FINANCE Stock

日経平均全戻しで、ポートフォリオも15勝0敗と完勝!

投稿日:

 

 

本日のマーケットは、見事にV字回復してくれましたね。

NY市場が戻してくれたので、反発するのは当然だとしても、ほぼ全戻ししたことは大きな成果だと思います。

 

昨日のマーケットが、NY市場の倍近く下げたように、通常、日本市場は過剰反応してしまいますので、今までの定石であれば、本日は半値戻しに止まってもおかしくなかったのです。

そこを、全戻ししたということは、まだまだ、日本株も、期待が持てるのかもしれませんね。

 

 

返す返すも、昨日、売らなくて良かったと、安堵しているところです。

週末の独自考察では、ある程度、中期的な下落トレンドになることを予想していましたので、思い切って、一旦撤退するのも手だなと考えていました。

 

そこを何とか思い止まったのは、過剰反応して下げすぎるリスクがあることと、反発局面もあるかもしれず、ある程度戻したところで持分調整した方が得策ではないかと考えたためです。

それでも、衝動的に処分するという動きをしてもおかしくない状況だったのですが、何とかかんとか、無策の策をとレたことが勝因となりました。

 

 

まあ、勝因といいましても、これからどうなるかは分かりません。

明日、再び大暴落して、やっぱり昨日売っておけば良かったと後悔するかもしれません。

 

ここから先は、一寸先は闇となる可能性をはらんでいると思いますので、引き続き、慎重に動いていかなくてはなりません。

上ったことで浮かれていると、再び売り時を逸することにも成りかねませんので、増長することなく、対処していきたいと思います。

 

 

本日の投資成績

 

さて、肝心のポートフォリオの動向ですが、なんと、見事、15勝0敗と全勝となりました。

 

いやあ、こんなこともあるのですね。

全勝するなどということは、なかなか経験したことがないので、まあ気持ちが良いものです。

 

これは何も、私の保有株だけが良いわけではなく、全銘柄の9割近くが上昇しましたので、当然と言えば当然のことだったわけです。

 

ですので、星取表の成績だけでなく、総額でいくらプラスになったかが問われることになるのですが、肝心のそこは、全勝した割には、残念ながら、さしたるプラスにはなりませんでした。

要因としましては、マザーズが、日経平均ほど上昇しなかったということになります。

 

マザーズは、前日比1.24%の上昇に止まりましたので、マザーズ中心のポートフォリオもそれに連動し、1.5%増の40万円のプラスとなった次第です。

まあ、昨日、さほど下がりませんでしたので、差し引きはプラスとなったことで、良しとしましょう。

 

また、明日からに期待しましょう!

 

-FINANCE, Stock
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

マザーズ銘柄は試練の時! 【今は黙って動かざること山の如し】

    本日は、ひな祭りということで、家族で手巻き寿司を食した。 皆、食欲旺盛で、ネタの奪い合いとなり、あっという間にネタが尽きてしまった。   このように、食費がかかる一方になってきているが、食べた …

マザーズ絶好調!【売買代金は14年9か月ぶりの大きさに】

  菅官房長官が、本日、自民党総裁への出馬を正式に表明した。 「安倍総裁が全身全霊をかけて進めてこられた取り組みをしっかり継承し、さらに前に進めるために、私の持てる力を全て尽くす覚悟だ」とのことで、ま …

【今週の市場展望】 日経平均株価の安値メドは27,000円前後かな?!

    オミクロン(尾身クロン)株の問題で、今週の市場は、大荒れとなる見込みです。 日経平均先物は、27,850円まで下落していますので、明日も1,000円前後の下げとなることが濃厚です。   問題は …

【激弱日本株】 その原因は江戸時代にあった!

    今週の相場は、激動の展開となりましたね。 日経平均株価は、週間で700円安、マザーズは80ポイント安となりましたので、どちらかというと新興株の方が受難の週となったようです。   それでも、週末 …

【属国相場】 米国株回復も日本株だけ周回遅れの悲哀!

    米国の相場が、週末に盛り返してきました。 これで、米国市場は、オミクロン前を回復したようです。   相変わらず、株式市場においても米国一強となっています。 そして、日本は、こちらも相変わらず周 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー