FINANCE Stock

【見切り千両、損切り万両】 順張り派と逆張り派、どっちが有利?

投稿日:

 

 

昨日から、不安定な天候が続いています。

雪が降ったり、晴れたりと、どっちつかずの状態の2日間です。

 

降るなら降る、晴れるなら晴れると、はっきりしてくれないと、判断ができません。

少し晴れ間が出たので、出掛けてしまうと、帰ってこられなくなってしまいます。

 

 

なんか、株の世界と同じだなと感じます。

 

上がっては下げるの繰り返し。

上がったから買ってしまうと、その後に下げて含み損。

 

難しいところです。

 

 

でも、どこかで買わないと、永遠に買えません。

大まかにいえば、上昇局面を買う順張り派と、下落局面を買う逆張り派があります。

 

どちらにも、メリットとデメリットがありますので、どちらが優位というわけではありません。

どちらが好きか、取り組みやすいかという好みの問題ではないかと思っています。

 

 

私自身はと言いますと、逆張り派ですかね。

なんとなく、安くなったところを買うのが、お得感があるように感じます。

 

逆張りのデメリットは、下げ続けるリスクがあることです。

安いと思って買っても、その後に更に下げてしまえば、含み損が拡大していってしまいます。

 

 

私も、毎回のようにこの経験をします。

底値を当てるのが無理である以上、一時的な含み損は耐えるしかありません。

 

更に下げたところを買い増しすれば、平均取得価格が下がりますので、上昇局面で有利になります。

俗に言う、ナンピン買いです。

 

 

しかし、反面、買っては下げ、更に下げ続けてしまうと、雪だるま式に損失が拡大していくことになってしまいます。

こうなってしまうと、早めに、損切りしないと致命傷を負うことになってしまいますが、これが、なかなか難しいところなのが、玉に瑕です。

 

昨年も、この損切りができずに、結果的に100万円超の損失確定を3回も犯してしまいました。

 

今年は、この損切りが最大の課題ですので、なんとか対応していきたいと思っていますが、どうでしょうか。

既に、エクサウィザーズは、50万円級の含み損になっています…。

 

 

いやあ、株って、難しいですね。

 

でも、楽しいですよね。

 

楽しいから、やめられません!

 

 


トレード日記ランキング

-FINANCE, Stock
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【投資の鉄則】 安い時に買い、高い時に売る、でもこれが難しい!

    ここのところの日本市場の最下落に伴い、割安銘柄が増加しています。 株は、下がって上がっての繰り返しのゲームだとすると、下がったところを買わないと、ゲームに勝てないということになります。   基 …

【人生山あり谷あり】 相場は谷が多いのが難点だが、頂上からの景色は超絶景!

    本日の日本市場は、全面高の展開。 久々に、大きく上昇してくれました。   特にマザーズ指数は、5%を超える急騰を見せました。 そろそろ、バリュー株からグロース株へ主役交代もあり得ることです。 …

【コロナはただの風邪】 データを見れば分かるのに、見て見ないフリですか?

    本日は祝日にて、株式市場は休場。 先週末は米国市場が良い流れで折り返してきましたので、この休場は痛いですね。   祝日は大歓迎ですが、勢いに乗れず歯痒い思いをしています。 5月、6月と、絶不調 …

師走も絶好調な相場に身を委ねる展開か?!【好調な相場時に着々とポートフォリオを整理する】

  今日から、師走相場がスタートした。 昨日の全面安の展開から、今月はさすがに厳しい展開になるのではないかと予想したのだが、初日から見事に外れる格好となった。   本日の日経平均株価は、353円高の2 …

サンアスタリスク・オプティムなど好決算銘柄が撃沈⤵️

      本日は、北海道を中心に嵐の天気となっているが、私のポートフォリオも、嵐に見舞われた。 日経平均もマザーズも下落したので、やむを得ない相場環境ではあるのだが、好決算銘柄が軒並み売られ、決算前 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー