FINANCE Stock

VIX指数上昇で波乱の展開となるのか?

投稿日:

 

昨日のNYダウとナスダックの急落には、肝を冷やした投資家も多かったかと思う。

急ピッチで上昇していたので、反動も出やすい局面ではあったが、不意打ちをくらった感があった。

 

それを受け日本市場がどうなるのか、大幅安も覚悟していたが、結果は下げはしたものの、それ程大きなものではなかった。

個人的には、絶好の押し目になると考え、安いところを拾おうと待っていたのだが、肩透かしをくらった感じとなってしまった。

 

今日のNYダウがどうなるのか、まだ予断を許さぬ展開ではあるが、日本株の底堅さは感じることができた。

バフェット砲、アベノミクス継続期待で、これから1年が勝負という基本スタンスに変更はない。

 

ポートフォリオの整理

 

今週は、戦線拡大し過ぎたポートフォリオを一部整理した。

・多摩川ホールディングス
  処分売り △3万円
・イルグルム
  利益確定売り +16万円
・ビーネックスグループ
  処分売り △4万円

 

他にも、まだ重たい含み損銘柄が鎮座されているので、これをどう捌いていくかが当面の課題となっている。

この時期に伸びきれない銘柄は、アフターコロナでも見込みがないということでもあり、基本的に売りで良いとは思っている。

 

しかしながら、今抱えている含み損銘柄は、隊歴3年以上の重鎮群なので、なかなか思い切った手が打てないでいる。

情けない限りだ。

 

時代の移り変わりは激しい。

有望な銘柄は、どんどん変わっていく。

特に新興銘柄は、成長が止まると一気に魅力が衰退してしまう。

 

何とか、この9月中には目途をつけていきたい。

 

VIX指数の行方

 

今後の株価を占う上で、少々気になるのがVIX指数が上昇していることだ。

 

ここしばらくは、20~25の間で低位安定していたのだが、これが昨日36近くまで跳ね上がってしまった。

昨日のダウの急落も、これが原因しているともいわれており、しばらく注視が必要だ。

 

3月の急落時には、VIX短期先物指数(1552)を買ってヘッジしたが、今回はまだその段階ではないと考えている。

それよりも、ここは成長期待のデジタル銘柄を強化すべき時ではないかと。

 

いずれにしても、今日のダウの行方を見届けましょう。

 

 

-FINANCE, Stock
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

セレスが二日連続ストップ高を演出! 【会心の一撃を逃す痛恨の失策】

    本日の日経平均株価は、3万円超えから一夜明け、達成感から一旦は売られるかと思っていたが、引き続き勢いが衰えず、380円高と続伸した。 恐るべき強さであり、もうこれは逆らえないなと思わざるを得な …

【旅行関連株が…】 今日も上値が重いエアトリさん、ここは上方修正しかないでしょ!

    本日の日本市場は、久々に全面高の展開。 マザーズも、2%を超える上昇となりましたので、まずはよかったです。   米国の長期金利が高止まりしているのは、グロース株には基本アゲインストですので、相 …

【逃した獲物は大きい】 BuySell Technologiesが、上値追いの展開!

    本日の日本市場は、日経下げのマザーズ上げの展開。 しかしながら、どちらも大きな変動はなく、方向感の定まらない相場となりました。   特に日経平均については、日中の値幅がわずか177円と、停滞感 …

「サンアスタリスク」がゲーム開発の「 Trys」社を買収!

    本日の日本市場は、全面安の展開。 下げ幅は大したことなかったのですが、日経平均株価は、高値更新の達成感から、一服感が出たのかもしれませんね。   この流れですと、明日も続落する可能性が高いのか …

ビットコインが爆上げ中だが、やっぱり株が好き!

    ビットコインが、またえらいことになってきた。 ここのところ、ずっと上り調子で、12月に入って190万円を突破してきたと思いきや、現在はなんと235万円になっている。   金余りが、ここまできた …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー