Home building HOUSING LIFE

クオリティ・オブ・ライフ【住宅購入はもうしばらく待とう!】

投稿日:2020年10月3日 更新日:

 

ついに、地価が下落傾向となったようだ。

三大都市圏の全用途で、調査地点の44.6%が下落となり、東京・大阪・名古屋そろって下落地点数が上昇地点数を上回った。

 

昨年後半   今年前半
+2.5% 全国 △1.4%
+3.1% 東京圏 △1.6%
+4.7% 大阪圏 △2.2%
+2.0% 名古屋圏 △2.7%
+7.4% 地方4市 +0.7%

※地方4市は、札幌、仙台、広島、福岡

 

この下落は、コロナ禍によるインバウンドの減少が起因しているので、まあ仕方がないところだろう。

また、ここまで上がり続けた反動もあると思う。

 

商業施設の中でも、ホテルは壊滅的な打撃を受けているので、このエリアは相当下がっていると思われる。

ホテルからマンションに転用する動きもあるようで、状況は深刻だ。

 

このままインバウンドが消滅したままだと厳しいが、Go To トラベルキャンペーンでどこまで挽回できるかがカギとなる。

予算もスケジュールも限定的なキャンペーンだが、延長も含め対策の継続が必要だろう。

 

 

地方を見てみると、札幌は、上昇率は鈍化しているものの、+6.6%と好調を維持している。

これは、ひょっとすると、中国マネーが入ってきているのであろうか。

 

北海道は、中国人による土地の買占めが進んでいるようで、由々しき事態となっている。

これは、国家も絡んだ買占めの可能性もあり、このままでは本当に乗っ取られる危険性がある。

 

今のところ、何の規制もされていないようなのだが、このままで良いのだろうか。

あまりに、無防備過ぎやしないだろうか。

 

コロナ禍で、経済が痛んでいるこのような時期は、仕掛ける方としては絶好のチャンスだ。

特に、中国は今、国際社会で四面楚歌の状態に陥っているので、日本に対して、表面的に下手に出てくる一方で、土地を買い占めるという実力行使に出る可能性は高い。

 

日本は、中国との関係性をどうしていくか、その決断を迫られている状況であるが、この土地の問題、土地をいかに中国から守るかという対策を早急に講じなければ、内面から崩されてしまうだろう。

もはや、インバウンドどころの話ではない。

 

住宅地も下落

 

商業地だけでなく、住宅地についても宅地需要の減少により、三大都市圏は0.3%下落と7年ぶりのマイナスとなった。

こちらは、印象としては、よく6年間も上昇してきたなという感じだ。

 

少子高齢化で、今後、明らかに宅地需要は減少していく。

空き家問題も解決されておらず、今後地価が上昇するイメージは描きにくい。

 

加えて、コロナ禍による在宅勤務の拡大で、これからは住む場所も制限されなくなる可能性もある。

まだ、この在宅勤務の定着は流動的な面もあるが、もし恒久化されるようだと、好きな場所に住むことが出来るようになるので、これから住宅を購入しようと考えている方は、もうしばらく待った方が良いかもしれない。

 

何も、好き好んで土地の高いエリアで買うことはない。

土地は安いにこしたことはない。

 

その後の生活を考えると、住宅コストをいかに抑えるかで、生活の質はずいぶん変わる。

豊かな生活を送るためには、好きなことにお金をかけられるような生活設計が必要になる。

 

そんな選択が出来る時代が、もうそこまで来ていると願いたい。

 

 

-Home building, HOUSING, LIFE
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【塩野義ファイト!】 治療薬が完成すればコロナはもうただの風邪。

    熱狂のオリンピックも、本日で閉幕。 これだけ多くの競技を観戦したのは、今回が初めてだと思います。   開催前は、色々とありましたが、やはり、開催して良かったねということになりそうで、良かったで …

【電力逼迫は誰のせい?】 政府の無策のツケを、国民に払わせるな!

    今朝は、爽やかな朝となりました。 気温も適温で、涼しい風が穏やかに吹き、久々に清々しさを感じています。   四季のある日本の気候で、このような爽やかさ、清々しさを感じる日は、そう多くはありませ …

お医者さんはワクチン接種するのだろうか?【コロナワクチンは安全なのか】

    本日の最大懸念であったマザーズの暴落は、何とか避けられたようだ。 朝方は、11/11の二番底を割り込み、ついに底なし沼かと思われたが、何とか持ち直してくれた。   さすがに、75日線奪還とまで …

これからどのように働くか【判断基準はウェルビーイング】

  コロナ禍で、企業の働き方が大きく変わったが、働き手の仕事に対する考え方や感覚も大きく変化している。 在宅勤務の浸透により、家族と向き合うことが増えたことによる考え方の変化。 それに伴い、今後、どの …

ワクチンパスポート効果で旅行株は一段高へ!

    今週は、好調なマーケットとエアトリの上方修正の恩恵を被り、ポートフォリオが、久々に爆益となりました。 爆益と言いましても、億り人の方々のような規模では到底なく、200万円余りのプラスになった程 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー