FINANCE Stock

【投資の鉄則】 売りは含み損銘柄から行うのが吉!

投稿日:

 

 

本日のマーケットは、日経平均は一服感があったものの、マザーズはしっかりと続伸してくれました。

これでやっと、相場は落ち着きを取り戻したでしょうか。

 

今回も、かなり恐ろしい目に会ってしまいましたが、相場とは怖いもので、下がる時は、永遠に下がり続けるのではないかとビビってしまいます。

逆に、上がり出すと、このままずっと上がり続けるのではないかと錯覚してしまいます。

 

 

やはり、相場とは、メンタルの戦いだと、つくづく思い知らされます。

極端に上下に振れた時に、いかに冷静でいられるかが、勝負の別れ目ということになってきます。

 

できれば、下がった時に、勇気を出して買えるのが良いと思うのですが、これはなかなかできる事ではありません。

これは、その段階で、ポジションをどこまで減らせているかにかかってきます。

 

 

ポジションを保持している場合は、含み損も膨らんでしまっていますので、そのような状態下で買い向かうのは、鋼のメンタルが必要ですし、さらに下げ続けることもあり得ますので、リスクが大きすぎるということにもなります。

普段のリスクマネジメントが、いかに重要かということが、このような時に再認識させられますね。

 

 

リスクマネジメントで言いますと、何を売るかということが、最も重要なことではないかと、感じています。

 

損を確定するのは、心理的にな抵抗がありますので、ついつい、含み損銘柄は、抱え込むことになりがちです。

逆に、含み益が出ている銘柄は、調整段階になると、益を確保しておきたいという焦りから、優先的に売ってしまうことになりがちです。

 

 

これが、基本的な過ちの典型となります。

 

含み損銘柄というのは、多くは弱い銘柄ですので、さらに下がる確率が高く、反転する確率は低くなります。

一方、含み益銘柄は、強い銘柄ですので、一旦は調整しても、戻るのも早い傾向になりますので、鉄則としては、含み損銘柄を処分し、含み益銘柄は、利をさらに伸ばすために保持するべきなのです。

 

 

ポートフォリオで言いますと、含み損になって久しい「エーアイ」は、さらに下がり続けていますので、売りが正解でした。

また、利益確保のために売り急いだ「Buy Sell Technologies」は、その後も強い動きをしていますので、これは保持は正解でした。

 

もちろん、例外もあるわけですが、経験則的には、この考え方で間違いないと思っています。

では、その通り実行しろよ、ということになりますので、今後は、徹底していかないといけませんね。

 

がんばりましょう!

明日も上がりますように!!

 

 

-FINANCE, Stock
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【日本市場全面高】 VIX指数急上昇も、日本株強し?!

    本日の日本市場は、8割の銘柄が上昇するという全面高の展開。 SWIFTの影響で軟調な展開が予想されていましたが、日経平均はなんとかプラス引け、マザーズにいたっては、3%超の上昇となりました。 …

そろそろ、「MonotaRO」が動き出す気満々の気配!

    本日のマーケットは、日経平均・マザーズともに上昇し、好調を持続した展開となりました。 マザーズにおいては、これで7日続伸となり、ついに1,200ポイントを奪還しました。   マザーズが絶好調な …

【悲報】売り時を逃す痛恨の失策 😭

    本日のマーケットは、日経平均下げのマザーズ上げの、理想的な展開とはなりましたが、ポートフォリオは5勝7敗と負け越し。 総額も、14万円のマイナスとなり、相変わらずの不調が続いてしまっています。 …

希望退職には応募すべきか! 【サラリーマンが気楽な稼業なのはお伽話】

    株高に沸く一方で、オールドカンパニーは、事業構造を転換する時期に差し掛かっている。 そのため、多くの大企業で、昨年から希望退職を募集しており、サラリーマンは安泰な職業ではなくなりつつある。   …

今週の週間戦績!【週間MVPはPR TIMESが受賞】

  やっと、寒さが和らいできた。 しばらく寒波が続いていたので、身も縮こまっていたのだが、本日は気温も上がり過ごしやすい日に。   しかし、黄砂の影響か、空はどんよりした日が続いているので、洗濯物は室 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー