FINANCE LIFE Stock Work

非常事態宣言解除で、エアトリなど旅行関連銘柄が上昇!

投稿日:

 

 

緊急事態宣言が、やっと解除される見込みとなったようだ。

一部では、感染が拡大すると騒いでいる人もいるようだが、流石に、もうこのあたりが限界だろう。

 

緊急事態宣言も、一定の効果はあったかと思うが、一定程度下がった今となっては、効果は期待できない。

継続しても、解除しても、それほど差がないとなれば、解除する以外ない。

 

春の到来とともに、徐々に活動の範囲を増やしていけば、実体経済もムードも上がっていくはずなので、ここからはモードを変えていくべきだと思う。

もちろん、感染対策をしっかりとした前提であることは、言うまでもない。

 

 

さて、この緊急事態宣言解除の報を受け、本日のマーケットは、旅行関連が堅調な動くを見せた。

《上昇銘柄》
・H I S         :    +7.75%
・KNTCT     : +1.59%
・ハナツアーJ : +3.38%
・旅工房   : +1.17%
・エアトリ  : +2.15%
・アドベンチャー:+1.60%

《下落銘柄》
・オープンドア: △4.58%

 

既に株価に織り込んでいたもの等があり、上昇率は様々だが、総じて、この宣言解除はポジティブなものになっている。

しかし、その中でも、下げている銘柄もある。

 

こうした好環境の中で、下げる銘柄には、注意が必要だ。

よほど、それまでに株価が上昇していたなどの要因がないのに関わらず、下げている場合は、何か大きな課題を抱えていることもある。

 

決して、出遅れ銘柄だと盲目的に判断することは、やめておいた方が良いだろう。

まあ、中には、本当にただ出遅れていただけで、反騰する銘柄もあるので、断定はできないが…。

 

そんな中で、保有株のエアトリは、順調に上昇してくれており、一安心だ。

ここから更に一段高と踏み上げて欲しいのだが、そうは簡単にはいかないだろう。

 

徐々に上げてくれれば、万々歳だ。

 

 

 

転勤回避権?

 

さて、本日の新聞で、転勤回避権なるものが、報道されていた。

三菱ケミカルは、管理職約5000人を対象に、最長6年間は転勤を回避できる制度を導入するとのことだ。

 

個人的には、非人道的な転勤そのものを無くして欲しいと思っているのだが、なかなか一足飛びには行かないものなので、このような制度を導入するということは、画期的なこととして大いに評価したい。

このコロナ禍で、働き方が大きく変わり、働く人々の感性も劇的に変化したので、このような制度を取り入れる企業は、今後増えていくことだろう。

 

問題は、ここに全く手をつけず、旧態依然とした考えで経営する企業が、まだまだ多いことだ。

そうした企業は、いまだに、在宅勤務を悪だと捉えているので、タチが悪い。

 

テレワークにすら対応できないのに、何がDXだと言いたくなるが、これが、日本のオールドカンパニーの実態ではないだろうか。

投資先を検討する際は、社会の変化に適応しているかどうかも、判断基準となってくるので、このようなニュースには、常に敏感でいたいと思う。

 

 

 

-FINANCE, LIFE, Stock, Work
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

会社で疲弊しているすべての人へ

  6月に入り、通常勤務に戻った人も多いのではないだろうか。 朝夕の電車は、既に濃厚な密状態。 マスクが日常の風景になった以外は、コロナなどなかったかのような様相だ。 何だか、尺全としないのは私だけで …

【複雑怪奇】 GDP悪化で株価が上がるマーケット環境!

    本日は、予想に反して、マーケットは大きく反発しました。 昨日のあの暴落は、何だったのかといいたくなります。   では、この予想外の上昇の要因は何のかといいますと、これが、GDPの落ち込みのよう …

金融緩和相場はいつまで続くのか? 【出口戦略というパンドラの箱は誰が開ける?】

      本日のマーケットは、米国がゼロ金利政策を長期間続ける方針を示し、投資家心理が改善したことにより、幅広い銘柄が上昇し、日経平均株価は3万円を回復した。 この流れを受け、マザーズも続伸し、75 …

【ドル円130円突破】 円安と減産、プラマイ相殺で行って来いか!

    本日の日本市場は、日経平均上げのマザーズ下げの展開。 GW前の週末でしたので、後場に売り込まれると考えていたのですが、逆に変われる展開となりました。   この理由としましては、日銀が緩和維持を …

【日本市場大暴騰】 久々に超強い動きを見せたものの、出口戦略も検討必要か!

    本日の日本市場は、久々の大暴騰となりました。 後場のどこかで、また垂れるのではないかと危惧していましたが、最後まで強い動きを見せていました。   まあ、こういった日もないと、やっていられません …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー