FINANCE Stock THOUGHT

【今週の相場展望】 NYダウは下落基調も、日本市場は政局相場でアゲアゲに!

投稿日:

 

 

先週の日本マーケットは、大変身を遂げ、ポートフォリオに大きな恩恵をもたらしてくれました。

今週も、是非とも、この良い流れを継続してもらいたいものですが、さて、どうなるでしょうか。

 

 

好調であったNY市場は、少々息切れ感が出てきています。

NYダウは、直近高値を上回ることができず、75日線を割り込んでしまいました。

 

ここで直ぐに切り返せないと、調整が長引く可能性が出てきます。

高値から1割程度の調整も覚悟せざるを得ず、32,000ドル台まで切り下がるかもしれません。

 

 

一方、ナスダックについては、まだ25日線の上に位置しており、安定圏内に留まっています。

S&P500についても、25日線は割り込みつつありますが、こちらもまだ高値圏を推移しています。

 

よって、米国株については、ダウの行方に注視する必要がありますね。

ここが更に掘るとなると、ナスやS&Pにも影響を与えることになるでしょう。

 

 

このように、米国株がやや心配な状況にありますので、日本株への影響も懸念されるところですが、日本には、政局相場という特殊事情があります。

総裁選から衆院銀選挙と、まだしばらくは面白い政局が続きますので、ここから大きく崩れるような展開は、少々考えづらいのではないかと思う次第です。

 

 

自民党総裁選については、立候補は17日までとなっていますが、もう3人で決まりでしょう。

国家観から、個人的には高市早苗一択だと思っていますが、マーケットのことを考えても、この一択ではないでしょうかね。

 

なぜか国民的人気と持ち上げられている河野太郎は、緊縮財政をするでしょうから、明らかにマーケットにはマイナス。

岸田氏は、消費増税はしないと言ってはいますが、なにせ財務省一族ですから、根本的なところでは、財務省と同一視する必要がありますので、プライマリーバランス重視となると、こちらもマイナスでしょう。

 

高市さんは、金融所得課税の話もあるにはありますが、これはやるにしても今すぐというわけではなさそうですので、大きな影響にはならないでしょう。

むしろこちらは、プライマリーバランスよりも経済成長優先の政策ですので、マーケットには歓迎されるはずです。

 

 

さて、このように、総裁選が面白くなってきましたので、今週も話題には事欠かないでしょう。

もちろん、マーケットだけでなく、安全保障上の問題も重要な課題ですので、こちらの視点でも、候補者をみていかないといけません。

 

覇権主義を貫く中国とどう対峙していくのか、候補者の考えを、じっくりと伺いたいものです。

ここを曖昧にするようでは、所詮、上辺だけの政治家ということです。

 

真の政治家は誰なのか、しっかりと見極めていきましょう!

 

-FINANCE, Stock, THOUGHT
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

非常事態宣言解除で、エアトリなど旅行関連銘柄が上昇!

    緊急事態宣言が、やっと解除される見込みとなったようだ。 一部では、感染が拡大すると騒いでいる人もいるようだが、流石に、もうこのあたりが限界だろう。   緊急事態宣言も、一定の効果はあったかと思 …

【ウクライナ情勢とマーケットの反応】 ここは「池乃めだか」流の落としどころを探るべき?

    本日の日本市場は、堅調な展開。 特にマザーズ指数が大きく上昇し、820ポイントまで戻ってきました。   今日から、市場が変更されましたが、大きな影響はありませんでしたね。 色々な規制がかけられ …

【投資の鉄則】 安く買って高く売る、この簡単な手法は永遠の課題!

    本日の日本市場は、やっとこさ上がりましたね。 最後は、案の定、垂れてしまいましたが、それでも370円高ですから、まあ良しとしないといけません。   これで、TOPIXは、10日続落は免れました …

レジ袋有料化は人災レベルの愚策【景気低迷と感染拡大に拍車】

  このコロナ禍で、世界中が景気低迷に苦しんでいる。   米国の4~6月期のGDP速報値は、前期比年率換算で32.9%減少という、統計がある1947年以降で最大のマイナス幅に落ち込んだ。 中でも、GD …

そろそろ、「MonotaRO」が動き出す気満々の気配!

    本日のマーケットは、日経平均・マザーズともに上昇し、好調を持続した展開となりました。 マザーズにおいては、これで7日続伸となり、ついに1,200ポイントを奪還しました。   マザーズが絶好調な …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー