FINANCE Stock THOUGHT

マザーズ銘柄は試練の時! 【今は黙って動かざること山の如し】

投稿日:

 

 

本日は、ひな祭りということで、家族で手巻き寿司を食した。

皆、食欲旺盛で、ネタの奪い合いとなり、あっという間にネタが尽きてしまった。

 

このように、食費がかかる一方になってきているが、食べたいだけ食べられるというのは、幸せなことなんだと思う。

最近、胃の調子が悪く、体調が芳しくないということからも、健康でうまい飯を食べられる幸せを、再実感しているところだ。

 

 

緊急事態宣言延長

 

さて、1都2府県の緊急事態宣言が、2週間程度延長されることとなった。

安全を期すとなると、もう際限なくなるのだが、これで経済がまた悪化し、困る人が多く発生してしまうことになる。

 

今のような状況であれば、緊急事態宣言発令の有無は、あまり感染者の増減に関係がないように思う。

解除された地域でも、何が変わったのか実感がない。

 

であれば、解除してしまえば良いと思うのだが、そこはやはり、オリンピック対策なのだろう。

オリンピックは、何が何でも行うつもりなので、それまでにやれることは、全てやっておくという算段だ。

 

つまり、あの時に解除したからオリンピックが出来なくなったと言われないように、リスクヘッジしているだけだ。

もう既に、国民の関心はオリンピックにはないのに、それに付き合わされている国民はたまったものではない。

 

もういいかげん、見え透いた政策はやめてもらいたいものだ。

オリンピックなんて、もうどうだっていいでしょう。

 

 

 

 

マザーズの不振が止まらず

 

本日の日経平均株価は、150円程上昇したものの、マザーズ指数は2%の下落となり、相変わらず、マザーズの凋落ぶりが激しい。

ここまで下がれば、もう下がらないだろうと思っても、さらにそこから一段安となってしまうので、一方向に進むときの株の恐ろしさを多くの人が体感しているのではないだろうか。

 

確かに、トレンドは転換してしまったように見えるが、下がり続ける株はないというのも鉄則だ。

しかし、一方で、一段安を回避し、資金を守るということも大切なことなので、一定のポジション調整はしたほうが良いのかもしれない。

 

現金比率を高め、機動的に動ける体制を構築する。

そして、ここぞというタイミングで、一気に攻めに回るのだ。

 

ということで、身軽になったポートフォリオは、銘柄による上下が激しかったものの、トータルでは25,000円のプラスと、無風な状態で終わった。

しばらくは、じっと我慢の展開になろうか。

 

動かざること山の如し!

 

 

 

-FINANCE, Stock, THOUGHT
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【7月相場や如何に】 夏枯れ相場になる前に、ビッグウェーブはやってくるか?

    本日の日本市場は、全面高の展開。 上げ幅が大したことはありませんでしたが、7割超の銘柄が上昇しました。   世界市場については、マチマチの状況です。 米国市場は独立記念日で休場ですので、大きな …

「ガッキーショック」はビットコインで発生?!

    本日は、東京市場においては、懸念されていた「ガッキーショック」はおこりませんでしたね。 みなさん、ショックではあるものの、祝福されているのでしょうか。   と思いきや、株式市場ではありませんが …

【理想的な展開】 「エアトリ」はがっつりホールドで攻めます!

    本日のマーケットは、どの指数も下落する全面安となりました。 日経平均も200円弱下げたのですが、なんとかかんとか30,000円はキープされたようです。   この辺りが、結構重要なところで、節目 …

【臨戦体制のススメ】 ネガティブな相場環境でも、積極果敢に指値を入れよう!

    本日の日本市場は、ほぼ横ばいの展開。 日経平均は僅かにプラスとなったものの、マザーズは僅かにマイナスとなり、これで3日続落となりました。   マザーズは、いつまで調整が続くのでしょうか。 ナス …

投資はエンターテインメント、楽しんだもの勝ちの世界だ!

  野村証券は、来年度入社の新入社員を、コールセンターに配属するらしい。 コロナ禍で対面営業が難しくなるので、顧客との接点がとりやすいコールセンターに配属して営業をするとか。   コロナ禍でどの業界も …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー