FINANCE Stock TRAVEL

【旅行関連銘柄に機関のカラ売り続く】 背景にコロナ禍継続のシナリオが存在するのか?

投稿日:

 

本日の日本市場は、全面高の展開。

日経平均株価は、ついに29,000円を奪還しました。

 

なんだかよく分からないまま、株価が上昇してきました。

米国のインフレ懸念が和らいだことが要因ではありますが、戻りが早いようにも思えます。

 

また、ここでは何度も記していますが、日経平均の上昇の割には、グロース株が大きくもたついています。

マザーズ指数は、ジワジワと上昇しているものの、未だ760ポイントです。

 

日経平均並みで行くとしたら、4割程度安い状態に落ち込んでしまっています。

コロナ禍でのデジタル銘柄への期待度が大きかったことから、その現実とのギャップが表面化してしまった感がありますよね。

 

こうなると、グロース株中心の私としましては、苦しい状況になってしまっています。

年初来では、まだ大きくマイナスになっていますので、今の株高による高揚感は味わえておりません。

 

早急に事態が改善されることを、祈るばかりです。

 

 

さて、本日は、旅行関連銘柄が売り込まれました。

昨日、大幅高を演じた我が「エアトリ」も、残念ながら下落してしまいました。

 

朝方は、5%程上昇する場面がありましたので、いよいよ本格的な上昇局面が来たかと、ほくそ笑んでいたのですがね。

ネット界隈では、また機関によるカラ売りにやられたと、騒がれています。

 

どうしてこうも、機関投資家は、旅行関連株を親の仇のように売り込むのでしょうかね。

まだ、コロナ禍が続くと考えているからでしょうか。

 

まあ恐らくは、何らかの根拠に基づいて投資判断をしているでしょうから、ネガティブ要因があるということなのでしょう、

そうなると、やはりコロナ禍が続くと見ているのが妥当な見方となりますが、世界中で脱コロナが進んでいるのに、どうしてそのような判断になるのかというのが疑問です。

 

ひょっとしたら、日本においては、まだコロナが続くというシナリオがあるのでしょうか?

日本は、世界に逆行して、いまだに、やれマスクだ、やれワクチンだと騒いでいますので、何らかの意図を感じてしまいます。

 

コロナの実情に関係なく、コロナ禍を続けるという大きな意志が働いているということなのかもしれません。

コロナは茶番で間違いないのですが、こうなると、まだ当分は終わらないのかもしれません。

 

世界は、このようにして動いているのでしょうか。

恐ろしい世界です。

 

こんな世界ならば、どんなに抗っても、勝ち目はないですね。

これが、穿った見方であることを願うばかりです。

 

-FINANCE, Stock, TRAVEL
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【コロナ規制の全面撤廃】 このままだと日本国はガラパゴス化する!

    私たちは、いつ頃から再び海外旅行に行けることができるのでしょうか? 国内旅行もまだままならない状況ですので、まだまだ先なのだとは感覚的には分かるものの、この新コロもただの風邪と国際的に認知され …

オリンピック開催より優先すべきは少子化対策だ! 【児童手当を廃止している場合ではない】

    オリンピックを巡る森会長の発言が、波紋を呼んでいる。   まずは、「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」という失言。 この人は、以前から暴言癖があり、何かと問題のある御仁だ。   中 …

【超朗報】塩野義製薬のコロナ飲み薬の普及に期待!

    世間では、お盆休みウィークに突入しました。 個人的には、来週も仕事なのですが、今年の子供の夏休み期間も、まだどこにも行けていない状態です。   嫁の実家への帰省も、帰省先の知事が帰省自粛を呼び …

【米国市場続落】 長期金利がどこで高止まるかが、最大の懸念材料!

    昨日のNY市場は、ダウ・ナスともに続落の展開。 下落基調は、変わっていない状況です。   4月の米雇用統計が、労働市場の需給逼迫と高い賃金上昇を示したものの、逆にインフレの高止まりが意識された …

【グロース株復権なるか】 下げ過ぎ感の強い「メルカリ」は、いつ反発するのだろうか?

    本日の日本市場は、高安まちまちの展開。 日経平均はフラフラしながら下落、マザーズは小幅に上昇しました。   まだまだ、方向感が掴めない状態が続いています。   それでも、マザーズが上昇してくれ …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー