FINANCE Stock THOUGHT

【相場転換】 選挙は買いの格言通りとなるか?!

投稿日:2021年10月14日 更新日:

 

 

本日は、日本市場は予想外の上昇でした。

ここのところの低迷ぶりを見ていたら、しばらくアカンだろうと思っていたのですが、こういう日もあるもんですね。

 

前日のNYダウが下げましたし、何かプラス材料があったわけではないので、なんだろうかと考えていましたが、思い当たる節が一つ見当たりました。

そうです、本日、衆議院が解散されましたよ。

 

 

まあ、今日だけの動きで推し量ることなど出来ないのは分かっていますが、ひょっとすると、立てたシナリオ通りの展開になるのかもしれないですね。

解散で上げ、投開票後に下げるというシナリオが。

 

岸田さんの国会答弁を聞いていても、盛り上がりようがないので、株も盛り下がる一方ですが、解散して、選挙活動が行われるとなると、多少は盛り上がるはずです。

投開票までは、あまり期間はありませんが、この期間に、再び、日経平均3万円奪還を果たしてほしいと願っています。

 

 

 

このシナリオ通りに戦略を練るとするならば、ここから、2週間の間に、高値になったところを売るという策が、上策ということになります。

そして、持株を売って身軽になっておいて、選挙後に暴落したところで、買いに入るというのが良いでしょう。

 

 

しかし、問題が一つあります。

この暴落が、いつ下げ止まるのかということです。

 

暴落して買ったとしても、その後も下げ続けてしまっては、損失が膨らむばかりです。

これでは、せっかくの上策も、愚策になってしまいます。

 

 

下げ続ける株はないので、過度の心配は必要ないのかもしれませんが、暴落時にマイナス要因が加味されてしまうと、その悲劇のシナリオも現実味を帯びてしまいます。

そして、この可能性が否定できないのは、やはり、コロナの感染再拡大です。

 

季節的にも、冬に突入していきますので、発生確率は高くなります。

 

これは、なかなか困りものです。

 

 

このコロナ再拡大を防ぐ方法は、治療薬の普及しかないのですが、違う方法もあります。

それは、インフルエンザです。

 

基本的に、ウイルスは一強ですので、インフルとコロナは、両雄並び立たずです。

昨年は、コロナが拡大しましたので、インフルは皆無でしたが、今年、インフルが勝てば、コロナは駆逐されるはずです。

 

 

奇策ですが、これも、戦略としては有りではないでしょうか。

話があらぬ方向へ逸れてしまいましたが、これでコロナが収束するならば、良策となるかもしれませんよね。

 

-FINANCE, Stock, THOUGHT
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

テクニカル分析の基本を紹介!【売買のタイミングを移動平均線で分析】

    新たな変異種が発見されたとのこと。 ブラジルから羽田空港に2日に到着した10~40代の男女4人が、変異種に感染していたことがわかり、これで国内での変異種への感染確認は計34人になったようだ。 …

RIZAPを買い増して撃沈したが、もう少し買い向かってみる!

    本日のマーケットは、日経平均もさることながら、マザーズも2%程上げたので、保有株の上昇を期待したのだが、期待に反し上げ幅は限定的となり、結果、10万円程のプラスに止まってしまった。 やはり、期 …

【5月は鬼門】 ポートフォリオ崩壊に耐え忍ぶ日々!

    本日の日本市場は、日経平均上げの、マザーズ下げという、お決まりの展開。 上昇銘柄数が、下落数を上回る、まずまずの状況なのでしょうか。   しかしながら、ポートフォリオは、全滅状態。 嵐が吹き荒 …

新規で、バリュエンスホールディングスに期待!

    6月に入り、早くも3週目を迎えますが、今週のマーケットはどうなるでしょうか。 先週末のNY市場は、比較的堅調に推移し、日経平均先物も29,000円台を回復していますので、月曜日は穏やかなスター …

【エアトリ3日続落】 どこまで下がるのか、底無し沼の展開!

    本日も猛暑日となりました。 ずっと暑いのですが、今年一番の暑さとなったのではないでしょうか。   いつまでこの状態が続くのか、ずっととなると耐えきれない人も出てくるでしょうね。 どこかで一息つ …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー