【ロシア経済好調持続か】 持たざる国、日本の未来を憂う!

    本日の日本市場は、一転して全面安の展開。 特にグロース株の下げがひどく、一進一退の状態が続いています。   なかなか、相場が落ち着きませんね。 今日の下げの原因も、米国の金融引き締め警戒などと …

【MonotaRO再戦】本日も大きく被弾するも、買いを継続!

    本日も、日本マーケットは、散々な結果となりました。 NYダウが大きく下げましたので、無傷とはいかないとは思っていましたが、案の定の被弾でした。   前場の引けにかけては、買い戻しもあり、日経平 …

【日本株が売られる理由】 無為無策の岸田政権を許容している国に、誰が投資するのか?

    本日の日本市場は、全面安の展開。 今日は上げる日だったと思うのですが、謎の下げを見せました。   先週末のNY市場の状況からすると、上がってないとおかしい状態なのですが、何が起こったのでしょう …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー