FINANCE Stock

「損切は早く、利食いは遅く」に騙されるな!

投稿日:

 

 

本日の日経平均株価は、+521円の爆上げ。

対して、マザーズ指数は、△13ポイントの下げ。

 

あいかわらず、バリュー株が上がり、グロース株が売られる展開が継続している。

実に気に入らない相場が続き、耐えがたきを耐える状況となっている。

 

マザーズ相場全体が軟調なうえに、保有銘柄も、大きな下げを喰らっている。

先週末に決算発表したCahtworkが、ストップ安と撃沈。

 

金曜日のブログにも書いたが、あまりにセンスのない通期業績の発表を行ったので、危ういとは思いってはいたものの、まさかストップ安まで売られるとは…。

しばらくは、売るに売れない相場が続くと思う。

 

あとは、エーアイが15%弱も下げてしまった。

決算が嫌気されたのか、立会外分売の影響なのか分からないが、恐らくは決算が期待値以下だったことではないかと思う。

 

7-9月の増益率が、最終益ベースで前年同月比+9.8%と、増益率が鈍化したのだ。

売上も、前年同月比で8.7%増と物足りなさがあるのかもしれない。

 

とはいえ、製品開発も順調で、今後の成長力は十分あると思うので、下がったところは買い増したいと思う。

現在の株価水準は、直近高値から▲38%、75日線を割り込んだ状態なので、反転があってもおかしくない。

 

 

損切は早く、利食いは遅く

 

株式投資で成功するには、損切は出来るだけ早く行い、利食いは遅くするのが良いと、一般的に言われている。

確かに、その通りだとは思うのだが、利食いを遅くするということは、補足が必要だろう。

 

下がるのを恐れるあまり、上がったらすぐに売ってしまうようでは、利益は当然増えないし、そもそも、儲けるために株をやっているので、このような人は、向いていないので、早めに店仕舞いした方がよいだろう。

よって、ここでの問題は、どこまで遅くするのが妥当かということになる。

 

株が調子に乗って上がりだすと、どうしても欲が出て、まだまだ上がると考えてしまう。

そうすると、例え、買値から30%~50%上がっても、なかなか売れるものではない。

 

自分のルールをつくり、20%上げたら売ると決めていたなら、売り抜けられるかもしれないが、そうでないと、売るタイミングはどんどん遅くなりがちになる。

そうなると、「利食いは遅く」が格言のはずなのだが、利食いが遅すぎてタイミングを逸し、その後ズルズルと下がって売るに売れなくなるいうことになってしまう。

 

人間の欲は際限がないので、利食いは遅くなどと言っていると、恐らくダメだろう。

私自身も、何度となく、失敗している。

 

上述した、Chatworkもその典型だ。

買値は1,600円で1,000株持っており、10/21に2,624円をつけている。

 

実に、60%以上も利が乗っおり、その時点で売れば100万円の利益になる。

しかし、これが売れないのだ。

 

欲にかられて、ついつい、まだまだ上がると考えてしまう。

そして、売り時を逸して、決算跨ぎで失敗し、急降下爆撃を喰らってしまっている。

 

 

このようなことにならないよう、利食いは遅くなどと言っていてはいけない。

「利食いはほどほどに」、とか、「利食いは確実に」、といった格言に変えた方がよいだろう。

 

 

 

 

-FINANCE, Stock
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【哀悼の意】 この喪失感、茫然自失の毎日。

  いまだ喪失感しかありません。 仕事をしながらも、ふとした時に、茫然自失してしまいます。   こんなにも悲しく、寂しく感じるのは、過去に例がありません。 身内の死でもないのに、いくら時間が経っても、 …

「buy the dip(押し目買い)」が合言葉!

    本日の日経平均株価は、昨日の暴落と全くの行ってこいとなり、昨日の下げは何だったのだろうという展開となった。 これも、ダウとナスダックが持ち直してくれたおかげなので、まさに紙一重の展開といえよう …

【大博打】 どんな逆境でも、男は黙って買い増し!

    本日の日本市場は、反発したものの、力強さは欠いていました。 特に、マザーズは、下落する銘柄も多く、損失を拡大した人も多かったかと思います。   かくいう私も、損失拡大組でして、もう動いてはダメ …

グッドパッチ、まさかのストップ高サプライズ!【買い増しが…】

  マザーズが、調整モードに入ってしまった。 昨日、今日と2%前後の下げを喰らっている。   指数自体が1,300前後なので、2%といっても20~30ポイントの動きで、この数字だけ見ると大したことない …

【ポートフォリオ公開】 割安銘柄の「THK」を仕込み中!

    自民党総裁選が近づいてきました。 コロナ禍からコロナ後への重要な舵取りが必要になりますので、俄然注目が集まっています。   候補者による討論会が、連日開催されていますが、このような討論を聞いて …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー