Home building HOUSING

モデルハウスはもう必要ない【住宅の営業パーソンはリストラ候補?】

投稿日:

 

現在、様々な業界でオンライン化が進んでいるが、住宅業界もその例外ではない。

今までは、モデルハウスやモデルルームにおいて、幻想の世界を演出する手法で需要を喚起してきたが、これからはそんなに単純にはいかなくなる。

 

注文住宅を建てようとすると、多くの人は、住宅展示場を訪れるだろう。

基本的に、モデルハウスは最高ランクの仕様でつくられているので、良いに決まっている。

 

しかし、どのハウスメーカーも同様に気合を入れてつくっているので、どれも良くて違いが分からない。

そこで、家づくりのコンセプトだったり、素材や設備面でのセールスポイントなどを、営業パーソンから聞いて判断することになるが、これもまた、みな良いことしか言わないので、違いが分からない。

 

そうなると、結局、決め手は営業パーソンの腕であったり、相性という属人的な要素となってしまう。

 

このように、住宅業界は、営業パーソンのウェイトが非常に高い。

そして、営業の報酬は歩合制のことが多く、1棟売れれば相応の金額が支払われる。

ということは、住宅価格には、この営業への高額な報酬も含まれているので、決して表面には出てこないが、割高になっていることは間違いない。

 

住宅に営業パーソンは必要か

 

モデルハウスで集客して、営業パーソンが売るという従来通りの販売手法であれば、営業は必要であろう。

しかし、オンライン化などで、販売の方法を変革していけば、必ずしもこれが必要なくなるはずだ。

 

というのも、会社側としても、営業パーソンに依存した販売は、好ましくないと思っている。

営業にも、売れる人、売れない人が当然存在する。

 

みんな均等に売れればよいのだが、残念ながらどちらかに偏ることが多い。

売れる人はどんどん売るし、売れない人は本当に全然売れない。

 

こうなると、売れる人に全面的に依存することになってしまうので、会社の経営としては不安定な状況となる。

この売れる人が、辞めてしまったら、たちまち住宅が売れなり、経営が傾いていまうのだ。

 

このように、前提として、会社は、営業に頼らない経営をしたいと思っているはずなので、このコロナ禍での様々な変化や改革は、本気で取り組むだろうし、これが軌道に乗れば元にもどることはないだろう。

 

だから、住宅営業に携わる人は、注意した方がよいと思う。

私は売れる営業だと自負している人は、危うい。

 

人格者であれば、会社も必要な人材だと判断すると思うが、増長していたりすると真っ先にリストラ候補となる。

もし、この業界で生きていきたいと考えているならば、至急、態度を改めた方がよいだろう。

手遅れになる前に。

 

徹底的な効率化で価格低減

 

今後の住宅業界の在り方としては、デジタル化によって無駄を省き、価格低減を図っていくことと思われる。

この際、価格的にネックになるのが、モデルハウス営業パースンになる。

よって、この2つがなくても成り立つような販売手法を確立できてば、価格低減は可能になる。

 

まずは、モデルハウスがなければ販売できないという、固定観念を打破する必要がある。

注文住宅は、設計図通りにつくることになるので、何かを複製する訳ではない。

 

よって、モデルハウスがあっても、それがそのままつくられる訳ではないので、特段なくても問題ないのだ。

今は、グラフィックデザインも高精度で作成されるので、実際のイメージはそれで充分だろう。

 

いや、それでも、質感は現物を確認したい、というニーズもあると思うが、これは実際に建てたお客さんの家を見せてあげれば済む話だ。

 

このように、モデルハウスをなくすことができれば、建築費用や維持費が必要なくなり、その分、相当程度の原価低減が実現できるはずだ。

そして、その方が、顧客にとってもメリットが大きいので、実現可能な施策となるだろう。

 

住宅業界も、このコロナ禍で大きく変わる。

この変化にいち早く取り組んだところが、勝ち組となる。

 

ここは、徹底してやった方がよい。

私も、現職なら、とことんやる。

 

もう一度、復帰しようかな…。

 

 

 

-Home building, HOUSING
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

住宅設計も新生活様式で【住宅はウイルスから家族を守る最後の砦】

6月の新設住宅着工戸数は、前年同月比12.8%減の7万1,101戸と、12カ月連続のマイナスと落ち込んだ。   内訳をみても、持ち家が16.7%減の2万3,650戸と大幅に落ち込み、11か月連続の減少 …

住宅アドバイザーの必要性【誰に相談して住宅を購入すべきか?】

    ブログを開始して早や半年が経過した。 すっかり日常化したので、この作業をやらないと、逆に落ち着かなくなった。   ひと昔前は、職業柄、住宅に関するブログを書いていたのだが、住宅業界を引退してか …

アパート経営の闇(終)【大手メーカーを信用するべからず】

  本日は、アパート経営の闇に迫る最終章。 前回まで、アパート経営を行う際の注意点をお伝えしてきた。   不動産は、その高額な価格もさることながら、専門的な要素が大きいことから、なかなか素人では判断し …

住宅ローン控除の期間延長に騙されるな!【控除額減額で実質増税が目的?】

  本日の株式市場は、日経平均株価は下落したものの、マザーズはやっと反発。 終値は、2.5%の上昇となり、やっと一息といなった状況となった。   ここのところの下げは、原因がさっぱり分からないのだが、 …

固定資産税は地味に負担大

    緊急事態宣言が解除もしくは解除間近ということで、日本各地で人出が多くなっているようだ。 日本は、5月23日時点で、感染数1万6,513人、死者数796人と奇跡的に少なく抑え込めているが、世界全 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー