FINANCE Stock

【SWIFT砲発射】 ウクライナ情勢と今週の投資戦略!

投稿日:

 

 

ウクライナ情勢が混沌としていますが、ロシアの侵略も停滞しているようです。

ロシアの勝ち目は電撃戦なので、停滞してくるとどんどん形勢が変化してきそうです。

 

兵力で圧倒しているものの、兵站が伸びきっていますので、長期間の維持は困難になってきます。

同時に、国内外の世論が、反戦、半プーチンに傾いていきますので、政権瓦解という事態も起こり得ます。

 

 

西側諸国としては、軍事介入はできないまでも、武器供与を継続することで、戦局に影響を与えることができます。

今まで、武器供与に消極的で、ヘルメットしか供与していなかったドイツも、ついに武器供与に踏み切りましたので、潮目が変わってくるかもしれません。

 

 

今回のプーチンの暴挙を許せば、今後も際限無く仕掛けてくるでしょう。

現に、アイヌ民族は、ロシア民族だと主張していることから、同様の手段で北海道が侵略される可能性だってあるわけです。

 

そんなこと起こるわけがない、と言われるかもしれませんが、そんなことが、現にウクライナで起こっているのです。

この現実から目を背けていては、ほんとに国が危うくなります。

 

憲法9条があるから守られている、というのは神話に過ぎません。

 

 

 

さて、今週の日本市場はどうなるでしょうか。

先物を見る限りでは、上昇しそうな勢いですが、SWIFTがどう影響するかですね。

 

インフレ懸念から、再びリスクオフになってしまうのか。

あまり影響がないとして、リスクオン継続となるのか。

 

 

いずれにしろ、個人的には、投資戦略の変更は今のところ考えていません。

安いところは、地道に買っていくだけです。

 

あとは、もし利が乗ってきたときにどうするかですね。

当初の目標価格まで粘るのか、不透明感が続く懸念から、早めに利確するのか。

 

これは、今後の情勢を見極めながら、随時決めていくしかなさそうです。

 

とにかく今は、ウクライナのために、祈るしかありません。

 

 

個人としては、祈ることしかできませんが、楽天の三木谷さんは、10億円寄付するそうですね。

彼のことは、あまり好感が持てないことが多いのですが、いち早くこのような行動に出られたことは、素晴らしいと思います。

 

経済界の重鎮方は、どう行動していくのでしょうか。

 

そちらの方も、注視していきたいと思います。

 

 


トレード日記ランキング

-FINANCE, Stock
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

そろそろ損益通算すべきか考えどころ!

    本日の日経平均株価は、43円安と反落したが、東証1部の騰落数は半々程度と、昨日に続いて膠着状態となっている。 マザーズ指数は、若干上げたものの、主力のサンアスタリスクが大きく値を下げ、本格回復 …

【バイデン訪日】 防衛費増額で米国に貢献!

    本日の日本市場は、全面高の展開。 まだまだ反発力は弱いものの、日経平均株価は、27,000円を回復しました。   しかしながら、この株高の動きは、世界的なものではなく、ASEAN市場は下落が目 …

【先回り買い銘柄】 原発関連の「日本製鋼所」、いつかブレイクするはず!

    本日の日本市場は、また下がってしまいました。 今日こそはと、期待していたのですが、またダメでしたね。   これで、日経平均は4日続落、マザーズについては6日続落となってしまいました。 止まるこ …

【自動車業界の未来】 ゲームチェンジを目論む海外勢を撃破すべし!

    今年は、どの業界が目玉になるのでしょうか。   巷では、自動車関連が盛り上がるのではないかとの噂が飛び交っています。 確かに、トヨタ自動車株は、ここのところ好調で、この下落相場でも、堅調さを見 …

【日本製鋼所、業績修正発表】 悪材料出尽くしで、明日の株価は上昇か?!

    本日の日本市場は、日経平均株価は上昇したものの、買いの勢いは続きませんでした。 マザーズについては下落してしまいましたので、全般的にも力強さは欠いてしましたね。   世界市場については、アジア …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー