FINANCE Stock

【上昇の気配なし】 鳴かぬなら、鳴くまで待とう「エクサウィザーズ」!

投稿日:

 

 

本日の日本市場は、日経平均はほんの僅かに上昇したものの、マザーズはまあまあの下落。

相変わらず、グロース株をマザーズと言ってしまいますが、東証グロース指数よりもマザーズ指数の方が馴染みがありますし、指数の高低も分かりますので、仕方ないですよね。

 

なんか、市場再編したものの、形ばかりで、意味のないものだったように感じます。

 

ということで、マザーズ指数。

主力のメルカリが下落したことが、指数を押し下げたようです。

 

とは言っても、背景としましては、米国の長期金利が再び上昇し出したことにあるのでしょうね。

10年国債は、節目となる3%を超えてきていますので、グロース株にとってはアゲインストです。

 

おそらく、今夜のNY市場においても、ナスダックは下げるでしょうから、悪循環にもなりかねません。

週末は、SQでもありますので、余計に厳しいかもです。

 

 

それはさておき、肝心なのはポートフォリオなので、こちらがどうかと言いますと、主砲の「エアトリ」が続伸とはいきませんでしたので、厳しい状況です。

昨日、旅行関連銘柄が、ここから上昇気流に乗る、みたいなことを書いたのですが、どうやら1日天下に終わったようです。

 

昨日上げた関連銘柄は、本日、揃って反落しました。

なぜに、反発力がここまで弱いのか、理解に苦しみます。

 

コロナ禍は、既に終わったものと考えているのですが、世間の認識は違うのでしょうかね。

いつまで、規制を続ければ気が済むのか、いや、規制をした方が都合が良いのか、何か大きな力が作用してそうです。

 

 

あと、ポートフォリオで言いますと、エクサウィザーズが、さっぱり冴えません。

低位で張り付いてしまっていますので、一向に這い上がる気配が感じられません。

 

今年はこの銘柄で勝負すると、決め込んでいたのですが、含み損は、ついに100万の大台になってしまいました。

いつまで待てば良いのか、「鳴かぬなら、鳴くまで待とう時鳥」の心持ちでいないといけないのでしょうかね。

 

これが、「鳴かせてみせよう」であれば、買い増しするのでしょうし、「殺してしまえ」なら、損切りするということになりますかね。

 

しばらくは、家康の心持ちで臨みたいと思います!

-FINANCE, Stock
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

専業投資家への道! 【今週の投資成績はマイナス45万円と後退⤵️】

    いよいよ、ラグビーのトップリーグが始まる。 今年は、世界のスタープレイヤーが、日本の集結しているので、楽しみがいっぱいだ。   NZのボーデン・バレットをはじめ、もう日本人にはお馴染みのスコッ …

【エアトリ好決算】 コロナ禍でも旅行にGO!

    本日でお盆休みが終わる方が多いと思いますが、いかがお過ごしでしたか? ずっと雨でしたので、どこにも行けてないということになるのかもしれませんし、不要不急の帰省や旅行は自粛とお上が言っていること …

【マザーズ850P割れ】 政府のオミクロン株対策次第で、750Pまでの下落を覚悟!

    ゆったりとした気持ちでお茶を飲み、ホッと一息つけたと思ったのに…。 本日も、日本市場は暴落が続いています。   とりわけ、グロース株売りが加速化しており、マザーズ指数は、ついに850ポイント割 …

【日本市場は下げ放題】 エクサウィザーズは500円割れで、遂にワンコイン銘柄に成り下がる!

    本日の日本市場は、全面安の展開。 今週は、これで3連敗。   いつになったら下げ止まるのでしょうか。   世界市場は、ASEAN市場も全面安。 ロシアと中国は上昇するという、また奇妙な展開とな …

【ウクライナ情勢とマーケットの反応】 ここは「池乃めだか」流の落としどころを探るべき?

    本日の日本市場は、堅調な展開。 特にマザーズ指数が大きく上昇し、820ポイントまで戻ってきました。   今日から、市場が変更されましたが、大きな影響はありませんでしたね。 色々な規制がかけられ …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー