Work

本当の働き方改革って何??

投稿日:2020年5月15日 更新日:

昨年4月30日のブログをコピーしてみました。

平成最後の日となった。
今思うと、高校、大学、社会人とあっという間に過ぎ去った感がある。

令和はどんな時代になるのだろうか。
戦争のない平和な時代であってほしい。
そして、穏やかに過ごせる日々であってほしい。

企業においては、働き方改革が加速するであろうか。
在宅勤務、フレックス、残業削減等、平成最後に多くの施策が実行されてきた。
そして今年は、大企業において有給5日以上が義務化された。

しかし、最も大きな働き方の課題は何かと考えると、やはり、異動(転勤)問題ではないだろうか。
社員の意思に関係なく、異動を命じられ、拒否すれば退職を余議なくされる理不尽な制度。

確かに、雇用契約に記載されていると言われればそれまでだが、暮らす場所を一方的に変えさせられる理不尽なもので、人権侵害に当たるのではないかとも思う。

雇用する側もされる側も平等であるはずであるが、この点においては不平等極まりない。
これが飼いならされる弊害、社畜といわれる所以であろう。

しかも、単身赴任ともなればなおさら深刻な問題だ。
会社の一方的な命令で、家族が離れ離れになるのである。
もうここまでくるとですよね。

でも、まれに、単身赴任ウェルカムの人もいる。
子育てがめんどい、自分の時間が欲しい、自由になりたい等、理由は様々。
こういう人もいるから議論が深まらない。

価値観の違いだから、もちろん非難するつもりはない。
が、自分を含め家族と一緒にいたい人にとっては、これは苦痛以外の何物でもない。
耐えがたい日々、まさに地獄である。

子供と一緒に暮らせる日は限られている。
日々成長する我が子の姿を見られないなんて…。

この生活を奪われるんですよ。
異動命令で。

この制度を無くさずして、何が働き方改革だと思ってしまう。
これが嫌なら辞めるしかない社会。
令和の時代は、こんな理不尽なことが起こらない時代になってほしい。

それには、現役の我々が声高らかに「NO」をつきつけなくてはならない。
例えそれが無駄死にになろうとも、尊厳を守るために。

それが道ではないか。
危ぶむなかれ、いけば分かるさ(笑)

-Work

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

アフターコロナでは企業の栄枯盛衰が加速化する!

  今年は、コロナに始まり、コロナに終わる(継続)ことになったが、大晦日ということもあり、1年を振り返ってみたい。   コロナウイルスは、感染当初こそ、その未知なる恐怖からパニック状態となったものの、 …

中間管理職の9割は必要ない【管理職を廃止して生産性を高めよう】

    日本企業の生産性が低いのは、なぜだろうか。 それは、時代遅れの「縦割り組織」が大きな原因となっているのではないだろうか。   なかでも、問題なのは中間管理職の存在。 自分では何も仕事をしないく …

銀行は中小企業の真の救世主となるか?

  ついに、銀行が、会社を経営する時代になった。 後継者難の中小企業が廃業するのを防ぐため、銀行が自ら受け皿ファンドを創設し始めたのだ。   りそな銀行は、ファンドを設立し、事業承継先が見つからない取 …

サラリーマンの悲哀!【尊敬できる上司に巡り合う確率は天文学的確率か?】

  本日の相場のトピックスは、何と言っても、マザーズだろう。 昨日の急落の勢いのまま、前場は真っ逆さまに急降下。   その勢いは誰にも止められず、鉄壁の防御線であった75日線をあっさりと突破した。 し …

アフターコロナ時代の勝ち馬に乗る方法!

東京ラブストーリー2020、ご覧になった方も多いはず。 思春期に元祖版を見た世代としては、懐かしさを感じるとともにどのような時代変化があったか気になることろだ。 リカとカンチをめぐる物語の展開は元祖を …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー