FINANCE Stock THOUGHT

【株価暴落】 気分は「Tomorrow never knows」

投稿日:

 

 

『止まることを知らない暴落の中で、いくつもの移り行く株価を眺めていた。

 幼すぎて消えた帰らぬ高値の面影を、暴騰する海運株に重ねたりして…。』

 

今日の株価を見ていたら、自然と「Tomorrow never knows」を 口ずさんでいました。

 

 

日本株ばかり、あまりにもやられ過ぎです。

NY市場がいくら上昇しようとも、最高値を更新しようとも、日本株は下がり続けています。

 

本来であれば、今日は少なくとも半値戻しはあっていい状況です。

それなのに、相変わらずの寄り天で、最後は続落で終わるという体たらくです。

 

 

また、マザーズにいたっては、さらに重症です。

昨日の3%の下げに続き、本日は2%の下げです。

 

もう1,000ポイント割れ寸前まで、来てしまいましたよ。

おそらく、明日は軽く割り込むのでしょうね。

 

 

それもこれも、原因は、政府のコロナ対策の不甲斐なさでしょう。

いつまでも、中途半端な自粛頼みですので、全く期待も希望も持つことができません。

 

ついには、緊急事態宣言下でありながら、4−6期のGDPがプラスになるという皮肉。

緊急事態宣言下であれば、普通ならマイナスになるはずなのですが、多くの国民は、呆れて無視しているという状態です。

 

 

しかしながら、結局は、これも中途半端です。

国民は、この宣言にはとうに白けており、従うつもりもないのですから、意味のない宣言など出さなければ、もっと回復したはずなのです。

 

さらに、指定感染症を2類から5類に変更すれば、医療逼迫など起こりませんので、なんの問題もないはずです。

一体、このコロナで何人の人が死んでいるのか、ということです。

 

 

コロナ陽性者が増えているという報道ばかりが目立ちますが、8月に入ってからの死亡者数は、16日までの平均で15人です。

2ヶ月前の6月初旬は、100人を超えていましたので、激減しています。

 

また、日本全体で、平均1日4,000人くらいは亡くなっていますので、そのうちの15人という数字は、どのようなものなのでしょうかね。

これで大騒ぎし続ける理由が、分かりません。

 

 

こんなさざ波程度のことで騒ぎ続け、経済的に行き詰まったり、精神的にダメージを受け、自殺者が増えるなど、本末転倒と言わざるを得ません。

こうなると、全くもって人災と言えますので、政府とそれを煽り続けるメディアの罪はかなり重いですよね。

 

こんな国に投資したいはずもありませんので、株価が下がり続けるのは、必然と言えるのでしょう。

悲しい限りです。

 

 

 

-FINANCE, Stock, THOUGHT
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【コロナ禍ならぬ岸田禍】 グズグズと賞味期限切れの政策を続ける愚!

    コロナ陽性者が再び増加してきたと、また政府、医師会が騒ぎ出しています。 いつまでこの茶番を続けるつもりなのか、全く呆れるばかりです。   もう新型という冠を外した方が良いですよね。 コロナウイ …

コロナ感染対策は、マスクだけでは不十分!

    今日から、愛知県でも、百貨店などへの休業要請が始まりました。 各社の対応を見てみると、全面休業と言うわけではなく、一部店舗の休業となるようです。   以前から議論されている生活必需品の捉え方が …

【岸田禍の悲劇】 「岸り人」が続出し、日本は焦土と化す!

    先週、下げに下げた日本市場、今週はどうなるでしょうか。 日経平均株価は26,000〜27,000円、マザーズは680〜780ポイントあたりの、ボックス相場となるかなと考えています。   問題は …

2021年の相場展望【デジタル銘柄の復権はあるのか?】

    昨日の大幅高もあり、本日の前場は、さすがに軟調な展開のようだ。 本日で2020年のマーケットも終わりとなるが、今年はコロナに始まり、コロナに終わる相場となった。   といっても、前半戦は、記録 …

オリンピック開催より優先すべきは少子化対策だ! 【児童手当を廃止している場合ではない】

    オリンピックを巡る森会長の発言が、波紋を呼んでいる。   まずは、「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」という失言。 この人は、以前から暴言癖があり、何かと問題のある御仁だ。   中 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー