FINANCE Stock TRAVEL

【旅行関連銘柄に機関のカラ売り続く】 背景にコロナ禍継続のシナリオが存在するのか?

投稿日:

 

本日の日本市場は、全面高の展開。

日経平均株価は、ついに29,000円を奪還しました。

 

なんだかよく分からないまま、株価が上昇してきました。

米国のインフレ懸念が和らいだことが要因ではありますが、戻りが早いようにも思えます。

 

また、ここでは何度も記していますが、日経平均の上昇の割には、グロース株が大きくもたついています。

マザーズ指数は、ジワジワと上昇しているものの、未だ760ポイントです。

 

日経平均並みで行くとしたら、4割程度安い状態に落ち込んでしまっています。

コロナ禍でのデジタル銘柄への期待度が大きかったことから、その現実とのギャップが表面化してしまった感がありますよね。

 

こうなると、グロース株中心の私としましては、苦しい状況になってしまっています。

年初来では、まだ大きくマイナスになっていますので、今の株高による高揚感は味わえておりません。

 

早急に事態が改善されることを、祈るばかりです。

 

 

さて、本日は、旅行関連銘柄が売り込まれました。

昨日、大幅高を演じた我が「エアトリ」も、残念ながら下落してしまいました。

 

朝方は、5%程上昇する場面がありましたので、いよいよ本格的な上昇局面が来たかと、ほくそ笑んでいたのですがね。

ネット界隈では、また機関によるカラ売りにやられたと、騒がれています。

 

どうしてこうも、機関投資家は、旅行関連株を親の仇のように売り込むのでしょうかね。

まだ、コロナ禍が続くと考えているからでしょうか。

 

まあ恐らくは、何らかの根拠に基づいて投資判断をしているでしょうから、ネガティブ要因があるということなのでしょう、

そうなると、やはりコロナ禍が続くと見ているのが妥当な見方となりますが、世界中で脱コロナが進んでいるのに、どうしてそのような判断になるのかというのが疑問です。

 

ひょっとしたら、日本においては、まだコロナが続くというシナリオがあるのでしょうか?

日本は、世界に逆行して、いまだに、やれマスクだ、やれワクチンだと騒いでいますので、何らかの意図を感じてしまいます。

 

コロナの実情に関係なく、コロナ禍を続けるという大きな意志が働いているということなのかもしれません。

コロナは茶番で間違いないのですが、こうなると、まだ当分は終わらないのかもしれません。

 

世界は、このようにして動いているのでしょうか。

恐ろしい世界です。

 

こんな世界ならば、どんなに抗っても、勝ち目はないですね。

これが、穿った見方であることを願うばかりです。

 

-FINANCE, Stock, TRAVEL
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【年初来安値連続更新】 伝家の宝刀「死んだふり作戦」発動!

    いやぁ〜、下げ止まらないですね。 今日も、相当下げが酷いです。   サンアスタリスクとエーアイが、年初来安値を大きく更新し、この2銘柄で30万円弱のマイナス。 他の銘柄もジリ貧で、もう毎日、ウ …

【国民全員コロナ患者】 コロナ茶番を止めるには、全員コロナにしてしまえばOK!

    本日の日本市場は、小幅ながら全面高の展開。 ここのところ好調な相場が続いていますが、値上がり幅は地味なものですので、大きなゲインにはなっていません。   昨日のNY市場の上げからしますと、やは …

緊急事態宣言解除で、旅行関連銘柄はFEVER状態となるか!

    本日の日本市場は、前場は上げる場面があったものの、最終的には、小幅に下落してしまいました。 やはり、恒大集団の問題が燻っているため、上値が思い展開が続くのでしょうかね。   そんな中、いよいよ …

好決算銘柄がまさかの失速!

    長野市長の言動が、物議を醸している。 長野市長が、市内で開かれた200人規模の企業の新年会に、私的に参加したのだが、悪びれることなく、正当性を主張したのだ。   加藤市長は、「会食のときは、お …

「パウエル砲」で相場が戻ってきましたので、ここからは大胆な戦略で挑むぞ!

    本日のマーケットは、日経平均については、昨日の爆上げもありましたので、一服感から続伸とはいきませんでしたが、マザーズは、見事に続伸してくれました。 パウエルの火消し効果は抜群のようで、しばらく …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー