FINANCE Stock THOUGHT

【自民党総裁選】 河野太郎だけはダメ!

投稿日:

 

 

本日は、台風一過、かなり暑くなっています。

久々に、朝、暑さで目が覚め、即エアコンを投入した次第です。

 

ただ、暑いからといって、温暖化がかなり進んでいるとの指摘には、どうも首を傾げたくたります。

河野太郎は、昨日の討論会でも、温暖化がかなり進んでいるので、再生可能エネルギーが必要と繰り返し言っていましたが、このかなり気温が上昇という抽象的かつ印象操作的な表現は、卑怯な言い方だと思います。

 

こう主張するならば、どれだけ気温が上昇しているかのデータを示さないといけません。

 

基本的に、河野氏は、抽象的な物言いが多いです。

 

年金も、税金で賄うべきと弱者の味方を装っていますが、では、どれだけの財源が必要なのか、つまり、消費税をどれだけ増税しなければならないのかという具体的なところになると、口を噤んでしまいます。

 

こういった人は、信用できません。

 

なぜ、彼が人気があるとされるのか、全くの謎です。

 

総裁選については、高市早苗さんを応援しているわけですが、最も重視すべきは、河野氏を総裁にしないことです。

 

河野、石破、小泉という、碌でもない3羽ガラスが政権を握ってしまったら、日本はとんでもないことになってしまいます。

彼らは、国の中枢にはいるべきでなく、外野が相応しい定位置なのです。

 

 

マーケットについても、河野氏が総裁になると、株が上がるとの記事を読んだことがありますが、これも全く謎ですね。

せいぜい、再生可能エネルギー関連株が恩恵を受けるぐらいで、経済全体では、マイナスにしかなりません。

 

原発を辞め、化石燃料を辞め、再生可能エネルギーだけにしていくと、電気料金は跳ね上がります。

となると、製造業を初め、日本の産業は衰退していきます。

 

そして、税負担を増やす政策により、個人負担は増大し、経済は悪化の一途を辿ることになります。

もう、ジ・エンドですね。

 

 

河野氏を応援している人は、彼の何が良くて推しているのでしょうか。

おそらく、深く考えていない人が多いのでしょう。

 

なんとなくで選んでしまっては、えらいことになりますよ。

彼が主張していることを、しっかりと理解して、見極めないと、日本は滅びます。

 

万が一、河野氏が総裁になろうものなら、自民党自体を応援できなくなります。

立憲民主も噴飯物ですが、どっちもどっちですからね。

 

そいならないよう、自民党員、また代議士の方々には、賢明な判断をしてもらいたいものです。

 

-FINANCE, Stock, THOUGHT
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【哀悼の意】 この喪失感、茫然自失の毎日。

  いまだ喪失感しかありません。 仕事をしながらも、ふとした時に、茫然自失してしまいます。   こんなにも悲しく、寂しく感じるのは、過去に例がありません。 身内の死でもないのに、いくら時間が経っても、 …

好調だったエアトリもついに下落! 【含み益は利益にあらず】

    本日の株式市場も、全般的に続落。 日経平均株価も、終値での3万円割れこそ防げたものの、日中は、400円安まで売り込まれる場面があった。   今週は、厳しい1週間となってしまった。 週初の決算相 …

【小ポートフォリオ維持】 「買いたい病」の禁断症状が…

    本日の日本市場は、日経平均・マザーズともに小幅に上昇。 祭日前ということもあり、盛り上がりに欠ける相場となりましたが、上昇で終わりましたので、ムードが悪くないようです。   そんな中、小粒とな …

VIX指数上昇で波乱の展開となるのか?

  昨日のNYダウとナスダックの急落には、肝を冷やした投資家も多かったかと思う。 急ピッチで上昇していたので、反動も出やすい局面ではあったが、不意打ちをくらった感があった。   それを受け日本市場がど …

百貨店の凋落!【復活の鍵は大胆なニッチ戦略か?】

  本日の日経平均株価は、2日続伸の131円高となった。 が、しかし、前場は500円を超える上昇になったものの、引けにかけて失速した。   さすがに、買われすぎとの判断で、買い方もビビってきたのではな …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー