FINANCE Stock

RIZAPを買って優待ゲット! 【権利落ち日に株価が上昇する珍事発生】

投稿日:

 

 

時が経つのは早いもので、いつの間にか桜の季節が到来している。

場所によっては、早くも葉桜となっているものもあり、まさに瞬く間に過ぎ去ってしまうようで、ゆったりと桜を鑑賞する暇もない。

 

昨年に続き、今年も、コロナ禍での花見となるので、物理的にもゆったりとした見物はできず、また精神的にもゆったりとした心持ちにはならないので、余計に慌ただしく過ぎ去っていくのだろうと思う。

桜を愛でるという、年に1回の楽しみも奪われてしまい、悲しく、また寂しい限りだ。

 

そして、いよいよ明日で年度末。

4月は、新たな門出となり、新入生、新入社員となる方達は、希望を胸にその時を待っていると思う。

 

このような若者たちの希望こそが、未来への人類の希望となるので、我々ベテラン勢は、ぜひ支えとなるべく努めていかなければならない。

コロナなんかで悲嘆に暮れている場合ではないと、自らを叱咤激励したい。

 

 

女性医師とハイスペック男性のための結婚情報サービス【女医プレミアム】

 

 

本日のマーケット動向

 

今日は、3月期決算企業の権利落ち日であったが、日経平均、マザーズともに小幅に上昇した。

配当や優待狙いの短期投資家にとっては、願ってもない展開となっただろう。

 

かくいう私も、実は、優待狙いで昨日1銘柄購入した。

それは、RIZAPグループ(2928)だ。

 

 

このRIZAPは、以前に保有していたのだが、経営不安があり今まで遠ざかっていた。

これが直近では、経営合理化を図ったことで黒字化が見えてきており、再び浮上の兆しを感じたので、参戦の機会を窺っていたのだ。

 

しばらくは指値に届かず買えなかったのだが、昨日やっとささり、優待の権利も取得できた。

これで、久々に、どろあわわでも頂戴しようと目論んでいる。

 

そして、このRIZAPの今日の展開は、寄り付きは7%超の下落となり絶望的になったのだが、終値は何と1円高とプラス引けとなった。

こんなことってあるのかと訝ってしまうが、まあ最近は何が起きても不思議じゃない相場が続いているので、考えても仕方がにことなのだろう。

 

ということで、ここからこの銘柄について、どの程度の陣形をつくっていくのか、考えていかなければならない。

勝負をかけるのか、一旦は優待狙いに止めるのか…。

 

今のところ、勝負をしたい誘惑にかられているのだが、どうしたものか。

近日中に、答えを出したいと思う!

 

 

 

-FINANCE, Stock
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【政局相場】 衆議院選挙選突入で、日経平均株価は3万円超えを目指す!

    本日の日本市場は、中規模ながら全面高となりました。 本日は、衆議院選挙の公示日でしたので、まさに選挙相場の面目躍如といったところでしょうか。   ここから、月末までが勝負です。 この期間中に、 …

【朗報】 「エアトリ」が予想通り大幅高を演出!

    本日も、マーケットは上昇し、ついに終値で30,000円を超えました。 昨日は、惜しくも届きませんでしたので、校長を持続させるためにも、今日が勝負だと思っていましたので、無事クリアしてくれた安堵 …

【脱炭素政策の撤廃】 待望、共和党政権の誕生!

    本日の日本市場は、久々の反発。 世界市場においては、欧州を含め下落しているところが多いようです。   日本市場は、上昇したとはいえ、テクニカル的な反発に過ぎないのでしょう。 米国の金融政策が引 …

【コロナ茶番の終焉】 株価暴落を止めるにも、一刻も早くコロナを5類にすべし!

    本日の日本市場は、再び全面安の展開。 昨日の上げは何だったのか、本当に束の間の休日になってしまいました。   しかも、ポートフォリオの損害が甚大です。 エクサウィザーズは9%超の下げ、エアトリ …

【オムクロン株発生】 日本のお粗末な水際対策で第6波到来か!

    米国市場も、大きくやられましたね。 世界的に不安心理に高まっている状態ですが、果たして、この状態がどこまで続くのでしょうか。   また、日経平均先物を見てみると、1,000円近く下げていますの …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー