FINANCE Stock

日中関係悪化により、株価は暴落し続けるのか?

投稿日:

 

 

本日は、皆さんも同じだと思いますが、やられましたね。

ようもここまで売られるなというところまで売られ、まさに泣きたくなる展開になってしまいました。

 

先週、3桁万円やられた傷がまだ癒えぬ間に、さらにおっかぶせて来る嵐に、なす術がありません。

かろうじて、数銘柄を買い向かうという抵抗を見せただけで、見せ場が終わりました。

 

いや、それは見せ場にもなっていませんね。

焼石に水、被害拡大といった方が良いでしょうか。

 

 

しかしながら、下がったものは、いずれは上がるしかないわけですので、このあたりは長い目で見れば、買い場になるのではないかとも思っています。

でも、あくまで長い目で見てということですので、短期的には厳しいのかもしれません。

 

 

問題は、この下げは何が要因かということです。

 

これは、コロナ感染拡大による緊急事態宣言発令が、まずもっての原因なのでしょう。

今回は、休業要請など厳し目の対策になりそうですので、経済の下押し要因になることが嫌気されているわけです。

 

この理由であるならば。もちろんネガティブ要因ではあるものの、もう何度も経験してきたことですので、それほど恐れることはないのかもしれません。

こういった時は、実際に緊急事態宣言が発令されるのをきっかけに、上昇するということも予想されます。

 

よくある、「噂で買って、事実で売る」、の逆バージョンです。

 

 

このコロナ要因よりも根深い問題が、中国問題です。

日米共同声明により、日本においても、対中戦略が明確になったことで、対中関係が悪化することが懸念されています。

 

多くの日本企業は、好調な中国経済に依存していますので、対中関係が悪化すると、これら日本企業へのマイナスの影響が計り知れないほど出てしまいます。

これは、致命傷といえる程のインパクトがありますので、当然に株価への影響も大きくなります。

 

 

株価下落が、この問題が真の要因だとすると、ちょっと深刻です。

なぜなら、この問題は、いつ結論が出るのか分からないからです。

 

杞憂に終わるかもしれませんし、経済戦争にまで発展するかもしれません。

 

先程の、「噂で買って、事実で売る」という原理原則に当てはまると、噂の状態がずっと続くわけですので、そうなると、その間ずっと売られ続けることになってしまいます。

浮上のきっかけを掴めないまま、ダラダラと株価が下がり続けることになってしまうのです。

 

これは怖いですね。

そうならないことを祈るばかりですが、どうなるでしょうか…。

 

おいしい生鮮のネットスーパー「perrot(ペロット)」

-FINANCE, Stock
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ファーストリテイリングは、ウイグル人権問題への対処で凋落してしまうのか!

    本日のマーケットは、指数的には新興も含め全面高となりましたが、日経平均株価は59円高と小幅な上昇に止まりました。 日経平均が伸びきれなかった原因は、いつもの値嵩株御三家であるファーストリテイリ …

ザワつき始めたマザーズ市場はそろそろ転換期を迎えるか?!

  本日の日経平均株価は107円高となり、4日続伸した。 マイナスになる場面もあったが、後場に盛り返し、引き続き絶好調の様相を呈している。   東証1部全体でも、7割超の銘柄が上昇しており、昨日よりも …

【相場暴落】 変異株リスクが旅行関連株直撃も「エアトリ」を買い増し!

    本日の日本市場は、大きく崩れてしまいましたね。 NY市場が休場なことと、週末という状況から、下げるとは予想していましたが、ここまで下げるとは思いませんでした。   日経平均株価の終値は、747 …

【1日天下】 昨日S高のエクサウィザーズ、今日は安値引けの通常運転!

    本日の日本市場は、日経平均株価は上昇したものの、上値の重い展開に。 昨日の米国市場が上昇したことでプラス圏での推移となりましたが、今夜の米国CPIがどうなるかが、どうやら気になるようです。   …

住宅ローン控除の期間延長に騙されるな!【控除額減額で実質増税が目的?】

  本日の株式市場は、日経平均株価は下落したものの、マザーズはやっと反発。 終値は、2.5%の上昇となり、やっと一息といなった状況となった。   ここのところの下げは、原因がさっぱり分からないのだが、 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー