LIFE THOUGHT

【選挙に行こう!】 今、大きなうねりが、日本を変えようとしている!

投稿日:

 

 

本日は、参議院選挙です。

今後の日本国のあり方を問われる重要な選挙になりますので、投票に行きましょう!

 

期日前投票の数も、前回を上回っているようですので、注目が高まっています。

 

今回は、保守層がどう動くのかが焦点になっています。

保守系の新政党が多く誕生していますので、自民党からどれだけ票が流れることになるのか。

 

自民党としては、保守層の離脱はほぼ確実なので、無党派層からどれだけ票を勝ち取れるかがポイントになります。

そして、立憲がどれだけ落とすか、社民党が消滅するかどうかも気になるところです。

 

 

保守層は、今の岸田政権では、日本は保たないと考えています。

精神的支柱であった安倍さんが、もうこの世に存在しないという悲劇に見舞われ、さらに絶望的な状況に追い込まれています。

 

新政党は、現実的には未知数なところはありますが、期待感は大いにあります。

コロナ禍から脱却と、日本の安全が確保されるためには、今までの枠組みでは困難であることから、新たなアプローチが必要になっています。

 

この新たなアプローチを、保守政党である自民党が行うことができれば良いのですが、残念ながらそのような気配は感じられません。

このままでは、日本は立ち行かなくなるという危機感が、どこまで世論を動かすか、今はそれが大きなうねりとなって動いていると感じています。

 

 

テレビや新聞といったオールドメディアだけを見ていると、このうねりを感じることは出来ないでしょう。

メディアというものは、どうやら、日本がこのまま沈没していくことを望んでいるように感じてしまいます。

 

愛国者は、目の敵とされ、執拗にバッシングを続けます。

そして、それだけを目にする視聴者は、簡単に信じ込んでしまいます。

 

ありもしないことをでっち上げ、悪者にしてしまうことなど、メディアには簡単に出来てしまいます。

彼らは、自分たちが為政者であると、錯覚しているのでしょう。

 

 

しかしながら、今は、個人が情報を選択できる時代です。

自ら情報を取りにいけば、オールドメディアが発する情報が、真実かそうでないかは分かるはずです。

 

自ら考え、行動する。

このような人が増えれば、それが大きなうねりとなり、日本を変えることができるのです。

 

さあ、行動しましょう。

選挙に行きましょう。

 

そして、日本を変えましょう!

 

-LIFE, THOUGHT
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

愛知県知事が得意の『責任転嫁』策を打ち出した!【愛知県も緊急事態宣言の要請検討】

      愛知県の大村リコール知事には、呆れるばかりだ。 先日のブログに、緊急事態宣言の発令要請をする筈だと記したのだが、案の定、その動きをしだしている。   ついこの前までは、愛知県には緊急事態宣 …

【夏休みは旅行しよう】 コロナ陽性者数なんて、もう発表しなくていいから!

    本日の日本市場は、堅調な展開。 マザーズ指数は一服となりましたが、日経平均株価は上下動しながらも大きく上昇しました。   気になるのはグロース株です。 ここのところ堅調な動きを見せていましたが …

【安全宣言?】 英国が海外旅行を解禁!

    英国が、17日から、海外旅行を解禁することになりました。 感染やワクチン接種状況に応じて、各国の警戒度を、「緑・黄・赤」色に分け、感染拡大が落ち着いてきている緑エリアについては、帰国時の隔離を …

【ジェットコースター相場】 連日100万円単位で上下動、メンタル崩壊に注意!

    本日の日本市場は、大きく反発。 さすがに下げ過ぎ感が半端なかったですので、ここらで上がってくれないと困りますよね。   これが、反騰相場の幕開けになるかといえば、まだ気が早いということになるで …

熱帯夜でも快適に睡眠をとる方法【酷暑に負けない生活の知恵】

  連日の酷暑となっている。 40℃を超える地点も出てきており、命の危険も生じている。   この酷暑がいつまで続くのか、考えるだけでゾッとするが、少なくとも今週一杯は続きそうだ。 巣篭りに酷暑、とんだ …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー