FINANCE Stock THOUGHT

『預貯金信仰』という洗脳を解き放とう!

投稿日:

 

 

高額マンションの販売が好調のようだ。

高額を1億円以上のものと定義すると、昨年2020年に販売された1億円以上のマンションは約1,800戸で、最高額は、野村不動産の「プラウド代官山フロント」6億9千万円だった。

 

最高額は、それほど高くはないが、やはり昨今の株高と金余りで、資金が不動産に向かっていると思われる。

供給量が少ないというのも、この流れを加速化しているのだろう。

 

 

 

こう書くと、株を持っている人だけ恩恵があると、やっかみが始まってしまうのだが、そういう人は、自身も株投資をすれば良いのだが、 決してそうならない。

株は怖いものと思っており、お金を失うことに耐えられないのだ。

 

であれば、こんなやっかみや批判はおかしいだろう

株投資を行なっている人は、皆、リスクを背負って勝負しているので、当然に損害を被ることがあるし、むしろ、損をする人の方が圧倒的に多い世界だ。

 

そのような人たちに対して、リスクを侵さない外野が、とやかく言う資格はない。

 

このあたりを、もっと浸透させていかないと、いつまでたってもこのような話が繰り返されるし、また、株投資を行う人も増えていかない。

有り余る個人預貯金を、株投資でもっと有効に使うことができれば、日本経済ももっと良くなるはずなのに、残念でならない。

 

 

日本人の預貯金信仰

 

そもそも、なぜ日本人は、預貯金第一という考えになってしまったのだろうか。

金銭に対して、DNA的にも、このような保守的な考えを持っていたのか。

 

少し遡ると、江戸時代は、こうではなかったはずだ。

「宵越しの銭は持たない」と言われていたように、江戸っ子は、その日に得た収入はその日のうちに使い果たしていたようだ。

 

 

では、いつからこのように預貯金を信仰するようになったかというと、戦後になってからだと思われる。

金利が高かったということもあるかもしれないが、それも含め、国が国民に預貯金、特に貯金をするように誘導し、郵便局で集金したお金で、米国国債を購入させられていたという背景がある。

 

子供もお年玉を貰ったら貯金するように言われていた。

親にも言われたし、学校の先生にも言われていたように、社会全体がこのような風潮であった。

 

これは一種の洗脳であり、この洗脳により、国民のお金を吸い上げ、アメリカに投資させられていたのだ。

まあ、時代背景的に、このようなことも仕方がなかったとは思うが、問題は、この洗脳にいまだに支配されているということだ。

 

 

せっかく稼いだお金を、せっせと預貯金したところで、何の役にもたたない。

金利でお金が増えるでもなく、むしろ、お金を引き出す時の手数料によってマイナスになってしまう。

 

いつまで、このような思考停止の洗脳状態を続けるのだろうか。

この状態のまま、デフレだ、不景気だと騒いでいても、何の解決にもならない。

 

 

ましてや、人生100年時代を迎えた今、どうやって老後資金を蓄えていくのだろうか。

一生働き続けるつもりなのだろうか?

 

 

もっと、お金に関するリテラシーを高めていかないと、今後、生活が破綻してしまうことは目に見えている。

そうならないように、年齢に関係なく、気づいた時から行動に移さないといけない。

 

このコロナ禍は、色々と考えることが多いと思うが、ぜひ、このことを真剣に考えてほしい。

固定観念を疑ってみる癖をつけなければならない。

 

ぜひ、一緒に、勉強していきましょう!

 

 

 

🌟頑張ろう!飲食業界🌟

 

🌟頑張ろう!観光業界🌟

 

-FINANCE, Stock, THOUGHT
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

グッドパッチの業績予想をどう評価するか?

  PR TIMES(3922)が、連日のストップ高を演じた。 昨日は、買われすぎの反動を懸念していたのだが、なんのなんの、ストップ高とは凄いの一言。   終値こそ若干売り込まれたものの、出来高は、前 …

コロナ感染拡大は、まだ株価に影響を及ぼすのか?

    昨日は、半年ぶりに、地元のフレンチに。 そこのロッシーニが堪らなく美味しかったので、リピートしました。   コロナ禍ではあるものの、なかなか予約が取れず、やっと都合がついて訪問しましたが、やは …

【2月の市場は膠着状態】 ボックス相場を波乗りする!

    本日の日本市場も、平凡、低調な展開に。   日経平均株価は微増でしたが、マザーズは下落。 マザーズ指数は、再び750ポイントを割り込んでしまいました。   日経平均にしても、尻つぼみでしたので …

【旅行関連株の覇権」 「エアトリ」 vs 「アドベンチャー」、軍配はどっち?

    本日の日本市場は、昨日に引き続き、日経平均下げのマザーズ上げの展開。 グロース株の見直し買いが入っている状況となりますが、これが、どこまで続くのかはまだ定かではありません。   ただ、上昇して …

【日本株大反発】 ああ、専業投資家が羨ましい!

    本日の日本市場は、大きく回復しました。 やはり、昨日の相場、特にマザーズが下げ過ぎていましたので、反発したものと思われます。   関心事は、この反発が反転相場となるかどうかです。 昨日は、セリ …


eikawa

ストレスフリーの暮らしを追求するeikawaです。
それを実現するための経済的施策、物事の考え方、心身の健康、そして旅行などの趣味を綴っていきます。
現在は、株式投資に全力で取り組み、2021年内のアーリーリタイアを目指しています。
また、元ハウスメーカー社長ならではの住宅に関する視点や、ファイナンシャルプランナー(CFP)としての知識-経験を踏まえた内容をお届けします!

プロフィール詳細 >

カテゴリー