LIFE THOUGHT

【コロナ禍の終焉】 それでもワクチンに固執する謎!

投稿日:2022年4月29日 更新日:

 

 

今日から、GWに突入です。

朝から、至るとことで高速が渋滞しているようで、やっと、日常のGWに戻ったということでしょうか。

 

今回は、コロナ規制をしないと政府が公言していることから、より多くの国民が動く動機になりました。

やはり、お上の言葉に従順な国民性なのだということが分かりますね。

 

 

しかし一方で、規制をしないと言いながら、ワクチン接種を懸命に呼びかけています。

もはや、世界はウィズコロナに移行しており、ワクチンもマスクも撤廃しているのに関わらずです。

 

これは一体、どういうことなのでしょうかね。

 

流石に、3回目の接種は、いかに従順な日本国民でも相当鈍るだろうと思っていたのですが、もう半数を超えたようです。

全く信じられない状況です。

 

 

もし罹ったとしても、無症状か軽症のこの風邪ウイルスに、そもそも何故にワクチンが必要なのでしょうか。

なおかつ、短期、中長期含めた副反応の悪影響があるにも関わらずですよ。

 

そして、そもそも何に効用があるのか、はっきり分からないシロモノです。

罹りにくくなるのか、重症化しにくくなるのか。

 

さらに、今のワクチンは、武漢株用のものです。

これだけ変異しているのに、従来のままのワクチンを使用しているこの矛盾はどう説明できるのでしょうか。

 

あのインフルエンザワクチンでも、毎年、株を変えていますよね。

 

インフルエンザワクチンが効果があるかどうかは別にしても、ワクチンの概念が崩壊していることに、誰も疑問を抱かないのでしょうか。

 

 

そしてそして、ワクチンの有効保存期間が、どんどこどんどこと延長され、今では1年間有効だそうです。

 

もう何が真実が、分からくなっています。

 

 

さらには、4回目は、60歳以上と、18〜59歳の基礎疾患のある人に、限定されることになりました。

3回目と4回目の違いって、一体なんなんでしょうか。

 

もう迷走しているというか、矛盾を隠せなくなってきています。

 

 

こんな状態なのに、なぜ人々は接種しようとするのでしょうか。

 

それは、おそらく、無料だからでしょう。

タダだから、みんな打つんです。

 

これが、有料だったら、ここまで多くの人が接種するでしょうか。

 

しないですよね。

 

 

こう考えると、全くの税金の無駄遣いだということが分かると思います。

 

そして、この利益が特定のどこかに流れているということです。

 

これが、このワクチンのカラクリです。

 

 

 

 

-LIFE, THOUGHT
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

株式投資は人生の目的となり得るか?!

    本日は、家の大掃除の日。 そう前から決めているのに、まだ誰も起きてこない。   年末だから大掃除するという時代でもなくなったのかもしれないが、何となく大掃除というイベントを行わないと、気分的に …

「うま娘」がブレイクしたサイバーエージェント株が堅調!

      本日は、あいにくの雨模様。 ここ最近は、日曜になると雨が降るので、競馬ファンにとっては予想に影響が出ることになる。   また競馬かということになるので、今日はレース予想は控えたいが、競馬繋 …

【ゲームチェンジャー現る】 これで日常生活を取り戻せる!

    紅葉の秋、お出かけ日和、秋の味覚など、この季節は1年を通して最も気候が良く、まさに楽しみの多い季節なのですが、依然としてコロナ禍により行動が制約されており、身動きが取れません。   感染者が劇 …

【エネルギー価格暴騰】 電気代が年間60万円、こんな世界で生活が出来ますか?

    本日の日本市場は、再び全面安の展開。 前上場銘柄の7割が下落する、まさに全面安となってしまいました。   やはり、目先は下落傾向に歯止めがかかりませんね。 米国市場が落ち着かないうちは、日本株 …

コロナ感染対策は、マスクだけでは不十分!

    今日から、愛知県でも、百貨店などへの休業要請が始まりました。 各社の対応を見てみると、全面休業と言うわけではなく、一部店舗の休業となるようです。   以前から議論されている生活必需品の捉え方が …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー