未分類

【EV化推進の罠】 他国に加担する日本国は、どうかしてるぜ!

投稿日:2022年7月17日 更新日:

 

 

マンションへのEV充電器の設置が、急増しています。

補助金の拡大と、設置数の上限が撤廃されたことで、加速化しているのです。

 

EV車を増やすためには、そのインフラとなる充電設備を拡大しないといけないのは分かりますが、そのそもEV化が必要なことなのかどうかは、もっと冷静に考えないといけません。

電気=環境に良い、という短略的な思考は、大変危ういことです。

 

なぜに、ここまで急にEV化が推進されているかと言えば、欧米自動車メーカーが、もうトヨタに敵わなくなったからです。

トヨタ自動車のハイブリット技術が秀逸すぎるため、もう対抗手段がないため、ゲームチェンジするしかないのです。

 

欧州勢は、一度は、ディーゼルエンジンで巻き返しを図ったのですが、まさかの不正問題で撃沈。

そこで他の手段はないかと考えた時に、そうだ、EVだとなったのです。

 

ただ、それだけのことです。

脱炭素だとか、そんなことは全く関係ないのです。

 

 

そんなことは、みな分かっていることで、周知の事実なのに、日本はなぜかそれを積極的に推進しているのです。

自国の優位性が脅威に晒されているというのに、むしろ積極的に、他国に加担するというのはどういうことでしょうか。

 

このEV充電器の普及もそうですし、EV車へ補助金をジャブジャブに落としているのは、ホントにけしからん事です。

 

しかもです。

ベンツ、アウディ、BMWといった外車に、補助金を出しているのは全く理解に苦しみます。

 

これらのEV車は、いわば高級車です。

高級車は金持ちが買う道楽なのに、これに補助金を出してどうするのかということが一つ。

 

さらに、EV補助金を出す理由として、災害時などに、EV車から電気を供給できるというものがあるようですが、これらの外車からは電気を供給できないという喜劇を演じてしまっています。

 

誰のための補助金か。

何のための補助金か。

 

誰を応援しているのか。

そのお金は、私たちの税金です。

 

金返せ。

そんなものにために、税金を納めているのではないぞ。

 

こういうのを、売国奴と言うのです。

 

そもそも、どこにそんな余分な電気があるのでしょうかね。

EV化を言う前に、エネルギーを確保してください!

-未分類
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

グリーンエネルギー関連株は買いなのか? 【そこに愛はあるんか?】

    本日のマーケットは、寄り天。 その後はズルズルと後退し、日経平均株価の終値は392円安となってしまいました。   日経平均の寄与度を見てみると、いつものごとく、ファーストリテイリング、東京エレ …

【年初来安値更新中】 AI本命の「エクサウィザーズ」頑張れ!

    昨日の日本市場および世界市場は、やっと下落が止まった状況となりました。 下げ過ぎ感からの反発でもありますので、来週どうなるかは、まだ全く分かりません。   それでも、一昨日の木曜日に、セリング …

2021年の相場展望【デジタル銘柄の復権はあるのか?】

    昨日の大幅高もあり、本日の前場は、さすがに軟調な展開のようだ。 本日で2020年のマーケットも終わりとなるが、今年はコロナに始まり、コロナに終わる相場となった。   といっても、前半戦は、記録 …

【東京五輪、贈収賄事件】 影響拡大も、株式市場は反応せず?

    本日の日本市場は、均衡相場となりました。 TOPIXは微下げとなりましたが、マザーズ指数は続伸、日経平均株価は5日ぶりの反発となりました。   6円上げですから、反発というには物足りなさはある …

【逃した獲物は大きい】 BuySell Technologiesが、上値追いの展開!

    本日の日本市場は、日経下げのマザーズ上げの展開。 しかしながら、どちらも大きな変動はなく、方向感の定まらない相場となりました。   特に日経平均については、日中の値幅がわずか177円と、停滞感 …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー