FINANCE Stock

【優良銘柄】 「MonotaRO」を新規買い!

投稿日:

 

 

この土日は、久々に晴天に恵まれそうで、何よりです。

気候も良く、観光日和なので、どこかにふらっと行きたいところですが、インドア生活に慣れきってしまっていますので、あまり関係もないのかもしれません。

 

しかしながら、晴天であれば気分は良いものですので、この週末は、ご機嫌で過ごせるかと思います。

明日は、日本優駿ですので、こちらも楽しみです。

 

 

さて、今週の投資戦績を振り返ってみますと、先週比でプラス30万円となり、GW前の状態まで回復しつつあります。

中身を見てみますと、プラスになった要因は、「エアトリ」が好調だったことに尽きるわけでして、まさに一本足打法となってしなっており、まさにエアトリにおんぶに抱っこという、極めて不安定なポートフォリオになっていますので、立て直しが急務です。

 

中でも、もう半年以上も主力の一角となっている、「サンアスタリスク」と「エーアイ」の低迷は、目を覆いたくなる惨状となっており、そろそろ見極めが必要と認識しています。

この2銘柄は、過去には、それぞれ200万円以上の含み益が出るほど値を上げていたのですが、今では、その半値以下に陥っており、身動きが取れなくなっているのです。

 

高値覚えは、身を滅ぼすことにもなりかねないので、見切りをつけることが大切なのですが、なんともかんとも、執着心の方が勝ってしまいます。

しかししかし、このままただ手をこまねいていては、全体のパフォーマンスが上がらず、士気も上がりませんので、見切り売りをするか、もしくは、買い増して勝負を賭けるかを、来週中に決断し実行したいと思います。

 

 

その他、今週のトピックスとしましては、新規で、「MonotaRO」を仕掛けてみました。

まだ、200株しか購入していませんので、偵察程度なのですが、これから陣形を構築していけるか楽しみなところです。

 

MonotaROは、ここのところずっと下げ基調で、高値から3割も下げていたのですが、やっと、復調の気配が見られます。

昨日の日経の爆上げには乗れませんでしたが、ジワジワとでも、3,000円を奪還して欲しいものです。

 

超優良銘柄でありますので、これ以上の下げはないとみています。

最近は、ほとんど新興銘柄で勝負していましたので、新鮮味があってワクワクしています。

 

 

その他では、「グッドパッチ」に期待しています。

こちらも、来週には、3,000円を奪還して、突き抜けていって欲しいと願っています。

 

それでは、みなさん、良き週末を!

 

 

-FINANCE, Stock
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【貧打線確定】日本株は反発するも弱さ加減炸裂!

    本日のマーケットは、反発したものの、その勢いは極めて弱いものでしたね。 朝方は大きく上げたものの、その勢いは長くは続かず、終わってみれば、日経平均は159円高、マザーズは9ポイント高となりまし …

【金融所得課税を30%に】 高市さん、それはあきまへんよ!

  本日は、政局相場が継続し、マーケットはアゲアゲ状態に。 日経平均株価は、500円超の上げとなり、29,600円を回復しました。   さらに、現在、先物がさらに上昇し、ついに30,000円を回復して …

【今週の市場展望】 引き続き軟調な展開も、落ちるナイフを果敢に掴みに行く所存!

    本日は3連休の最終日。 正月休み明けのリハビリ期間も、終わりを迎えようとしています。   明日からが、実質的に仕事初めとなりそうですので、心機一転していかないといけません。 株も明日からが本番 …

MonotaROが、月次業績鈍化で株価急落⤵️

    自民党の高市早苗氏が、総裁選に意欲を見せているようです。 これは、久々に聞くグッドニュースです。   自民党内に人材がいない中、彼女は、数少ない期待できる逸材です。 個人的に、しばらく前から、 …

【日本市場暴落】 だが明日はきっと上がるはず!

    本日の日本市場は、大方の予想通り暴落し、日経平均株価の終値は、ほぼ安値引けの660円安となりました。 しかしながら、昨日のNYダウが、一時1,000ドル近く下げたことを考えますと、この程度で収 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー