THOUGHT

カーボンニュートラルで、日本経済は衰退する!

投稿日:

 

 

本日、予定通りと言いますか、25日からの緊急事態宣言発令が決定されました。

東京は、令和のアルカポネとなった小池知事による、滅茶苦茶な対策が為されそうで、暴動が起こらないか心配になります。

 

日本においては、コロナによる死亡者は大した数ではありませんが、この緊急事態宣言の影響による死亡者の方が増えそうで、まさに政治の失敗の典型になりそうで、恐ろしくもあります。

病院の受け入れを増やすことに注力せずに、医師会の言いなりになって、愚かな対策をするという暴挙。

 

日本はこの先、どうなってしまうのでしょうか…。

 

 

そして、経済を痛めるもう一つの失策が、脱炭素の問題です。

政府は、2050年のカーボンニュートラルに向け、温室効果ガス排出量を30年度までに13年度比で46%削減する目標を設定してしまいました。

 

世界の潮流といえども、うまく載せられてしまった感があります。

どのように削減するのか、具体策がない中、コストアップ要因でしかありません。

 

 

そもそも、二酸化炭素と温暖化(異常気象)に、科学的根拠がない中、これが実現されたとしても、効果があるか不明なことがまずもって問題です。

 

そして、これをさておいたとしても、日本の二酸化炭素排出は、世界の僅か4%でしかあリません。

よって、血の滲むような対策をしたとしても、世界全体で見た効果はほとんどないということになります。

 

 

いや、でも、米国もコミットしているから、追従するしかないでしょ、という意見もあるかと思います。

しかし、いかにバイデン大統領が態度を表明したところで、最終的には、議会で承認されないと意味がありません。

 

石油産出国である米国にとって、国益に反することが議会で承認されるはずもなく、恐らくは否決されることになるでしょう。

そうなると、日本は、完全に梯子を外されることになってしまうのです。

 

 

あと、最大の問題点は、中国です。

根本的には、中国が世界の二酸化炭素の1/4を排出していますので、ここの対策なくして、問題は解決しません。

 

いやいや、でも、中国もコミットしていますよね、といわれるでしょう。

 

しかし、この国のいうことを、本当に信用できますか?ということです。

本当に、対策をすると思いますか?

 

 

そして、何よりも、中国のカーボンフリーは、2060年の達成目標になっています。

世界の国々が、2050年に設定しているのに、なぜ中国だけ10年も遅い設定になっているのでしょうか。

 

これを見ても、中国は、やる気がないことが分かるというものです。

世界各国が、脱炭素対策で四苦八苦して、経済が低迷するのを横目に、中国は二酸化炭素を排出しまくり、安い電力でもって安い製品をつくり、経済覇権を握る目算なのは、火を見るよりも明らかなのです。

 

いやはや、本当に、日本はどうなってしまうのでしょうか??

本当に、本当に、心配でなりません…。

 

 

-THOUGHT
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【週間投資成績】 利益確定すると資産が目減りする!

    今週は、めっきり寒くなりましたね。 夏から冬へ一気にモードチェンジしてしまいましたので、体調管理が大変です。   周囲でも、ゴホゴホしている人が散見されますので、気をつけないといけませんね。 …

【世界の潮流】 ウクライナ情勢長期化で、得をするのは誰か?

    ドバイワールドカップデー、日本馬が大活躍してくれました!   最高峰のドバイワールドカップこそ、チューワウィザードが2着と、昨年の雪辱を果たせませんでしたが、パンサラッサ、シャフリヤール、ステ …

【心の平安】 多様性とは名ばかりの統制社会!

    本日は、天気予報通り、一気に冷え込みましたね。 肌感覚では、冬の様相です。   ここまで一気に冷え込みますと、やはり、季節性の風邪に気をつける必要があります。 また、同時に、海外からの入国規制 …

祭日名を「新嘗祭」と改め、自虐史観から解放する!

  本日は、「勤労感謝の日」ということだが、勤労の何に感謝をすべきなのか、イマイチよく分からない。 働いて給料を貰えていることに感謝するのか、それだと、会社に感謝する日みたいになってしまい、しっくりこ …

【含み益課税という暴挙】 これはご祝儀相場どころではないぞ!

  明日4日、いよいよ岸田内閣が誕生しますが、マーケットとしては、今のところ歓迎していない様子が伺えます。 先週の日経平均株価は、5日続落となり、1週間で1,500円も下落する大暴落となっています。 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー